new

アドベンチャーにもっとも近いオフロードバイク!?790 ADVENTURE R(2019)

【790 ADVENTURE R】
ディテール&試乗インプレッション

790 ADVENTUREを、さらにオフロード走行性能を高めたモデルが「790 ADVENTURE R」(以下790R)です。
その790Rの性能を遺憾なく発揮できるよう、今回はWebikeスタッフがオフロードのクローズドコースで試乗しました!

外観・スタイリング

外観の大部分は790 ADVENTUREとほぼ同じです。
見た目で大きく変わるポイントとしては、790Rの方がフロントスクリーンが圧倒的に低いことです。これは、オフロード走行時にスクリーンが邪魔になったり、ライダーの体がぶつかってしまうことを防ぐためです。
ウィンドプロテクションよりもオフロード走行を意識しているのが、790Rの特徴です。同様に、前後サスペンションのストロークがスタンダードの790より40mm長く、最低地上高では30mm高く設定されています。

ライトやメーター類は790と同様のものが使用されています。

足回りはスタンダードの790と同様にWP製のフルアジャスタブルです。
オフロード走行を考慮して、前後サスペンションのストロークがスタンダードの790より40mm長く、最低地上高では30mm高く設定されています。

790Rのシートは一体型となっており、ノーマルで880㎜のシート高となります。
シート取り付け位置を変更することで、905㎜の高さにも調整可能です。パッセンジャーを考慮したノーマルのタンデムシートと異なり、身体を前後に動かしやすいシートとなっています。

跨がりと足つき

跨った印象は「アドベンチャーモデルにしては小柄!」というのがまず挙げられます。
私がイメージしていたアドベンチャーモデルが、KTMならば1290 ADVENTURE、他社ならGS1200やTIGER EXPLORERのような大型バイクだったからかもしれませんが、そこはミドルクラスアドベンチャーと呼ばれる790ならではの小柄さです。現地に1190と1290のADVENTURE Rがあったので跨らせていただいたのですが、790Rは断然小さかったです。
足つきは、790Rのシート高はスタンダードの790よりも30mm高い880mmですので、お世辞にも楽とは言えません。
幸い私は185cmと大柄ですので不安は感じませんでしたが、同行した170cmのスタッフ(オフロード経験はほとんどなし)は「これでオフロードは正直ちょっと怖い」とのコメントでした。
シートの固定位置を前後に移動させることで、数センチの調整は可能になっています。

▲スタッフ身長:170cm

実際に試乗してみました!

790に乗る直前に、1190ADVENTURE Rで試走したということもあってか、790Rで走り出した印象は「軽い、小さい」でした。
これはもちろん、「アドベンチャーと名が付くモデルにしては・・・」という前提での話しですが、フラットダート路面をスルスルと滑るように走り出します。
ライディングモードやABS、トラコンなどは、すべてオフロードに適した設定に変更してありました。
タイヤの空気圧は、前後とも約1.5まで落としてあります(チューブレスタイヤということもあり、これ以上は落とさない方が良いとのことでした)

コースはフラットダートを基本とした走りやすい路面でしたが、大小のRのコーナーやアップダウン、ウォッシュボードやジャンプなど変化に富んだコースです。
790Rは、アドベンチャーモデルにしては小柄とはいえ、たとえばセローやWR250Rのような車体の細さはありません。ロードバイクなのにオフロードをバリバリ走れる不思議な感覚でした。
慣れてくると、790Rがアドベンチャーモデルであることを忘れ、ついでに仕事であることも忘れ、楽しくてひたすら周回を重ねている自分がいました(笑)
わざとコース内のぬかるみを通過してみた時以外は、「あぶない!転倒する!」という箇所が本当に無かったんです。

途中で、ライディングモードをオフロードからラリーモードに変更してみましたが、これは凄かったです。フルパワー且つハイスロになったようなイメージです。
ストレートもコーナーも慎重にスロットルを操作しないと「ズザッ!ズザッ!」と勢いよくリヤが空転します。
これは正直怖さを感じますし、気持ちがドッと疲れる気がしたので、2周でオフロードモードに戻しました。
コース内のコブでジャンプさせてみても、長いストロークとしっかりしたダンピングの前後サスが支えてくれます。
オフロードでのサス設定は、ライダーのレベルや好みによるところも大きいと思います。そこはフルアジャスタブルを活かして思う存分調整できそうです。

走行していて私が一番印象に残ったのは、オフロードABS。
あまりにも普通にブレーキが効くので途中まで忘れていましたが、「空気圧1.5のノーマルタイヤ」ということを思い出して、ABSの性能の良さを心から実感しました。
もちろんABSは効いているのですが、それを忘れるほどスムーズに効くんです。
指に伝わるABS独特の連続したコツコツ感ってありますよね。私はあれがあまり好きではないのですが、790Rの場合はまったく気にならないレベルでした。
なお、リヤにはABSがありません。オフロードでは、後輪をロックさせて車体の向きを変えたいことがあるのですが、そのための配慮なのだそうです。

まとめ

「アドベンチャーがここまでしっかりオフロードを走れる必要があるの?!」というくらい、本格的なオフロード走行ができてしまうバイクです。
一緒に走ったベテランのライダー達は、高くジャンプしたり、自在にスライドさせたりして、大袈裟に言えばモトクロッサーと変わらないような走りを見せていました。

790Rを購入するライダーがどの程度オフロードを走るのかは分かりませんが、ハードな林道も走破できるであろうことは間違いないでしょう。
いや、このバイクのオフロード性能をフルに発揮できるような公道は無いでしょう。
でも、"こんなすごい走りができるポテンシャルを持っている"というのがとても大事なのだと思いました。
例えるなら「フェラーリって本当はどのくらい速いの?」をサーキットでテストしたような感じです(笑)
性能の懐が深いからこそ、バイクもライダーもゆとりを持って安全に楽しむことができるんだと、790Rに乗るということはそういうことなんじゃないかなと思いました。

スタンダードの790が「もっともオフロードバイクに近いアドベンチャー」なら、790Rは「もっともアドベンチャーに近いオフロードバイク」なのです。

KTM 790 ADVENTURE Rの価格情報

KTM 790 ADVENTURE R

KTM 790 ADVENTURE R

新車  1

価格種別

中古車  0

本体

価格帯 155 万円

155 万円

諸費用

価格帯 13.92 万円

13.92 万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 168.92 万円

168.92 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

アバター

ウェビックバイク選びスタッフ

投稿者プロフィール

新車インプレからジャンル別の比較記事など、バイク選びの参考になるような記事をお届けします!

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る