new

【SX125 試乗インプレ】見た目も走りも本格派!レーシングDNAを受け継ぐイタリアンモタード

【aprilia SX125】
ディテール&試乗インプレッション

2018年にアプリリアより登場した125ccフルサイズオフロードモデル「RX125」。
そのRX125をベースに、オンロード走行をメインとしたモタードモデルがこの「SX125」になります。

数々のレースシーンで活躍したアプリリアらしい、妥協の無いスタイルが期待せずにはいられません。
今回は小さなイタリアンモタードの試乗インプレをお届けします!

本格的なオフロードスタイル

125ccながら、そのスタイルは本格的なオフロードモデルそのものです。
ベース車両のデザインが洗練されていたこともあり、足回りをオンロード向けに変更した以外はほとんどRX125と変わりません。
正直言って、125ccと言われなければ気がつかない人もいるのではないでしょうか?

【全長/全幅/全高】

2,055mm/820mm/1,140mm

【車両重量】

134kg

足つき

【シート高】

880mm

【足つき】

ベースとなったRX125はシート高は905mmでしたが、SX125は25mmダウンの880mmとなります。モタードとして前後のホイールが17インチになったことでシート高も下がっています。
それでもシート高880mmは決して低くはありませんが、シートが細いこともあり足つきは思っていたほど悪くはありませんでした。
173cmのスタッフで踵が少し浮くくらいでしたが、車体も軽いので支えることに不安はありません。

▲シート高:880mm(スタッフ身長:173cm)
▲シート高:880mm(スタッフ身長:180cm)

尖ったスタイルのヘッドライト

尖った灯火類もRX125から大きく変わったところは見られませんでした。
ヘッドライトやウィンカーはバルブとなり、テールライトはLEDを使用しています。

【ヘッドライト】

【テールライト】

シンプルなデジタルメーター

メーターはシンプルなデジタルメーターが装着されています。
タコメーターは表示されておらず、スピード、時計、水温系と、切り替えでODO、トリップ、電圧計、トップスピードなどが表示されます。

テーパーハンドル

スイッチ類に関してはいたってシンプル。ABSはセルスイッチの長押しで解除できます。
ハンドバーはアルミテーパータイプを装備。

オンロード仕様に変更された足回り

【ホイール】

フロント:100/80-17
リア:130/70-17

RX125との違いの一つがホイールサイズです。
フロント:21インチ、リア:18インチのフルサイズモトクロッサーと同等だったホイールサイズが、SX125では前後17インチに変わっています。

【ブレーキ】

オンロード走行に合わせて、ブレーキはフロント:300mm、リア:200mmステンレスディスクを装備。
RX125よりもフロントディスクが大径化されたことで、制動力も十分なものに。
フロントのボッシュ製のABSはON/OFFの切り替えが可能です。

【サスペンション】

フロント:41mm倒立フォーク、リア:プログレッシブリンク式モノショックを装備。
ストローク量もフロント:240mm、リア:220mmとオフロードモデルと同等になります。
程よい減衰力は、足つきの良さにも貢献しています。

レーサーレプリカ譲りのエンジン

最高出力:11kW(15HP)/10,700rpm
最大トルク:11.3Nm/8,000rpm

エンジンはアプリリアの125ccレーサーレプリカ、RS4 125をベースにしているため、味付けは高回転よりに感じました。
6速のクロスミッションと合わさって、高回転でギアを繋いでいくと、気持ちよく加速していきます。
小排気量ながらパワフルな走りは、妥協の無いアプリリアらしいエンジンと言えるでしょう。

容量は少なめなタンク

タンク容量:6.2L

タンク容量もRX125から特に変更は無し。
容量も大きくないので、ツーリングの際は給油タイミングには気を付けないといけませんね。

自由度の高いシート

フラットなシートは前後の移動がしやすいため、シーンに合わせてポジションも自由に変更できます。
シート後方には手を入れられる隙間があり、タンデムの際はグリップとしても使えます。

気になる販売価格は!?

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

410,400円
※2019年8月現在

125ccクラスと思うとちょっとお高く感じますが、イタリアンマシンと本格的なモタードが手に入ると思えば妥当とも思えるでしょうか。

SX125:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
SX125のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
SX125の新車一覧を見る

まとめ

今回は試乗会に設置された仮設コースを走行してみました。
走り出してまず感じたのが、走り出しの軽さです。軽い車体とエンジンの相性が良く、走り出しから加速の繋がりが良いです。ストップ&ゴーの多いストリートでも軽快に走れそうです。
ハンドリングは切り返しがスムーズで、コーナーも安定感があります。全体的にパワフルな走りというよりも、キビキビとした走りが楽しいマシンですね。
本格的なモタードスタイルながら、原付二種免許で乗れるハードルの低さも魅力的な部分です。
メインとしてもセカンドバイクとしても楽しめるモタードはいかがでしょうか?

SX125 主要諸元 

エンジン 4ストローク 水冷単気筒 DOHC 4バルブ
総排気量 124.2 cc
ボアxストローク 58 mm × 47 mm
最高出力 11kW(15HP)/10,700rpm
最大トルク 11.3Nm/8,000rpm
燃料供給方式 電子制御燃料噴射システム、マレリ製Φ32mmスロットルボディ
点火方式 電子制御イグニッションシステム
潤滑方式 ウェットサンプ
始動方式 セルフ式
トランスミッション 6速リターン
変速比 (1速)11/33 (2速)15/30 (3速)18/27
(4速)20/24 (5速)25/27 (6速)23/22
一次減速比 29/69
最終減速比 13/62
クラッチ 湿式多板
フレーム ツインチューブスチールフレーム
フロントサスペンション Φ41mmテレスコピック倒立フォーク ホイールトラベル240mm
リアサスペンション スチール製スイングアーム、プログレッシブリンク式モノショック ホイールトラベル220mm
ブレーキ(F) Φ300mm ステンレスディスク、フローティングキャリパー
ブレーキ(R) Φ200mmステンレスディスク、フローティングキャリパー
ABS ボッシュ製9.1ML
ホイール フロント:2.50 x 17 リア:3.50 x 17
タイヤ フロント:100/80-17 リア:130/70-17
全長 / 全幅 /全高 2,055mm / 820mm /1,140mm
シート高 880mm
車両重量 134Kg
燃料タンク 6.2リットル
車両本体価格 410,400円(消費税8%込み)
生産国 中国

アプリリア SX125の価格情報

アプリリア SX125

アプリリア SX125

新車  7

価格種別

中古車  0

本体

価格帯 41.04 万円

41.04 万円

諸費用

価格帯 3.99 万円

3.99 万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 45.03 万円

45.03 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

・身長:173cm
・バイクの所有歴(所有が古いもの順):Today→NSR250(88)→VTR250(09)→CBR900RR(92)→ZOOMER→トリッカー(04)
・主なバイクの楽しみ方:サーキット、レース
・免許・ライセンス:普通自動車免許、大型自動二輪免許、中学・高校教員免許、漢検3級、MFJ国内ライセンス
・特技:耐久レースで走り続ける

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る