new

Vストローム250で行く、秋の江ノ島ツーリング!カレーなインプレッションを今回はお届けします。【ウェビックスタッフの勝手に語りたい】

Vストローム250秋の江ノ島ツーリングインプレッション

とうとう本気だす。

WebikeスタッフのSHOESです。今回は走りに言及しつつ、実際乗ってみた結果の良いとこ悪いとこを圧力鍋で作ったカレーのように、しっかりとお伝えする方向です。

【前回のモトレポートはこちら】
うん、Vストサイキョウ
【前々回のモトレポートはこちら】
おじさん、リターンライダーになる!

今回は、できる限りノーマルに戻しつつ秋の江ノ島まで単独ツーリングをメモしつつ敢行。オーナーだからこそのリアルインプレの幕開けです。

江ノ島までのルート

Vストローム250:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム250の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム250新車・中古車一覧

新しいバイクらしく乗り味は非常にニュートラル

Vストローム250は250ccとは思えないどっしりとしたサイズ感と、ジオメトリと重量から来る直進安定性で、現行250ccバイクの中でツアラーとしての性能はトップクラスと言ってもいい。サイズ感の割に思ったより車幅が狭いことと、最近のバイクによくある「走り出すと軽い」乗り味で、意外と街乗りも苦にならない。総じてバーモントカレーのように癖がなく乗りやすい。
エンジンも80kmくらいまではスムーズに加速するので、初心者の初バイクや、セカンドバイクにアドベンチャーモデルを導入したい人には、電子レンジで加熱可能なボンカレー並に扱いやすくておススメなのは大前提です。

【Vストローム250も検討しているなら、馬力や燃費もしっかり比較!】
シート高でもトルクでもスペックを個別に設定できるわがままバイク選びって、結構便利ですよ。

Vストロームでのツーリング途中

ツアラーの本分としては、どうなのか?

ギア比とエンジンがアドベンチャー・ツアラーとして致命的にNGと言うのが、正直な感想。まるで金沢カレーの上に刻みキュウリを乗せられたよう。

まずギア比。1→2は一般的な変則比だが、3→4→5→6がクロスすぎる。流れがあるバイパスに乗ると、信号停止から発進→巡行まで、シフトチェンジが人気カレー店のUber来店なみに忙しすぎる。また、クロスすぎるミッションのため高速域での巡行回転数が高すぎる。90kmで7,000回転、100kmで8,000回転、120kmで10,000回転くらい。
10,500回転からレブなので、120km巡行はエンジン的にも厳しく、カレーうどんを頼んだら、そうめんが出てくるくらい、遠乗り高速巡航するには著しくマイナス。

【他の250ccアドベンチャーと比較して探す】
現行250ccアドベンチャーはこちら

快適なツーリングには、ある程度走りに工夫が必要

次にエンジン。まず、ツアラーなのに意外と細かい振動が多い。先述のクロスすぎるギア比のせいで巡行回転数が比較的高めなので、80km~手足への細かい振動に悩まされる。あと、ピークパワーも不足しているがトルクも若干足りない印象。ちょっと勾配キツめなワインディングを、きびきび走るにはシフトチェンジがやはり忙しすぎる。

楽しいといえば楽しいが、ツアラーとしては余計なシフトチェンジをせず、頼む前からおかわりのナンが焼かれているくらい、スッと走ってもらいたいところ。ただし、初心者向けと考えればトルク・パワーが不足気味な部分も良い具合だし、スムーズで山・谷のないエンジンはとてもフレンドリーでカレーマルシェの緑くらいに親しみやすい。

また、極低回転での粘り強いエンジンは、いざというときのレトルトカレーくらい助けられること請け合い。ノーマルのままではクロスすぎるギア比は、フロント・リアスプロケットともロングに振ることで、巡行回転数も下げることができて乗り味はおじさん好みにしっかり変わる。

【WebikeユーザーのVストロームのバイクレビュー】
Vストロームオーナーが書いた長所短所と購入動機は必見です。

Vストローム250のメーターとステップ

エンジン以外の運動性能は必要十分

あくまでもツアラーでありスポーツバイクでないことを念頭におけば、どっしりとした乗り味を逆に楽しんでワインディングはさらりと楽しむことをオススメします。ただし、250ccクラスながら車重は約190kgもあるため、下りのワインディングでは前後ともにブレーキ性能が初カレー屋の中辛の辛さ位に少し心配。
また、細かいワインディングや狭い路地、行き止まりでのUターン時は、思ったよりハンドルの切れ角が無く、カレー皿に三粒のらっきょう位に少ないことは気になる。
アドベンチャーであることと、市街地での取り回しが重視される250ccクラスなので、狭い駐輪場へ停める時、渋滞時の方向転換なども考慮すると、もう少しハンドルの切れ角がほしい。
ただし、ニュートラルな乗り味と低回転での粘り強いエンジン、ハンドルが高く上体が比較的起きた乗車姿勢になるため、フルロックターンは次の日のカレーをカレーうどんにするくらいに簡単。

Vストローム250のハンドルの切れ角

【スズキ Vストローム250のバイク情報】
価格推移や走行距離別の価格帯分布、スペック情報もオーナーの声も盛りだくさん!

新車で40万円台で買えるバイクとは思えない豪華装備

純正オプションのトップケース・サイドケースの装着を前提としたキャリア・サイドラックについては、純正以外のケースを付けたい人に取ってはポン付けできないストレスはあるが、やはり全体的に装備が豪華。
大径ヘッドライト、純正サイドケースラック、ハンドルガード、ロングタイプのスクリーン、メーター下のDCジャックと、ツアラーとしての装備は十分。さらに、大画面のネガ液晶にはトリップABに各平均燃費、メンテサイクル表示、シフトタイミングインジゲーターなど、現行モデルならではの多機能なメーターまで付いている。それでいて、安いところでは新車価格が40万円台で販売されていたりと、まるでカレー&スパゲティ カレー専門店パピー並みにコスパ良しなので、ゆったり走っていきたい世代には、十分な魅力を持った1台ですね。

【Vストローム250の新車は近所でいくらで買える?】
地域を指定して、新車が一番安いバイクショップが探せるって素敵

Vストローム250の豪華装備

スズキ Vストローム250の価格情報

スズキ Vストローム250

スズキ Vストローム250

新車  316

価格種別

中古車  27

本体

価格帯 43.5~61.37 万円

56.69 万円

諸費用

価格帯 0.53~5.3 万円

1.77 万円

本体価格

諸費用

本体

50.4 万円

価格帯 40.99~59.29 万円

諸費用

6.48 万円

価格帯 2.31~9.31 万円


乗り出し価格

価格帯 48.8~61.91 万円

58.46 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

56.89 万円

価格帯 50.3~61.6 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
SHOES

SHOES

投稿者プロフィール

・身長:167cm
・バイクの所有歴(所有が古いもの順):赤いJOG(黒組)、CRM250、バルカン400、FORZA、マグナS、マジェスティ、Vストローム250
・主なバイクの楽しみ方:気軽な足
・免許・ライセンス:普通自動車第一種運転免許、普通自動二輪車、私設校正検定2級、国内バイクニアワニストCクラス
・特技:Tシャツ作り

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る