GSX-R150/スズキの新車・中古バイクを探す

 

GSX-R150/スズキ新車・中古バイクを探す

GSX-R150/スズキのスペック情報

シリーズ

GSX-R

排気量 147cc
燃費
最高出力 19.17@11,000rpm
最大トルク
全長 x 全高 x 全幅 1975mm x 1070mm x 670mm
シート高 785mm
GSX_R150

GSX-R150/スズキ

価格帯 ―万円 ~ ―万円

ユーザー評価

4.33

ユーザー評価一覧

評価投稿数: 10人

燃費 5 走り 4 ルックス 4.5 メンテナンス性 4 積載性 3.5 とりまわし 5
「GSX-R150」はアセアン地域向けモデルである。同地域におけるモータースポーツの人気を背景に、趣味性の高いスポーツモデルへの需要の高まりに対応したものだ。
これまでも「ハヤブサ」などの完成車を日本から輸出してきたが、より幅広いユーザー層へ向けたステップアップモデルとして小排気量スポーツバイクを投入。アセアン地域におけるスズキのブランディング強化を狙うとのこと。
2017年初頭よりインドネシア国内をはじめ、順次アセアン地域内で販売する予定である。

軽量・コンパクトな車体に水冷単気筒DOHC4バルブ147.3ccエンジンを搭載。キーレスイグニッションシステム(上級仕様車のみ)や、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」が採用されている。

気になるスペックだが、ショーを取材した海外の最新情報などによると最高出力は14.1kw(19.17PS)/11,000rpm、最大トルク13.9Nm/8,500rpmとなかなかの高回転高出力タイプ。フューエルインジェクションに6速ミッション、LEDヘッドライト、フルデジタル液晶メーターなど装備も本格的だ。
車重も126kgと軽量、1300mmというショートホイールベースを生かして俊敏な走りが期待できそうである。

先のインターモトで発表され早くも話題を呼んでいる欧州・北米向けモデル「GSX-R125」のエンジン拡大版としてのR150の発売は、現在アジアで人気の高い150ccクラスレースを強く意識していることは間違いない。
それだけに本格的な走りのパフォーマンスと、目の肥えてきたアジアのモータースポーツファンを満足させられるだけの装備が与えられているということだ。
  • メーカー|排気量 ▼
  • バイクタイプ ▼
  • エリア|地域 ▼
    • 価格帯

    • 年式

    • 走行距離

  • 詳細条件

    • お祝いポイント対象車のみ
  • 現在の絞り込み条件:

該当物件は0件でした

条件に一致する情報は見つかりませんでした。再度条件を入力してください。

GSX-R150/スズキ 最新の口コミ

閲覧・お問い合わせ情報

最近見たバイクがありません。
ウェビック バイク選び 車両検索

GSX-R150/スズキ 購入前に参考にしたいユーザーのMyバイクインプレッション

  • さかはるさん

    GSX-R150/スズキ 150cc

    総合評価 4.7

    6000回転以上のトルク感は150ccとは思えないです。高速も90km巡航余裕です。追い越しも8000回転位を使えば余裕です。高身長の人は乗りづらいかも。

GSX-R150/スズキ 身長別の足つき情報

~160cm

- データなし

161-165cm

- データなし

166-170cm

171-175cm

- データなし

176-180cm

- データなし

181cm~

- データなし