GSX-S1000GT/SUZUKI

GSX_S1000GT MYバイクに登録する

Myバイクに登録すると、新製品やリコール情報などの愛車の新着情報が届きます

販売中の車両を見る
オーナー平均満足度
ツアラー

3.67

評価人数: 84人

GSX-S1000GTの全国平均価格

新車一覧76台
本体価格 諸経費 乗り出し価格
159.11万円 5.49万円 164.6万円
中古車一覧 2台
本体価格 諸経費 乗り出し価格
150.9万円 6.57万円 157.47万円

GSX-S1000GT/スズキ 身長別の足つき情報

~160cm

1.png

161-165cm

- データなし

166-170cm

2.png

171-175cm

3.png

176-180cm

4.png

181cm~

- データなし

GSX-S1000GTのレビュー・インプレ口コミ件数13件

更新日:
2022年08月14日
GSX-S1000GT/SUZUKI   
2022年式

ヒロさん

所有中
ヒロさん:「」とオーナーレビュー
総合評価
3.67
走り 4 積載性 4
ルックス 4 とりまわし 4
燃費 3 メンテナンス性 3

長所

楽なポジションで電子制御も満載。
長距離も苦にならない所。
やる気をだすとSSにも負けない運動性能。
スズキらしかぬデザイン。

短所

スマホとの連動が上手く行かないところ。
GTの割にシートの振動が気になります。純正シートをゲル入加工した事により大分改善されました。

購入動機

ニンジャ1000SX、トレーサー9、ムルティストラーダ

アドバイス

ツアラーが欲しいけど、いざとなったら走れるバイクが欲しい人にはピッタリだと思います。
オールマイティーに使えるバイクです。
ただし、オプション品はいつになるかはわかりません。

MYバイク詳細を見る
更新日:
2022年08月14日
GSX-S1000GT/SUZUKI   
年式未入力

R.J.さん

所有中
R.J.さん:「」とオーナーレビュー
総合評価
3.17
走り 1 積載性 4
ルックス 4 とりまわし 4
燃費 3 メンテナンス性 3

長所

非常に乗り易くUターンやヘアピン等の小旋回も余裕で熟します。何も考えず手放しでスイスイと走り、エンジンブレーキの効きも非常にマイルドで、フロントフォークも二人乗りを意識しているのかノーズダイブがしにくい様になっていて減速時にかかるストレスも非常に低いです。
またエンジンも馬力や排気量を感じさせない程マイルドで扱いやすいです。

短所

正直ここまで乗ってて楽しく無いバイクは初めてです。
Aモードにしても大人しすぎてエンジンに全く面白味が無く、排気量然としたトルク感も馬力も全く感じられません。
サスの動きも、タンデムや積載等高荷重時の為に設定されている感じが強く、一応沈むのですがそれでも何か変に硬くて接地感が弱く、グリップを感じ難いです。
また前後ブレーキの効き方も悪く前後の効き方が逆なんじゃないかと思う程前は効きにくく、後ろは少し踏んだだけでガッツリ掛かり繊細な操作がし難い所があります。
QSも回転数によってトルクカットの衝撃があったり無かったりして決して出来が良いとは言えません。
またマイスピンもインカム、スマホ、バイク間の接続が難儀で、良く切れる上に復帰に手間がかかるしで実用性が皆無です。
またハンドル周りのスイッチ類にLEDが無く夜間は手元が全く見えずボタン操作が儘なりません。
またLEDのライトも照射範囲が狭くハイにした所で大して照射範囲が広がらず、夜間の走行にはある程度の覚悟が必要です。
夜は走らない事をオススメします。
他のメーカーの同じジャンルのバイクと比べてあからさまに作りがチープ過ぎます。

購入動機

長距離もこなせてワインディングも楽しめる様なスポーツツアラーを求めて

アドバイス

このバイクはGTの名前の通りグランドツアラーであり決してスポーツツアラーではありません。
エンジンにしろ、サスの動きや高速域での旋回性にしろ、扱い易くする為にかなりの部分がオミットされています。
バイクの操縦を楽しみたい人や上級者の方には決してお勧め出来ません。
ではツアラーとしてどうなのかと言うと防風性能や航続距離、姿勢から決して優秀とは言えず、素直にアドベンチャーに乗った方が賢いかと思います。
スポーツ性は無く、かと言ってツアラーとしてもちょっと足りない所がある非常にどっちつかずなバイクです。
この値段でこの性能なら電サスの入ったトレーサー900gtやニンジャ1000sxなんかの方がよっぽど装備が充実していると思います。
正直ガッカリです、スズキのバイクに乗るのは初めてですがもう二度とここのメーカーには手を出さないかなって位には他のメーカーに比べて欠点だらけです。

MYバイク詳細を見る
更新日:
2022年07月15日
GSX-S1000GT/SUZUKI   
2022年式

NAINAIさん

所有中
NAINAIさん:「」とオーナーレビュー
総合評価
3.83
走り 5 積載性 3
ルックス 5 とりまわし 4
燃費 3 メンテナンス性 3

長所

軽快で扱いやすい期待を裏切る乗りやすさ。
腰痛持ちにも優しいソフトな乗り心地。
アシストスリッパーにクイックシフターは楽ちんデス。
これくらいは欲しいタンク容量とシャープなデザイン。
とても見やすいメーター。

短所

街乗り、信号停止のたびにラジエターファンが大活躍。排熱は仕方ないかな。
ステップのラバー無くてもいい様な・・・。
ガソリンスタンド減ってきてるし300KM以上余裕の航続距離がほしい。
タンデムシート外してワイヤー引っ掛けてなんて不便ですヘルメットホルダーを標準で。

購入動機

元々GSX-S1000は登場時から気になる存在でした。今回のアップデートで「あったらいいな」が形になり、勿論スズキらしからぬ(笑)デザインもどストライク!試乗はできませんでしたが跨って引き起こした瞬間決めちゃいました。
二気筒の次は三気筒だ!な~んてトレーサー9GTを候補にも思ってましたが鈴菌感染者ですのでw。用途は変わらず下道ツーリングに。

アドバイス

景色を楽しみつつのんびりとことこ~なんてのは似合いませんw
『高速で距離を稼ぐ』というのがやはり正しいですね。
マルチは誘惑してきます、開けろ開けろ回せ回せと(笑)あっという間に免許が無くなっちゃうのでご注意を。

MYバイク詳細を見る
更新日:
2022年06月26日
GSX-S1000GT/スズキ   
2022年式

Gin-Xさん

所有中
Gin-Xさん:「Nyx β」とオーナーレビュー
総合評価
3.83
走り 4 積載性 4
ルックス 5 とりまわし 4
燃費 3 メンテナンス性 3

長所

この車両は吊るしの状態ではスポーツ走行に特化した仕上がり、そしてツーリング性をオプションで補う、というより補完する形となっています。

オプションによりスクリーン・パニアケースを装備した状態は「これぞデフォルト」と思わせる完成度を誇り、パニアなどはライバルとされるニンジャ1000の片側28Lを大きく上回る36Lもの大容量。ノーマルスクリーンの防風性は良いとは言えないがハイスクリーンなら全く問題にならず、幅広なカウル形状で足元もカバー。ロンツーで降りた後の疲労感がまるで違います。

敢えて良い面だけを見れば、大画面液晶でのナビ表示は素晴らしいの一言。ナビ中でも各種モード切り替えなどは問題なく行え、もちろん音楽機能などの同時展開も可能。従来のスマホナビやなんちゃってバイクナビとは次元の違う快適性を味わえることでしょう。

機能面で他に優秀なのは、クイックシフター(超スムーズ)、クルコン(普通だけど使いやすい)、トラコン(販売員が優秀って言ってた)など。

短所

・mySPINがまだまだ実用段階とは言えない。接続は不安定だし、そもそも繋がらないなんてこともザラ。またナビ自体はNAVITIME製なものの、機能的にはスマホで使った方が実用的。特に走行ルートの保存機能は壊滅的で、目的地に着く以外の方法で中途終了した場合は全て未保存となる。音楽機能も、ナビ使用中は音楽を変える事もままならない(音量調整は辛うじてインカムから行える)。
とにかく接続が不良過ぎるため実用性以前の話。使えれば優秀だが、使えない為に宝の持ち腐れとなっている。

・シートが結構ケツイタシートで、コミネの3Dメッシュシート入れても1時間余りで痛くなる。これは加重の掛かり方の問題だろうか。

・燃費は高速で20前後、街中だと14前後。全シチュエーション合わせて16~17km/Lというところ。ツアラーとしては良くはない。

・ノーマルスクリーンの防風性はそもそも用途が違う気がする。即ちスポーツ走行用の為のもので、嫌なら素直にハイスクリーン付けようということだろう。まぁ可動式、がね……

・ヘッドライトが小さく頼りない。夜間走行は苦手。

・リアシートとリアカウルの間に結構な隙間があるため、洗車時は水の流入が危険で危ない。なぜこんなにも隙間が?

・ローRPMアシストが、従来のものより回転数の増加が抑えられており、普通に乗ってる分には実感しにくいというか出来ないレベル。半クラ状態で1秒お待ちください。

・ノーマルサスが結構硬めで、路面の凹凸に敏感。荒い道は苦手か。この辺はニンジャ1000に遅れをとる。

・ヘルメットロックなんて無かった。

購入動機

カッコいいバイクが欲しかった。

アドバイス

良くも悪くもオプションありきの設定で車両コンセプトが組まれており、ハイスクリーンやパニアを装備すると格段に安定感が増した。
ロンツーの疲労感の無さは大型ADVにも引けを取らないが、燃費は覚悟しておくべき。
パニアに色々積む前提でプランを組むと、日帰りツーリングも余裕をもって楽しめます。

あとはとにかく、このシャープなスタイリングを余すことなく味わい尽くすべし。

MYバイク詳細を見る

GSX-S1000GT/スズキのオススメバイク

販売中の車両を見る

GSX-S1000GT/スズキの買取相場価格

平均買取参考価格:万円

買取平均価格の詳細を見る
販売中の車両を見る