new

絶版名車・中型4st特集第一弾・蘇る青春70’s

中型4st絶版名車・よみがえる青春70年台・HONDA CBX400F、HONDA CB400FOUR、Kawasaki Z400FX、SUZUKI GS400 : 特集 Vol.7 - ウェビック バイク選び

バイクの歴史を語る上で欠かせないカテゴリーがある。

「絶版車」だ。

絶版車とは文字通り販売終了になったモデルを指すが、このモトレポートでは1970年代1980年代のモデルを中心に記載することとする。
当時は国内四メーカーが競いあって続々とニューモデルを投入し、発表される度にライダー達に衝撃を与えていた。
海外向けの大型バイクをベースに国内販売して訪れたナナハンブーム。
ナナハンに続いて多くのライダーに愛された中排気量車。
80年代にはレーサーレプリカブームが訪れ、各地の峠には多くのギャラリーが集った。
国内かつてない空前のバイクブームである。

やがて日本の人口、バイク乗りの人口は変動し、若者が興味を示すものも時代と共に移り変わっていった。
だが、西暦2000年を10年以上も過ぎた今なお記憶に残り続け、現代のライダーをも魅了して止まない名車がある。
最新バイクと比べてスペックが大きく劣る絶版車が、なぜ現在もこれほど人気なのか。
今回は [絶版名車特集第一弾]として、当時も今も人気の高い中排気量の4サイクルバイクに迫ってみたい。
当時を知っているライダーも、今回初めてこれらを目にするライダーも、本特集を通して絶版車の魅力を感じていただきたい。


HONDA CBX400F (1981-)  新車・中古車をさがす

1981年に「400マルチの時代が変わる」と謳われて登場。
当時では唯一のDOHC4バルブは、中空カムシャフトやオイルクーラーを装備し発売当時最強の48PSのパワーを誇るなど、謳い文句通り「400マルチの時代を変えたバイク」だ。
外から見るとドラムブレーキに見える「インボード・ディスク・ブレーキシステム」は、量産では世界で初めて採用された。 セミエアサスや鍛造スイングアームなども採用され、車体構成の完成度も高かったとされている。
また、ウインカーとテールランプを一体化したテール周りなど、デザイン面でもライバル達をリードしていた。
現在でもその人気は衰えず、高価なものは一台 数百万円もする程である。

HONDA CB400FOUR (1974-)  新車・中古車をさがす

「ヨンフォア」の愛称で親しまれる名車。
流れ川のような美しい集合管に魅了されるファンは現在でも後を絶たない。
CB350FOURのボッタリとしたフォルムを一新、ボアも4mm広げた408cc(47ps)でパワー不足も解消し1974年にデビュー。 6速ミッションはゼロヨン14.9秒、トップスピードは170km/hを越え「おまえは風だ」というキャッチコピーに負けない車両であった。
しかし時代はこのキャッチコピーを「おまえが好きだ」に改めさせるほどバイクに対して厳しい眼差しを向けていた。 発売翌年となる1975年には中型二輪免許が施行され、この免許での運転は400cc以下の排気量に限定されてしまった。
この対策としてショートストローク化をはかり、排気量を398ccに変更したCB400FOUR-I(セミフラットハンドルでスポーティ)とCB400FOUR-II(アップハンで街乗り、ツーリング、とりまわしが楽)が発売された。
398cc版はサイドカバーがブラックになり、一層精悍さを増した。

KAWASAKI Z400FX (1979-)  新車・中古車をさがす

CB400FOURが販売終了となって以来、400モデルに4気筒を望む声が高まった。
そのニーズに応えて登場したのが、この Z400FXである。
直線基調なフォルムと大柄の車体、DOHCマルチ搭載で大ヒットとなったこの車両は「硬派 カワサキ」のイメージを定着させた一台ともいわれている。
発売当時最大の43psを発生させるエンジン特性は、見た目からは想像が出来ない素直なハンドリングとの相性も抜群。街乗りからワインディングまで扱いやすく、当時のカタログでは「クオリティを越えたパーフェクションモデル」として締め括られた。
最高速は169km/hを越え、ゼロヨン14秒という記録を残している。

SUZUKI GS400 (1976-)  新車・中古車をさがす

それまで2ストロークマシンのみを生産してきたスズキ が、威信と存続を賭けて開発した4ストロークマシンがGSシリーズである。 その第二弾として1976年に発売されたのが GS400であった。
DOHCヘッドに180度クランクのパラレルツイン、6速ミッション、SUキャブレターを装備したエンジンはシャープに吹け上がり、軽量ボディを突き進ませた。 また、曲線的なタンク&シートカウルは軽快なイメージを放ち、走行性能と相まって爆発的なヒットを呼んだ。
2年後の1978年に発売された GS400E(キャストホイールを装備)も、引き続き高い人気を誇った。
これらGSシリーズのサウンドとスタイルは今でも多くのファンを虜にしている。

ホンダ CBX400Fの価格情報

ホンダ CBX400F

ホンダ CBX400F

新車  0

価格種別

中古車  1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

149.8 万円

価格帯 149.8 万円

諸費用

6.2 万円

価格帯 6.2 万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

156 万円

価格帯 156 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ CB400FOUR (空冷)の価格情報

ホンダ CB400FOUR (空冷)

ホンダ CB400FOUR (空冷)

新車  0

価格種別

中古車  2

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

165.49 万円

価格帯 99.99~231 万円

諸費用

65.5 万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

231 万円

価格帯 231 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
   

MOTO HACK(モトハック)とは、バイクをより便利に、より楽しむための裏技的なモノやコト。11/30までカスタムバイクコンテスト開催中!アナタのアイデア(HACK)とやる気で、染め上げた自慢のカスタムバイクを語ってください!コンテストでは審査員が選んだ、グランプリ1名、入賞6名に、最大10,000ポイントをプレゼントします!
ページ上部へ戻る