new

【エキサイター150 試乗インプレ】シャープなデザインと、力強い走りが魅力!


【気になるバイクを徹底インプレ!】の記念すべき第1回は、タイヤマハより発売されているエキサイター150です。

タイやベトナムで人気の150ccアンダーボーン車両で、エンジンには「YZF-R15」と同系のSOHC4バルブ水冷エンジンを搭載したミッション車で、ミッションは5速を搭載!
120kg以下の軽量な車体にシングルショックのリアサスペンション、前後ディスクブレーキ、そしてLEDを採用したランプと、豪華な装備を纏った通勤快速モデルです。

デザインも、ヤマハのフラッグシップスポーツ「YZF-R1」のエッセンスを加え、非常にスポーティーなデザインに仕上がっています!
なかなか街中で見かけたことが無い車種でしたので、かなりワクワクしながら試乗してみました。

エキサイター150は「速そう!」なデザインが格好いい!

まずは全体を眺めてみます。
ヘッドライト周辺はカブそっくりですが、ボディ部分はシャープで実にイケてます。テールが上がり気味なのもやる気にさせてくれます。何と言ってもボディの格好良さ。まずはコレに尽きると思います。

バイクを知らない人が見たらまず「速そう!」と言いそうなデザイン。走っていても目立ち度は高いです。
フロントからテールまでの「シュッとした」感じが今風なんでしょうか?それともアジアンバイクの流行りかもしれません。

class=
class=

「他の人とはあまり被らないデザイン」が好きな方や、「通勤車両でも常に攻めの姿勢を出したい!」方には是非オススメです。

【ヤマハ EXCITER150:現行車種の詳細スペックはこちらから】
ヤマハ EXCITER150のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

固くてもゆったり座れるロングシート

カラーリングはメインが青、タンデム部分が黒になっており、車体色と統一されている組み合わせです。

まず跨った時の第一印象は「シートが固い・・・」でした。通勤距離が長めの方はシートクッションを別途装着すると快適かもしれません。

しかしパンチング素材の為、滑りにくいというイイトコロも。「ブレーキをかけたら前に滑る」や「ジーンズ等で乗っているととにかく安定しない」などのストレスを感じることもありません!
しっかりグリップが効いて座れるので運転にも集中できます。

また、アジア各国ではタンデムが普通なので(時々3人乗りも見られるとか・・・!?)、純正でかなりのロングシートになっています。その為、2人乗り程度では全く窮屈に感じず、運転者もタンデマーもかなりゆったり座れます。これは個人的にポイントが高かったです。

タンデムシートはメインシートと素材が違う事と、前下がりに角度がついているために、前に滑りやすい印象です。

さらにタンデムグリップが掴みづらく、一般成人男性の手の大きさだと手の甲がカウルに当たってしまいます。プロテクターの付いているグローブを装着していると、握り込めないくらい完全に干渉します。
その点ではタンデマーは少しツライかもしれませんが、これも運転者に掴まってしまえば解決できますね。

車載工具かETCが限界?シート下収納

収納性はほとんどありません。ボディ側に荷掛けフック等もありませんし、シート下にも物を入れるスペースは存在しません。
シート下には車載工具が入っていますが、これで限界です。車載工具を取り除けば別体式ETCなども入れられそうですが、余裕はほとんどありません。

このバイク自体に言えることですが、あまり収納を考えていないバイクなのかもしれません。別途、リアボックス等を着けることをオススメします。

ディスクブレーキに17インチと太めのタイヤで安心ライディング!

ブレーキはフロント・リア共に安心のディスクブレーキになっています。普段ドラムブレーキのカブで通勤している私にとっては、これだけでも十分豪華な装備に思えてきます。羨ましい・・・。

また、前後チューブレスタイヤですので、万が一通勤中にパンクしてしまっても、多少の距離であれば走れるでしょう。これも通勤車両として使うにはポイントが高いです。

リアタイヤは120サイズと、比較的太く安定感があります。逆に言えば高速道路を走れるバイクなのでこれくらいのサイズが無いと不安ですね・・・。

チェーンカバーとインナーフェンダーが一体になっているのは嬉しいですね!雨の日などの泥ハネやチェーンオイルの悲惨なども防いでくれますので、足元が汚れる心配もありません。

【ヤマハ EXCITER150:現行車種の詳細スペックはこちらから】
ヤマハ EXCITER150のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

ポジションライトはLED採用で存在感バツグン!

「光ってるからこれがヘッドライトでしょ?」と思われそうですが、これはポジションライトです。LEDが採用されており、しっかり明るく点灯するため視認性も良いですね。
キリッとしている目にも見えるので、ルックスもイイ感じです。最新SSのような目つきがイケてます!


ヘッドライトは通常のハロゲンバルブです。
好みはわかれるところですが、LEDに変えるとポジションライトと合わせて視認性と目立ち度は更にアップすると思います。マルチリフレクターなので、純正でも明るさは十分です。

そして、テールライトにもポジション同様にLEDが採用されています。MT-07やYZF-R25と同寸法のようです。
止まることを後続車に知らせる手段として、テールライトにLEDが採用されているのはかなり嬉しいですね!

遠目でも非常に明るくて見やすいです。画像だと室内での撮影になりますが、昼間の外でも十分明るさを感じられました。

ウインカーは大きめで視認性良好!

フロントウインカーはカウル内に収まっているのでスッキリしていますね。この辺りにもデザインへのこだわりを感じる事ができます。
また、昼間でも視認性は問題ありません。LEDではありませんが、大きめのクリアウインカー採用で非常に見やすいです。

リアウインカーにもクリアレンズが採用されています。
シャープな形状ながらも、大きめのウインカーとなっていますので、後方からの視認性も良いです。

class=
class=
【ヤマハ EXCITER150:現行車種の詳細スペックはこちらから】
ヤマハ EXCITER150のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

見やすい!格好いい!多機能メーター

メーターの見た目はとてもシンプルですが、キーON時に「READY TO GO!」と「HI BUDDY」の二種類のメッセージが表示されます。

なんと!ポジションインジケーター付き!これはMT車に乗ってる上でかなり嬉しい機能だと思います。

他にも燃料計はもちろん、燃費も表示されたりと、意外と多機能です。

ウインカーインジケーターは一灯式なので、あくまでも「ウインカーがどちらか点滅している」という事に気付くためにあります。
右下のSELECTボタンを押せば「オド、トリップA/B、瞬間燃費、区間燃費、平均速度」の表示切り替えになります。シンプルながらも実用性に優れたメーターになっています。

安心安全のシャッターキー採用

キーは盗難防止に安心のシャッターキーです。鍵穴へのいたずら防止に一役買ってくれますね!「無くても良いけどあったら嬉しい機能」です。
シートを開ける際もここから操作する形になっています。

エキサイター150に跨ってみました!

さて、実際に跨ってみました。
別のスタッフにも跨ってもらい、身長別で比較してみます。

class=
class=

まずはじめは私です(身長180cm)。足つきは問題ありませんので、タチゴケ等の心配は無さそうです。

ハンドルを握る腕にも余裕がありますが、全体的には少し窮屈になります。走行時はやや縮こまる姿勢になってしまうので、あまり楽には感じませんでした。
膝下がちょうどボディ部分に当たる形になります。

続いて、もう1人のスタッフにも跨ってもらいました(身長168cm)

class=
class=

無理のない姿勢、ほどよいハンドルまでの距離、停車時の足つきなどあらゆるパターンでジャストサイズになってますので、ストレスなく乗り続けることができそうです。

さて、車両の全体から細部までお届けしましたが、如何でしたか?
写真と文字だけだと完全に把握することは難しいかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。

【ヤマハ EXCITER150:現行車種の詳細スペックはこちらから】
ヤマハ EXCITER150のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

意外とパワフルなエキサイター150で走りました!

さてこれからは実際に試乗してみてのレポートになります。
試乗環境は完全街乗りです。
平坦路、坂道、十字路におけるコーナリング、二人乗りでの動作についてお伝えします。

平坦路

走り出しからそのまま引っ張ってもスムーズに加速していきますし、細かくギアを上げていっても加速し続けてくれるので、車の流れに乗ることは容易です。
さすがYZF-R15系のエンジン。4速・5速からの加速も力強く伸びていきますので、追い越しなども問題ありません。
そのパワフルさに、全開まで開けて走ってみたくなります。

坂道

小排気量車に乗っていると、上り坂での減速に悩まされる方は多いと思いますが
なんとここでも1速→2速→3速・・・と徐々にシフトチェンジしながらでもグングン加速していきます。
これなら後ろからの車を気にせずに走れそうです。
走れば走るほどこのパワーに引き込まれていきます。良いバイクだ・・・。

コーナリング

30km程度で坂道を下り、徐行程度まで減速してからの右折になりますが、かなりクイックに曲がることができました。
目線を右に向けつつ体重を少し右に傾けるだけでスッと曲がってくれました。
これは楽しい!!!
小排気量ならではのヒラヒラ感がたまらなく楽しいです。
また、粘る低速トルクと調教の良いインジェクションで立ち上がりにギクシャクすることもないので、走る→止まる→曲がるという一連の流れにストレスを感じません。これはツーリングはもちろん、通勤で使う上でも大きなプラスになってくるでしょう。

二人乗り

走り出しはさすがに重さを感じるものの、そこそこのパワーを出してくれます。
平坦路に関しては問題無し。スムーズに速度を上げていくことが出来ます。
そのまま上り坂に向かいます。
1人であれば5速でも余裕の加速でしたが、今回は・・・・うーん少しパワーダウンしてしまいます。
が、普通に上っていく分には不足に思いませんでした。
必要十分なパワーは発揮してくれたと思います。

さて、エキサイター150について徹底解剖ということでインプレしてまいりましたが、いかがでしたか?
普通のスクーターでは物足りない!面白い小排気量バイクに乗りたい!という方にはかなりオススメできるバイクです。
乗り換え、増車の際は候補に入れてみてください!

【ヤマハ EXCITER150:現行車種の詳細スペックはこちらから】
ヤマハ EXCITER150のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

今後もニューモデルを中心に気になる車両の試乗レポートをお届けします。
お楽しみに!

この記事に登録されているタグ

リュウ

リュウ

投稿者の記事一覧

900ccスポーツバイクとカブ110を所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
「足つき写真が参考にならない」とよく言われますが、高身長ならではの悩みもお伝えします!

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る