new

【GSX-S1000(2017) 試乗インプレ】溢れ出るパワーの猛獣を御する楽しみ

20171218_gsxs1000_37.jpg

【スズキ GSX-S1000】
ディテール&試乗インプレッション:外観、装備

GSX-R1000譲りのハイパワーとネイキッドバイクとしての万能性を兼ね備える新世代ストリートファイターとして2015年秋に登場したGSX-S1000。
その魅力について、見て触って試乗して体感してきました。

GSX-S1000のココがイイね!

  1. 戦闘的なスタイリング
  2. 重厚感あふれる迫力サウンド
  3. 非現実的な怒涛のトルク感

GSX-S1000の評価(筆者の主観です)

総合 ★★★★
スタイリング ★★★★★
足つき ★★★★★
取り回し ★★★★★
加速 ★★★★
走り ★★★★
積載 ★★★★★

全体

GSX-Sシリーズ共通の「猛獣」をイメージしたようなマッシブなデザインは、リッターストリートファイターとしての迫力十分。
街を走ってミラーにこのボディが写ったら、すぐに道を譲ってしまいそう。
とはいえリッターバイクとしてみるとコンパクトなサイズにおさまっていて、スパスパッとバイクを切り返しながら、俊敏に街から山へと駆け巡る姿が容易に想像できます。
フロント周りのゴツいイメージとは一転してテール周りは非常にシャープになっておりそのギャップが堪りません。
アンダーカウルもレーシーな印象を受け、正に「走りのバイク」ということをアピールしています。

シート高は意外とそこまで高くなく、跨りやすい方です。

【全長/全幅/全高】
2,115mm/795mm/1,080mm

【シート高】
810mm

【車両重量】
209kg

20171218_gsxs1000_42.jpg
20171218_gsxs1000_41.jpg

灯火類

いかついフロントマスクから光るヘッドライトはノーマルハロゲン。LEDにするとインパクト増すこと間違い無し。
ヘッドライト下のポジションランプは牙をイメージして配置されたそうです。確かに牙っぽくて格好いい。

20171218_gsxs1000_35.jpg
20171218_gsxs1000_20.jpg

テールの造形は非常にシャープになっており、合わせるようにテールライトも小ぶりなものになっています。
LEDライトが装着されているのでより今風の見た目になりますし、視認性はバッチリ。
ただ、その分何も無いスペースが広く、ちょっと勿体無い感じがあります・・・。

20171218_gsxs1000_33.jpg
20171218_gsxs1000_18.jpg
GSX-S1000:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
GSX-S1000のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
GSX-S1000の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのGSX-S1000中古車一覧

足回り

190サイズのリアタイヤは後ろから見ると結構迫力があります。
フェンダーレスにするとより太さが強調されて格好良くなりそうです。

20171218_gsxs1000_38.jpg▲フロント:120/70ZR17M/C(58W)
20171218_gsxs1000_40.jpg▲リア:190/50ZR17M/C(73W)

フロントサスペンションは調整可能な倒立フォーク。
さらにブレーキキャリパーはbrembo製ラジアルマウントモノブロックキャリパーが装着されています。
ABSと合わせて安心のブレーキング性能が備わっています。

20171218_gsxs1000_45.jpg
20171218_gsxs1000_46.jpg

ハンドル周り

ハンドルはテーパー形状(中央部が太い)のレンサル製バーハンドルを採用していて、ストリートファイター感が増している。
アップ過ぎない高さが絶妙で、ステップやタンクと合わせた少しタイトなスポーツライディングポジションがヤル気にさせてくれる。
ハンドルの切れ角はネイキッドバイクとして考えるとやや小さい印象で、狭い駐輪場などの場合は切り返すことが増えるかもしれないですね。

ブレーキレバーは調整可能なので手が小さめの人でも安心です♪

20171218_gsxs1000_31.jpg

ステップ

ステップの造形は非常にレーシーで、足元が引き締まるブラックのカラーリングがグッドです。
サイズも小ぶりなのがとても良い感じです。

20171218_gsxs1000_32.jpg

メーター

速度、回転数、トリップ、ギアポジションインジケーター、燃費系などを備えてます。
トラクションコントロールのモードや作動などもメーター内で確認でき、速度や回転数などひと目で確認したい項目は見やすくなっています。
また、メーター内で表示される各種モードの切り替えは左ハンドルのスイッチから操作可能。

20171218_gsxs1000_47.jpg
20171218_gsxs1000_19.jpg
GSX-S1000:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
GSX-S1000のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
GSX-S1000の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのGSX-S1000中古車一覧

マフラー

ショートスタイルのマフラーがスッキリして格好いいです。
また、エンジンをかけるとアイドリングでなかなか迫力のある音量で重低音が響きます。
社外マフラーに変えなくても存在感は十分ありますね。
走行してアクセルを開けていくと一層威圧感のある排気音が乗りてのテンションを上げてくれます。
私は思わずヘルメットの中でつぶやきました。「これ、純正ですか?」
それくらいのグッドサウンドです。

20171218_gsxs1000_25.jpg
20171218_gsxs1000_48.jpg

外観、装備まとめ

これぞストリートファイター!と言わんばかりのルックスは見る者全てを引きつける魅力があり、非常に格好いいです。
撮影しながら段々と欲しくなってしまいました(笑)
装備も純正で高性能な物が装着されてますので、所有感も満たしてくれるでしょう。

【GSX-S1000】
ディテール&試乗インプレッション:足つき、走行編

迫力満点のGXS-S1000ですが、シート高が810mmでそこまで高くないとは言え、実際はどうなのか気になりますよね。
実際にスタッフが乗車しましたので、ご紹介します。

20171218_gsxs1000_51.jpg

身長165cmのスタッフですが、結構普通に跨がれます。
ベタ足とまでいかなくてもこれだけ足がつけば停車時の不安は無いでしょう。
車両重量が209kgと比較的軽量なのも一つの要因ですね。
取り回しは割と楽そうでした。

走行性能

実際に走行してみると、やっぱりそのパワーに圧倒されます。
慎重にスタートすれば出だしは非常に穏やかで「おっ?イケるじゃん?」と思ったのですが、走り出してからちょっと欲を出してアクセルを開けてみると怒涛のパワーを発揮!
体が後ろに持っていかれるような加速で驚きました。
普段は900ccのスポーツバイクに乗っていますが、それとはまた違う加速にドキドキしつつも楽しく感じてしまいました(笑)
それでいてトラクションコントロールがしっかり効いてくれるという安心感は走行していて大きいですね。
ただ、しっかり自制心を持って乗らないと、あっという間に色々な物を失ってしまいそうなので、気をつけたほうが良さそうです。
本当の力を体感するならサーキットに持ち込むしかないでしょう。

足つき、走行まとめ

軽量で取り回しやすい車体からは想像できないパワーを発揮するマシンはモンスターと呼ぶに相応しい性能を備えています。
これを扱えるようになれば間違いなくあらゆるシーンでのライディングが楽しくなること間違い無し。
一筋縄ではいかないマシンを手懐ける過程は何とも言えない楽しさがあります!

【あわせて読みたい、関連試乗レビュー】
◆【MT-10 SP】 キングの名前にふさわしい究極のストリートファイター

株式会社スズキ二輪

スズキ GSX-S1000の価格情報

スズキ GSX-S1000

スズキ GSX-S1000

新車 104

価格種別

中古車 17

本体

価格帯 92.4~143万円

121.61万円

諸費用

価格帯 1.09~8.74万円

5.8万円

本体価格

諸費用

本体

82.2万円

価格帯 69.8~94.6万円

諸費用

10.99万円

価格帯 4.84~17万円


乗り出し価格

価格帯 93.49~151.74万円

127.42万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

93.2万円

価格帯 86.8~99.44万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

DSC_4725.NEF_-72x72.jpg

リュウ

投稿者プロフィール

【身長】
180cm
【バイクの所有歴】
バリオス2→ZX-9R(1998)→スーパーカブ110(2014)→Z900(2019)
好きなバイクは90年代に多い。
【主なバイクの楽しみ方】
ツーリング行ったりサーキットに行ったり。通勤も楽しんじゃう♪
見るのも好き。もう全部好きなんだ。
取材のおかげで乗ったバイクが100台超えたことがちょっと自慢。
【免許、ライセンス】
普通自動車、大型自動二輪、英検準2級、漢検3級、グミ愛好家
【特技】
枕に頭をつけてから寝るまでめっちゃ早い

この著者の最新の記事

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る