new

【NINJA650ABS(2017) 試乗インプレ】軽量&足つきバツグンな新世代ミドルスポーツ

【カワサキ Ninja650ABS】
ディテール&試乗インプレッション

2017年にフルモデルチェンジされ発売されたミドルクラススポーツがこのNINJA(ニンジャ)650。スーパースポーツ譲りの外観と、パラレルツインエンジンがどうバランスされているのか興味津々なライダーも多いことでしょう。
今回はその魅力について、見て・触って・試乗して、体感してきたことをお伝えします。

最新SSモデル風のスポーティなスタイリング

スタイリングは、スーパースポーツZX-10Rのイメージと共通するアクティブで躍動感ある外装に一新されました。
これまでのモデルのどちらかというとツアラー然とした丸みを帯びたデザインテイストから一新された、スポーティさを醸し出すエッジの効いたデザインがカッコイイ!
機能部品を含め、ミドルクラスの質感を超えたデザインが所有する満足感を高めます。

 class=
 class=

ZX-10R譲りのフロントマスク

フロントマスクはZX-10Rをイメージさせるスーパースポーツなデザイン。
ヘッドライトはロービームで片側点灯、ハイビームにすると両側点灯します。
上部両端はポジションランプです。

 class=
 class=

テールライトはX型に複雑なパターンで配置されたLEDです。
これもスポーティさがカッコイイ!自分では見れず後続車しか見られないのがもったいないくらい?!

【NINJA650ABS:現行車種の詳細スペックはこちらから】
NINJA650ABSのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
NINJA650ABSの掲載車両一覧を見る

アップライトなセパレートハンドルはツーリングが快適

トップブリッジ上にアップライトにセットされたセパレートハンドル。
スポーティな見た目と、快適な操作性を兼ね備えた秀逸なポジションが嬉しい。
ハンドル切れ角もフルカウルバイクの中ではかなり大きくとれている方なので、取り回しやUターンも楽々です。

視認性とデザイン性が良いメーター周り、調整可能なスクリーン

アナログタコメーターと多機能デジタルメーターのバランス良い配置がいい感じです。
スクリーンは3段階に角度調整が可能で、アップライトなリラックスポジションでも胸上辺りまでの風圧を低減してくれます。

 class=
 class=
【NINJA650ABS:現行車種の詳細スペックはこちらから】
NINJA650ABSのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
NINJA650ABSの掲載車両一覧を見る

スリムなシートは座りやすさ◎!

シートは前側がスリムに絞り込まれていて乗降しやすく足つき性もいい感じです。
スポーツ走行時には、お尻をタンデムシートとの間にある段にグッと押しつけると、ポジションもビシッと決まってくれます。滑りにくい素材なのもポイント高し!
シート下は標準装備のETC(←これも嬉しいポイント)と車載工具でもういっぱいです。

 class=
 class=

ミドルスポーツで最良の足つき性!?ビギナーや小柄な人も安心!!

シート高790mmという数値以上に、足つき性は良く感じます。
先代モデルから18kgも軽量化された車体は、片足でも両足着地でも不安を感じませんでした。
このNINJA650の足つき性の良さは、「大型二輪免許を取ったけど、足つきや車体の重さが不安で購入を躊躇してしまう」というような悩みのライダー(スタッフ自身もそうです)にこそ、オススメしたい特筆すべきポイントです。

 class=
 class=

(スタッフ:身長167cm、足短め)

【NINJA650ABS:現行車種の詳細スペックはこちらから】
NINJA650ABSのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
NINJA650ABSの掲載車両一覧を見る

ヘルメットホルダーも標準装備

街中やツーリングの時に便利なヘルメットホルダーも装備してます。
意外とライバル車種にはついてない装備だったりします。

心踊る吸気&排気音と扱いやすいエンジン特性

エンジンをかけて走り出してすぐの第一印象は「音がいいな!」でした。
他社バイクとは一線を画す吸排気音は「バイクに乗っている」感を高めてくれることでしょう。
回転音と見事にリンクしたフラットな出力特性は、発進でもギクシャクすることなく扱いやすいです。

また止まる、曲がるも乗り手のイメージ通りにシッカリかつスムーズにバイクが動いてくれるので、このクラスのスポーツ車に乗りなれないスタッフでも、乗っていてドキドキしてしまうようなシーンが全くありませんでした。
こんなにも楽しく乗れるフルカウルスポーツ車なら1台欲しくなるなあ、と思って価格を聞いたところ80万円ちょっととバリュープライス!
NINJA650は「中長距離ツーリングをメインに、たまには峠やサーキットでのスポーツ走行もしてみたいかも・・」なんていうライダーにピッタリではないでしょうか。様々なライダーの要望に応えオールラウンドに活躍してくれそうな懐深さに、最新鋭スポーツ車のデザインを盛り込んだところが魅力なのだと思いました。

 class=
 class=
【NINJA650:現行車種の詳細スペックはこちらから】
NINJA650のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
NINJA650の掲載車両一覧を見る
【あわせて読みたい、関連試乗レビュー】
◆【NINJA1000ABS(2017) 】最新電子制御を満載した快適安心スポーツツアラー
◆【SV650ABS】ベーシックなスタイルと個性的なエンジンの鼓動を愉しむ

車両協力:モトフィールドドッカーズ 埼玉戸田 【MFD埼玉店】

カワサキ Ninja 650の価格情報

カワサキ Ninja 650

カワサキ Ninja 650

新車 78

価格種別

中古車 24

本体

価格帯 69~83.99万円

78.34万円

諸費用

価格帯 6.88~7.61万円

6.07万円

本体価格

諸費用

本体

53.86万円

価格帯 35.79~74.85万円

諸費用

6.66万円

価格帯 6.61~8.35万円


乗り出し価格

価格帯 75.88~91.6万円

84.42万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

60.53万円

価格帯 42.4~83.2万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

リョウタロウ

リョウタロウ

投稿者プロフィール

250ccオフロード車とカブ110、モンキーを所有。雨でも雪でも走ります。
オフロードと4ミニをこよなく愛してますが、この取材試乗を通してクルーザー(アメリカン)が気になるこの頃。
記事内では、短足担当として登場します。股下70cmの悲哀を、足つきチェックフォトでお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る