new

【SV650ABS】ベーシックなスタイルと個性的なエンジンの鼓動を愉しむ

昨年フルモデルチェンジされ発売されたミドルライトウェイトスポーツがこのSV650ABS。先代から引き継いだVツインエンジンと新たに改良された車体がどんなものなのか興味津々なライダーも多いことでしょう。
今回はその魅力について、見て・触って・試乗して、体感してきたことをお伝えします。

※今回試乗した車両は一部カスタムされています。
カスタム箇所:スクリーン、サイレンサー

「ザ・ネイキッドバイク」スタイルの安心感

スタイリングは、これぞネイキッドバイクというカタチで伝統的ともいえるもの。
同クラスのライバル車であるヤマハMT-07やカワサキZ650などが現代的なエッジの効いたデザインで攻めてきているのと比べると、SV650オーソドックスな丸目ライトをはじまるスタイリングにはホッとするような気持ちさえ抱きます。
ツーリング仲間に絶版ネイキッドバイクが多い方でも、すんなりと馴染めてしまう稀有な現行車種ではないでしょうか。

class=
class=

丸目ライトがイマドキは新鮮!?テールは現代的なLED

丸目ライトは現代的なレンズカットながらも、オーソドックスなスタイリングの一要素になっています。
メーターバイザーやスクリーンも純正オプションや各社から発売されているので、自分好みのスタイルにできそうですね。

テールライトは2灯式のLEDです。
この角度と薄さが、またいかにもネイキッドバイクで嬉しくなりますね。

【SV650ABS:現行車種の詳細スペックはこちらから】
SV650ABSのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
SV650ABSの掲載車両一覧を見る

アップライトなハンドルはリラックスポジション

長いタンクのせいで少し遠目に感じるも、アップライトなポジションのバーハンドルです。
フルカウル車などと比べるとハンドル切れ角も大きいので、取り回しやUターンもしやすいですね。
ただし峠をスポーティに走りたいときなどは、もう少しハンドルを低く前傾姿勢にしたいなと思うライダーもいるかも知れません。

視認性とデザイン性が良いメーター周り

多機能LCDメーターはGSX-Sシリーズなどと共通デザインのもの。
軽量なのでハンドルの取り回しの軽さにも繋がっています。

ニーグリップしやすいタンク

丸くて大きく見えるタンクですが、ニーグリップもしやすいです。
容量は13Lあるのでツーリングの時は航続距離も300km以上は期待できそうです(試乗時は燃費24.5km/Lを記録)。

【SV650ABS:現行車種の詳細スペックはこちらから】
SV650ABSのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
SV650ABSの掲載車両一覧を見る

シートは薄目で足つき性重視

シートは前側がキュッと絞り込まれていて乗降しやすく足つき性もいい感じです。
薄目なので長距離走行では工夫が必要かもしれません。純正オプションで厚めのシートも発売されています。
タンデム側と一体型でベルト付きですが、シートは小さめなのでそこは割り切りが必要そうです。
シート下はなんとかETCや車載工具が収まる程度です。

class=
class=

スリムで軽量な車体で足つき性も◎!

シート高785mmと足つき性は良く、軽量な車体もあって不安を感じることは少ないです。
またUターンや発進時など低速走行時に回転数をあげてくれる「ローRPMアシスト」機能がついているので、エンストしてグラッときて足がつかなくてガシャン(私がよくやるやつです・・・)ということも無くなるのではないでしょうか。

class=
class=

(スタッフ:身長167cm、足短め)

【SV650ABS:現行車種の詳細スペックはこちらから】
SV650ABSのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
SV650ABSの掲載車両一覧を見る

ドコドコ感が楽しい!軽やかに回るエンジン

エンジンをかけて走り出してすぐの第一印象は「ドコドコ感が楽しい!」でした。
ライバル達には無いVツインエンジンは唯一無二の個性をもっています。
特に街中で常用する2千から6千回転くらいまでの鼓動感がありながらも、シュインシュインと回る気持ちよさはこのSV650の真骨頂で、普段の道路がただの移動ではなく心躍るものになるのではないでしょうか。
またトラスフレームとVツインエンジンの織り成す複雑な造形美は、バイクを降りてからもお楽しみが続くことになります。

また止まる曲がるもライダーのイメージ通りに動いてくれる素直さがあって、軽量な車体はスッと倒し込めるのも650ccのバイクを操作してるとは思えない軽快感です。

class=
class=

まとめ

SV650はスタイリングから想像する以上の楽しみが詰まった車両でした。
「乗ればわかる」を地でいく車両だなと感じました。だからこそみなさんも店頭でぜひ試乗してみることをオススメします。

そしてオーソドックスなカタチだからこそ、カスタムのアイディアも豊富に沸くもの!
自分好みの姿に仕上げる楽しみと完成した時の満足度は、SV650がライバルに勝る点ではないでしょうか。
初代からスズキを代表するバイクとして評価されているのも、そんなバイクを所有する・イジる楽しみに気付かせてくれる車両だからでしょう。

【SV650ABS:現行車種の詳細スペックはこちらから】
SV650ABSのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
SV650ABSの掲載車両一覧を見る
【SV650ABSとよく比較されている車種の情報はこちらから】
MT-07のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Z650のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
NC750Sのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
【あわせて読みたい、関連試乗レビュー】
◆【MT-07】スポーツ走行から街乗りまで誰でも楽しめる完成度の高さが魅力!

車両協力:モトフィールドドッカーズ 埼玉戸田 【MFD埼玉店】

この記事に登録されているタグ

リョウタロウ

リョウタロウ

投稿者の記事一覧

250ccオフロード車とカブ110、モンキーを所有。雨でも雪でも走ります。
オフロードと4ミニをこよなく愛してますが、この取材試乗を通してクルーザー(アメリカン)が気になるこの頃。
記事内では、短足担当として登場します。股下70cmの悲哀を、足つきチェックフォトでお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る