new

【MT-07 試乗インプレ】スポーツ走行から街乗りまで誰でも楽しめる完成度の高さが魅力!

20170626_mt07_18.jpg

【ヤマハ MT-07】
ディテール&試乗インプレッション

2014年の登場以降、程よいパワーと軽さで人気の車両でもあるMT-07に注目。
軽くてコンパクトでライダーの腕を選ばず誰でも気軽に楽しく乗れる2気筒エンジンの楽しさをお伝えします!

まるで400ccのような軽量感のあるフォルム

マシンのフォルムは非常にコンパクトで軽量感があります。
スリムで小さいタンクと、無駄を削ぎ落としたようなカウリングなど、とにかくシャープな仕上がりになっています。
まるで400ccクラスのようなサイズ感ですので、いかにもな大型車を前にした時のように身構えることはありません。
普通にコンビニとか行くにもフラッと乗れそうです。

20170626_mt07_09.jpg

スポーツ車のような引き締まったテールカウルがカッコイイ!

テールカウルは非常にスリムに作られており、スポーツ感が伝わってきます。最近のバイクはコンパクトなテールカウルのバイクが多いですね。カッコイイです。
リアフェンダーも簡単に取り外しできそうですので、専用キットでフェンダーレスにしてしまうと雰囲気が更にレーシーになりそうです。

20170626_mt07_01.jpg
20170626_mt07_22.jpg
【MT-07:現行車種の詳細スペックはこちらから】
MT-07のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
MT-07の掲載車両一覧を見る

タンデム走行は不向きかもしれないが、ソロでは乗りやすいシート

シート形状は悪くないですが、ちょっとクッションが薄いかな?と思いました。
長距離を走行するのであれば、別でシートクッション等を装着したほうがより快適に走行できるのではないでしょうか。
シート高も程よいので、MT-07の気軽さの要因にはこのシートも一役買っていると思います。

20170626_mt07_12.jpg

しかし、タンデムシートには少し座りにくいです。
座面が小さいことと、掴む場所がシート前方のベルトに限られてしまうので安定はしないと思います。
タンデムグリップも兼用されるようなリアキャリアなんかを装着すると良いかもしれませんね!

20170626_mt07_11.jpg

軽快な走りを楽しめる足回り!

街乗りからスポーツ走行まで気軽に楽しめる要因として、やはり足回りの装備も重要ですよね。MT-07は対向ピストン4ポットキャリパーを装着しており、しっかり効きます。
これによりメリハリのある加減速をすることができ、スポーツ走行を楽しむことができるマシンになっています。
スポーク形状のホイールも軽さをアピールしていて良い感じですね!

20170626_mt07_15.jpg
20170626_mt07_14.jpg

メーターまでもスリムな設計!

スリムでコンパクトなのは車体だけでなく、メーターも同様です。
スピードメーターやタコメーターはもちろん、時計・燃料系・ギアポジション・オド・トリップA/Bが表示されます。
非常にコンパクトに作られていますが、意外とスピードメーターの数字が見やすいです。
時計などは数字が小さいので少し見にくいですが、ひと目で多くの情報を確認できるのは便利ですね!

20170626_mt07_16.jpg

【MT-07:現行車種の詳細スペックはこちらから】
MT-07のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
MT-07の掲載車両一覧を見る

ショートサイレンサーのルックスがグッド!!

サイレンサーがショートスタイルを採用されておりかなり格好いいです。
マシンの雰囲気を崩すことのないデザインが高ポイントです。それでいてエンジンをかけると響くサウンドもなかなか悪くない。
純正のままでもツインの心地よいサウンドを楽しむのも良いのではないでしょうか。

20170626_mt07_13.jpg

収納は・・・やはりキャリア必須

タンデムシート下の収納は車載工具とETC以外は出来なさそうです。
やはり別売りのキャリア等を購入するのが良いと思います。

20170626_mt07_19.jpg

足つき良好!軽いので両足が着かなくても苦にならない

足つきは非常に良いです。
私の身長だとあまり参考にはなりませんが、170cm前後であれば問題なく両足が着くと思います。
また、仮に両足が着かなくても車体の軽さの恩恵で、停車がまったく苦にならないはずです。片足に体重を載せても平気です。

身長:180cm

20170626_mt07_20.jpg

扱いやすいパワーと軽さで余裕の走りを楽しめるマシン

大パワーを発揮して走行するマシンではありませんが、それなりのパワーも持ってますので、アクセルを開ければ大型車のトルクを感じることができます。
ですが、どちらかと言えばまったり余裕のあるツーリングを楽しみたくなるようなエンジンフィーリングです。
軽さを生かして軽快に峠道を走り抜けていくような走りを存分に堪能させてくれるはずです。

【MT-07:現行車種の詳細スペックはこちらから】
MT-07のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
MT-07の掲載車両一覧を見る
【MT-07とよく比較されている車種の情報はこちらから】
MT-09のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
GSX-S750のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Z650のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
NC750Sのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
【あわせて読みたい、関連試乗レビュー】
◆【MT-09 2017】刺激的な走りを堪能できるマシン!進化したMT-09は凄かった!
◆【SV650ABS】ベーシックなスタイルと個性的なエンジンの鼓動を愉しむ

撮影協力店:モトランド平井店

ヤマハ MT-07の価格情報

ヤマハ MT-07

ヤマハ MT-07

新車 40

価格種別

中古車 69

本体

価格帯 69.8~81.4万円

80.61万円

諸費用

価格帯 6.4~8.47万円

4.8万円

本体価格

諸費用

本体

54.47万円

価格帯 40.48~67.8万円

諸費用

6.07万円

価格帯 5.52~6.29万円


乗り出し価格

価格帯 76.2~89.87万円

85.41万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

60.54万円

価格帯 46~74.09万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
DSC_4725.NEF_-72x72.jpg

リュウ

投稿者プロフィール

【身長】
180cm
【バイクの所有歴】
バリオス2→ZX-9R(1998)→スーパーカブ110(2014)→Z900(2019)
好きなバイクは90年代に多い。
【主なバイクの楽しみ方】
ツーリング行ったりサーキットに行ったり。通勤も楽しんじゃう♪
見るのも好き。もう全部好きなんだ。
取材のおかげで乗ったバイクが100台超えたことがちょっと自慢。
【免許、ライセンス】
普通自動車、大型自動二輪、英検準2級、漢検3級、グミ愛好家
【特技】
枕に頭をつけてから寝るまでめっちゃ早い

この著者の最新の記事

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る