new

【CBR250RR & GSX250R 比較インプレ】2017年新登場の250ccスポーツ2車種を比較!

【ホンダ CBR250RR & スズキ GSX250R】
ディテール&試乗インプレッション

前回のNinja250比較に続き、今回も250ccスポーツ車両の比較をしたいと思います。
今回はホンダのCBR250RRと、スズキのGSX250Rです。どちらも2017年に新登場した車両ですので気になっている方も多いのではないでしょうか?
同ジャンルの車両でどんな違いがあるのか!?細かく比較してみました!

250ccと思えないオーラのCBR250RRとGSX系統をしっかり継いでいるGSX250R

まずは全体のディテールを比較してみます!
どちらもシャープなカウリングでレーサー然としたルックスが印象的です。エッジの効いたデザインに跳ね上がったテールカウルなど、250ccスポーツの他車に引けを取りません。
そんな中でもやはりCBR250RRの存在感は群を抜いていますね。各部の造形やカウルの質感など一歩リードしているように思います。
しかしそれ故にやや敷居の高さを感じるのも事実です。そういう面ではGSX250Rの方がフレンドリーに思えます。

▲CBR250RR
▲GSX250R

ヘッドライトの視認性はLED採用のCBR250RRに軍配

ヘッドライトはCBR250RRがLEDを採用しているのに対し、GSX250Rはハロゲンバルブです。そのため、視認性ではCBR250RRに軍配が上がります。
夜間の走行時などは明るいほうが安全に走れますね。
フロントマスクのルックスでは1灯と2灯で好みが分かれますね。ウェビック社員からは「CBR250RRのフロントマスクはイカツすぎる」なんて声が聞こえました。

▲CBR250RR:ヘッドライト
▲GSX250R:ヘッドライト

テールライトはGSX250Rの方が見やすい・・・?

テールライトはCBR250RRが二段に分かれていてシャープなデザインとなっています。
それに対してGSX250Rは大きなライトが1つ取り付けられていて、デザイン的にはCBR250RRの方が良いのかなと思います。
しかし、後続車への見やすさでいえば、GSX250Rの方がはっきりと点灯をアピールできるので安全だといえます。
ライト自体は両車ともLEDを採用しているので、明るさは十分でしょう。

▲CBR250RR:テールライト
▲GSX250R:テールライト

足回りはCBR250RRが高性能をアピール

足回りを比較すると、ここが一番差が出ているように感じます。
タイヤサイズはさほど変わりませんがGSX250Rが正立フォークなのに対してCBR250RRは倒立フォークが装着されており、「走り」の面では他の250CCスポーツの中で最も優れた装備になっているのではないでしょうか。

【フロントタイヤ】

▲CBR250RR:110/70
▲GSX250R:110/80

【リアタイヤ】

▲CBR250RR:140/70
▲GSX250R:140/70

サイレンサーはCBR250RRが独特の造形で目立ち度が高い!

CBR250RRのサイレンサーは2本出しながら比較的小ぶりで見た目の重さを感じません。GSX250Rはやや大きいかな?という感じですが、存在感があって良い感じです。
どちらも純正で良音を奏でますので、社外に変えずにノーマルサウンドを楽しむのもアリだと思います。

▲CBR250RR:サイレンサー
▲GSX250R:サイレンサー

GSX250Rのハンドルポジションはゆったり乗れてキツくない!

どちらもセパレートハンドルが装着されていますが、CBR250RRの方がより低くて絞りがキツくなっています。
前傾姿勢もキツくなりますので、GSX250Rの方が比較的楽に乗車できるポジションになっています。
この辺りの差はツーリングなどに行くと違いをはっきりと感じそうですね。GSX250Rの方が疲労感は少なそうです。

▲CBR250RR:ハンドル周り
▲GSX250R:ハンドル周り

メーターは両車とも情報量多くて見やすい!

もちろん形は違いますが、性能的に大きな差はありません。どちらも必要十分な情報量だと思います。
速度表示も数字が大きくて見やすく、1つのパネル内に全ての情報が表示されるので非常にスッキリした見た目もグッドです。

CBR250RRとGSX250Rを比較してみて

今回この2車種を比較して、改めて両車の良さを知ることができました。
もちろんCBR250RRは同クラスの車両の中でもトップクラスの高性能ですが、正直価格がネックになる方も少なくないはず。
それに比べるとGSX250Rは比較的安価で買えますので、気軽に買えて乗れる事がプラスになります。
どちらも良いバイクには変わりありませんので、自分が主に楽しみたいシーンなどで満足できる車両を選ぶことが1番ではないでしょうか。
初心者も上級者も楽しめるのが250ccスポーツの良いところなんだと思います。

CBR250RR試乗インプレ
GSX250R試乗インプレ
【あわせて読みたい、関連試乗レビュー】
◆【Ninja250 & Ninja250SL】似ているようで似ていない!?やっぱり気になるNinjaを比較!
◆【YZF-R25】軽い!速い!街乗りからサーキットまでフルに楽しめる!

ホンダ CBR250RR(2017-)の価格情報

ホンダ CBR250RR(2017-)

ホンダ CBR250RR(2017-)

新車  507

価格種別

中古車  28

本体

価格帯 62.2~88.6 万円

79.67 万円

諸費用

価格帯 4.48~5.3 万円

0.77 万円

本体価格

諸費用

本体

64.15 万円

価格帯 44.9~81.99 万円

諸費用

1.54 万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 67.5~93.08 万円

80.44 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

65.69 万円

価格帯 59.4~71.81 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ GSX250Rの価格情報

スズキ GSX250R

スズキ GSX250R

新車  220

価格種別

中古車  32

本体

価格帯 34.65~54.88 万円

49.9 万円

諸費用

価格帯 2.18~2.75 万円

1.87 万円

本体価格

諸費用

本体

40.23 万円

価格帯 35.2~48.95 万円

諸費用

6.13 万円

価格帯 5.72~6.58 万円


乗り出し価格

価格帯 37.4~57.07 万円

51.78 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

46.36 万円

価格帯 41.78~54.67 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
リュウ

リュウ

投稿者プロフィール

【身長】
180cm
【バイクの所有歴】
バリオス2→ZX-9R(1998)→スーパーカブ110(2014)→Z900(2019)
好きなバイクは90年代に多い。
【主なバイクの楽しみ方】
ツーリング行ったりサーキットに行ったり。通勤も楽しんじゃう♪
見るのも好き。もう全部好きなんだ。
【免許、ライセンス】
普通自動車、大型自動二輪、英検準2級、漢検3級、グミ愛好家
【特技】
枕に頭をつけてから寝るまでめっちゃ早い

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る