new

【Ninja250 & Ninja250SL 比較インプレ】似ているようで似ていない!?やっぱり気になるNinjaを比較!

 

今回は同じNinjaの名前が着いていても微妙に違うNinja250とNinja250SLの比較をしてみます。
「ツーリングするならどっち?」「そもそも何が違うの?」などと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?
そんな疑問解決の参考になればと思います。

Ninja250とNinja250SLの外観を比較!

まずは外観を比べてみます。
Ninja250に比べると、Ninja250SLは同排気量にしてはかなりコンパクトでとにかく軽量です。
走行中はもちろん、普段の取り回しにおいてもこの軽さはかなり嬉しいですね。

▲Ninja250
▲Ninja250SL

2灯と1灯で好みが分かれるヘッドライト

ヘッドライトの造形は大きく違います。
Ninja250が2灯に対してNinja250SLは1灯になっています。
明るさに関しては大きな差はありませんので、見た目の好みで選択が分かれそうです。

▲Ninja250:ヘッドライト
▲Ninja250SL:ヘッドライト

Ninja250SLの方がレーシーな見た目のテール周り

テールライトの作りは似ていますが、Ninja250SLの方がやや上がり気味のテールになっているのでレーシーな雰囲気を持ちます。
視認性に差はほとんどありませんが、やはりここでもNinja250SLの方がコンパクトな設計で、スッキリした見た目になっています。

▲Ninja250:テールライト
▲Ninja250SL:テールライト
【Ninja250:現行車種の詳細スペックはこちらから】
Ninja250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja250の掲載車両一覧を見る
【Ninja250SL:現行車種の詳細スペックはこちらから】
Ninja250SLのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja250SLの掲載車両一覧を見る

キビキビ走るNinja250SLと、安定した走りのNinja250はタイヤサイズも違う

排気量は同じこの2車種ですが、タイヤサイズは異なります。
Ninja250SLの方が細めのタイヤが採用されており、よりクイックなハンドリングを感じることができます。
Ninja250は高速走行なども含めたツーリング向き、Ninja250SLは車体の軽さを活かしたスポーツ走行向きになっています。

実際に走行するとその違いははっきりと感じることができます。
Ninja250は高速でも低速でも安定して走れますが、ややモッサリ感がありました。対してNinja250SLはとにかくクイックな走行が可能で、コーナリングでは簡単に倒し込むことができるので非常に楽しく走れます。しかし一気に切れ込んでしまいそうな不安もありました。

【フロントタイヤ】

▲Ninja250:110/70
▲Ninja250SL:100/80

【リアタイヤ】

▲Ninja250:140/70
▲Ninja250SL:130/70

タンデムシートの座り心地はNinja250に軍配

シートの造りは似ていますが、Ninja250SLの方が少し座面が細長くなっています。
実際に座ってみると、安定感はNinja250の方があります。Ninja250SLはシートが細いですが、タンクも同様にスリムなため意外とニーグリップはしやすいです。

▲Ninja250:シート
▲Ninja250SL:シート

タンデムシートの座り心地はNinja250のほうが圧倒的に良いです。Ninja250SLはかなり座面が小さいので座っていて不安が大きいです。
Ninja250はそれよりは広めの座面で多少の安定感はあります。タンデムツーリングも不可能ではないと思います。

▲Ninja250:タンデムシート
▲Ninja250SL:タンデムシート
【Ninja250:現行車種の詳細スペックはこちらから】
Ninja250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja250の掲載車両一覧を見る
【Ninja250SL:現行車種の詳細スペックはこちらから】
Ninja250SLのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja250SLの掲載車両一覧を見る

ポジションはNinja250の方が楽

Ninja250SLはハンドルがトップブリッジ下に装着されているので、Ninja250に比べると前傾がキツくなりますがレーシーな雰囲気はバッチリです。
それに比べるとNinja250は高めに配置されたセパハンになっているので比較的楽な姿勢で乗車でき、ツーリング時も苦になりません。

画像だと少し分かりづらいですが、Ninja250SLの方が若干ハンドルが低いです。

▲Ninja250:ハンドル
▲Ninja250SL:ハンドル

メーターは大幅にデザイン変更され、Ninja250SLはフルデジタルメーターに

Ninja250とNinja250SLではメーターが大きく異なります。
Ninja250はアナログタコメーターが採用されているのに対し、Ninja250SLはデジタルメーターになり非常にコンパクトです。
どちらかと言えば、速度が中央に大きく表示されるNinja250SLの方が若干見やすいです。

▲Ninja250:メーター
▲Ninja250SL:メーター

足つき性はどちらも良好なので乗車は楽々♪

Ninja250とNinja250SLでシート高は5mmしか変わりません。共に800mm以下なので足つき性は良好と言えるでしょう。
しかし前述の通り、Ninja250SLはハンドルが低いことやシートの座面が小さい事もあるので、総合的にはNinja250の方がより足つきが良いと思います。
乗車中の姿勢は、やはりNinja250SLの方が「攻めている」感じが伝わってきます。

▲Ninja250:シート高785mm
▲Ninja250SL:シート高780mm

比較をしてみて・・・

今回比較をしてみて、改めて違いや個性を確認することができました。
それぞれに一長一短ありますので、自分のメインとなる乗り方に合った方を選択するのが良さそうです。
安定した走りを楽しめるNinja250にするか、キビキビした刺激のある走りを楽しめるNinja250SLにするか。どちらを選んでも楽しく走れるのは間違いありません!!

Ninja250試乗インプレ
Ninja250SL試乗インプレ
【Ninja250:現行車種の詳細スペックはこちらから】
Ninja250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja250の掲載車両一覧を見る
【Ninja250SL:現行車種の詳細スペックはこちらから】
Ninja250SLのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja250SLの掲載車両一覧を見る
【あわせて読みたい、関連試乗レビュー】
◆【CBR250RR(2017)】生まれ変わったCBR250RRの性能はあらゆる面で圧倒的だった!
◆【YZF-R25】軽い!速い!街乗りからサーキットまでフルに楽しめる!


カワサキ ニンジャ250SLの価格情報

カワサキ ニンジャ250SL

カワサキ ニンジャ250SL

新車  0

価格種別

中古車  33

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

37.32 万円

価格帯 30.9~47.19 万円

諸費用

7.36 万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

44.69 万円

価格帯 44.42~44.82 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

カワサキ ニンジャ250の価格情報

カワサキ ニンジャ250

カワサキ ニンジャ250

新車  55

価格種別

中古車  138

本体

価格帯 44.7~65.45 万円

61.88 万円

諸費用

価格帯 5.3~8.4 万円

4.37 万円

本体価格

諸費用

本体

46.09 万円

価格帯 35.15~59.49 万円

諸費用

0.15 万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 50~73.85 万円

66.25 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

46.24 万円

価格帯 34.86~55.06 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
リュウ

リュウ

投稿者プロフィール

【身長】
180cm
【バイクの所有歴】
バリオス2→ZX-9R(1998)→スーパーカブ110(2014)→Z900(2019)
好きなバイクは90年代に多い。
【主なバイクの楽しみ方】
ツーリング行ったりサーキットに行ったり。通勤も楽しんじゃう♪
見るのも好き。もう全部好きなんだ。
【免許、ライセンス】
普通自動車、大型自動二輪、英検準2級、漢検3級、グミ愛好家
【特技】
枕に頭をつけてから寝るまでめっちゃ早い

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る