new

【クロスカブ】カブシリーズのアウトドア番長!アクティブ+タフな頼れる相棒

キャンプやトレッキング、釣りなどアウトドアなレジャーを楽しみたいときに、まず「どうやってそこまで行こうか、道具もいっぱいあるし・・・」なんて悩みがありますよね?

そんな悩みを一発で、それも低コストで解決してくれるのが、原付二種というカテゴリーのバイク。1人分の荷物を積んで、高速は乗れないけど下道ではクルマを超えるようなペースでたどり着くことができるんです。

そんな原付二種の車両の中でも、アクティブでタフなイメージがあるバイクといえば、今回記事でとりあげるクロスカブが筆頭候補ではないでしょうか。

【クロスカブ の ココがイイネ!】

|1| アウトドア+タフなイメージをカブにも!クロスオーバースタイルがカッコイイ!!
|2| さっすがカブ!燃費がすごくイイ!!
|3| カブより大きな車体で走破性アップ!長距離も悪路もいけるぜー!!

【クロスカブ:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】
クロスカブのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
クロスカブの新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのクロスカブ中古車一覧 >

【ホンダ クロスカブ】
ディテール&試乗インプレッション

スーパーカブ110プロという新聞配達でよく見かけるビジネスバイクをベースに、アウトドアレジャーでの使用も想定したアクティブなイメージをプラスしたのが、このクロスカブの最大の特長。

その昔ハンターカブという、スーパーカブにトレッキング機能を追加した車両がありましたが、クロスカブはまさにその後継車。
カブ譲りの実用性に、遊べるデザインと機能を盛り込んでいます。

そんな「遊べるカブ」であるクロスカブに、毎日スーパーカブ110で通勤する筆者が(隠し切れない羨望の眼差しで)迫ってみました!

アクティブなイメージがとにかくカッコイイ

ベース車は確かにビジネス車両(スーパーカブ110プロ)で、ボディにも共通部品が多いはずなのに、不思議とお仕事臭さは全くありません。
カブプロの14インチから大径化され、太くもなった17インチタイヤはタフなイメージを強調。そして高い位置になったシートなど、全体的にいつものカブよりも一回り大きい印象を受けますね。
1名乗車とされた車体も積載性を考慮したもの。小さな限りある車体なので、この程度の割り切りはむしろ潔くて好印象です。

class=
class=
class=
class=

日常での風雨除けや悪路での飛び石などを避けるレッグシールドも、クロスカブならアクティブな装備に見えてきますね。
車体はベース車同様のスマートなもの。原付二種クラスならではの取り回しの良さも期待できます。

大型ヘッドライトでタフさをアピール

ヘッドライトは、ハンドルではなく車体にシッカリと搭載。大きな丸型ライトと丸パイプのライトガードの組み合わせは、往年のホンダファンならBAJAシリーズを思い出すのでは。よりイメージに寄せて2眼式にしても似合いそうです^ ^
そんなオフロードテイストも感じさせるフロント部分にも、タフさとクロスオーバーなスタイルが見てとれますね。

独立式メーターは遊び心感じるポップなデザイン

ハンドル上に置かれたメーターは、速度計と燃料計のアナログ表示と各種警告灯が表示されます。欲を言えば長距離を走るときなどに便利な時刻表示も欲しかったところ。文字盤はポップな配列で、遊び心をくすぐります。
前側から見える「CC110」(クロスカブの機種名)のステッカーもデザインのポイントになってますね。

足が長ーい!サスペンションはロング化

カブシリーズ最長となるストローク量を誇る前後サスペンションは、荷物積載時や悪路での走行もなんのその。
このおかげで最低地上高も20mmアップされているので、走破性も強化されています。
ブーツ付きのフロントフォークも、オフロードテイストを感じさせるアイテムですよね。

class=
class=

17インチの大径ホイールで走破性アップ!

タイヤ/ホイールは、ベース車の14インチから17インチに大径化!
スーパーカブは元々17インチタイヤを履きますが、それよりも1サイズ太いものになっています。これも悪路などでの走破性とタフさを実現するための装備ですね。
カブシリーズ伝統のスポークホイールは衝撃を吸収しやすい優れたものですが、チューブタイプのタイヤとなるので、パンク修理はチューブレスタイプよりも少々やっかい。長距離ツーリングや林道に行く場合などは、パンク修理キットと直せる技術を身につけて行きたいものです。

class=
class=
【クロスカブ:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】
クロスカブのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
クロスカブの新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのクロスカブ中古車一覧 >

便利なパーキングレバー

キャンプ場の傾斜地などであると嬉しいパーキングレバーが付いています。
前ブレーキをガッチリ効かせたままにできるので、荷物をたくさん積んでいるときの傾斜地でも、しっかり駐輪することができますよ。

給油するにはシートをガバっと上げる

ガソリンタンクはシート下にあります。降りてシートを上げてというひと手間は必要ですが、車両後端にある車両と比べると、リヤキャリアに荷物を満載していても給油に困ることはないというメリットもあります。
容量は4.3Lですが、欲を言えばもう少し欲しかったところ。いくら燃費がいいとは言え、200km以上の長距離ツーリングの際にはガス残量に気を付けたいところです。予備タンクを所持しておくのも一つの手ですね。

足つきはちょっと厳しくなった・・・

スーパーカブ110より50mm近く高くなる784mmという数値は、小柄な体格の方にはなかなか厳しい数値。
身長167cmの筆者が足つきをチェックしてみました。

両足がつくものの、指の付け根程度まで。車体が軽いので不安を感じるほどではありませんが、重い荷物を積んだときなんかは車体が傾くのが怖いかも知れません。
走破性アップのために、犠牲になっているのがシート高なんですね・・・
ただし高身長の別スタッフは膝の曲がりが楽なポジションがゆったりとれるようになって、長時間の乗車でも疲れが少なったそうです。
シートが分厚くなったこともきいているでしょうね。

クロスカブの積載性

コンビニフック+リヤキャリアを装備しています。前者は日常のちょっとした買い物で、後者は大きなものを乗せる際に活躍します。
リヤキャリアはかなり頑丈に作られていますので、キャンプ道具を満載したり釣りの時クーラーボックスを積んだりもできそうですね。

class=
class=

燃費の良さもカブ譲り!加速重視のエンジン

今回の街中での試乗した際の燃費は約59Km/Lを記録。タンク容量を考えると200km以上の航続距離がありそうですね。
例えば往復200kmのキャンプツーリングに行ったとしても、ガス代は500円でお釣りがくるほどの燃費の良さです。
このコスパの良さこそがカブシリーズの真骨頂とも言えるかもしれません。

走りはスーパーカブよりも加速を重視したセッティングになっています。重い荷物を積んでいるときに急な傾斜路を超えなければならない、などのタフな使用を想定されてのことでしょうか。
日常の60km/hまで加速する使い方であれば、全く問題なく流れにのることができます。
ただし峠の急な登坂路などは、ちょっと厳しくなります・・・110ccのエンジンなので致し方ない部分ですね。

エンジン始動は、通常は右グリップ横にあるセルを使用します。
インジェクションの恩恵で、気温や季節、湿度などに左右されず、いつでも軽やかにトトトトトッと始動します。
また万が一バッテリー電圧が下がってセルが回らない場合は、キックスターターを使っての始動も可能。
こちらも軽い踏込でいとも簡単にエンジンを始動することができますよ。

まとめ

クロスカブは、アクティブなライフスタイルを表現する道具として、とても優れた経済性を備えています。
「あの遊びなんか面白そう」と思ったことがあったら、クロスカブで身軽に出かけることができます。

バイクを所有することを楽しむというよりも、遊びの中に「クロスカブで移動する便利さと楽しみ」を取り入れるイメージでしょうか。
そんな使い方が似合うクロスカブ、アウトドア好きな方にオススメしたいバイクです。

またメーカーであるホンダも、原付での遊び方の提案のひとつとして「カブでキャンプ」をオススメしてます!
ホンダ原付シリーズのイメージキャラクターである、ゴールデンボンバーがカブに乗ってキャンプする動画にもクロスカブはしっかり登場してますねー

【クロスカブ:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】
クロスカブのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
クロスカブの新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのクロスカブ中古車一覧 >
【あわせて読みたい、関連試乗レビュー】
◆スーパーなカブが欲しい!

撮影協力:株式会社ホンダモーターサイクルジャパン

この記事に登録されているタグ

リョウタロウ

リョウタロウ

投稿者の記事一覧

250ccオフロード車とカブ110、モンキーを所有。雨でも雪でも走ります。
オフロードと4ミニをこよなく愛してますが、この取材試乗を通してクルーザー(アメリカン)が気になるこの頃。
記事内では、短足担当として登場します。股下70cmの悲哀を、足つきチェックフォトでお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る