new

【ホンダ PCX125&150(2017) 試乗インプレ】排気量は違っても車格は一緒!選ぶならどっち?


2010年に登場してから常に多くの人に選ばれているPCXですが、その魅力はどこにあるのでしょうか。
見た目とか走行性能とか実際どうなの?を追求します。
毎日カブ110で往復40kmを通勤している筆者が驚嘆した様子をお伝えします!

さらにPCX150との比較もしますので、どちらを買うのが良いか?の参考にしてみてください!

【PCX125 の ココがイイんです!】

|1| 高い加速性能でクイックな走行
|2| 低燃費+アイドリングストップで経済的!
|3| 便利な装備盛りだくさん!

【PCX150 の ココがイイんです!】

|1| 高速道路も走れて行動の幅が広がる!
|2| 125よりもパワフルな走りが可能!
|3| 125と変わらぬ車格で乗りやすい!

【PCX125:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】
PCX125のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
PCX125の新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのPCX125中古車一覧 >
【PCX150:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】
PCX150のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
PCX150の新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのPCX150中古車一覧 >

車体はやや大柄でもクイックな走行が得意!

※PCX125と150は車体サイズが同一のため、画像はPCX125のみ掲載致します。

車体は一般的な原付二種スクーターと比較するとやや大きめな印象です。
全長を比較すると、
・PCX125 → 1,930mm
・アドレスV125 → 1,750mm
となりますので、約180mmも長くなります。
また、車重は130kgと少し重めですがどっしりとした雰囲気が走行時の安定感を期待させてくれます。

 class=
 class=

また、150は全く同じ車格になります。
車両重量が1kg重いだけなのはかなり意外でした!同車格という事を考えると、排気量の大きいPCX150の方が軽快で力強い走りを楽しめます。

 class=▲PCX150
 class=▲PCX150

タイヤは細さが気になるが、キビキビした走りが癖になる

PCXのタイヤは14インチの大径タイヤですが比較的細めに見えます。「この車体にこの細さは大丈夫だろうか?」と少し心配にはなりましたが、実際に走り出すとそんな事も忘れてしまいました(笑)
キビキビした走りはやはり癖になりますね。しかもディスクブレーキ装着でよく効くので安心して走行ができます。
この辺りの走行性能の高さに、PCX人気の秘密を見た気がします。購入者は間違いなく満足できる作りではないでしょうか。

 class=▲フロント:90/90-14M/C 46P
 class=▲リア:100/90-14M/C 51P
【PCX125:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】
PCX125のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
PCX125の新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのPCX125中古車一覧 >
【PCX150:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】
PCX150のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
PCX150の新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのPCX150中古車一覧 >

LEDヘッドライトでシャープなルックスを強調

ヘッドライトはLEDが採用されており、フロントマスクを一層精悍な顔つきにしています。
また、ヘッドライトと一緒にウインカーが埋め込まれているのもマシンのスッキリした印象を強めます。
この切れ込んだデザインは攻めの雰囲気が出ていて非常に格好いいですね。

 class=▲ヘッドライト:通常時
 class=▲ヘッドライト:点灯時

エッジの効いたリアウインカー周り

リア周りはシュッと跳ね上がったテールやリアウインカーの造形がシャープな後ろ姿を演出します。
ウインカーの付け方に不自然さがあるか無いかでマシンの印象って大きく変わりますよね!
PCXのような違和感の無いデザインは非常に格好いい後ろ姿になります。

情報量十分だが、デジタルパネルがやや見づらいか?

メーターはアナログ速度メーターと、その中央にデジタル表示があります。
デジタルでは「時計、燃料計、トリップ、瞬間燃費」などを確認することができますが、文字数やパネルが小さいので走行中にしっかり確認するのはやや難しいです。
「おぉ!?」っと思ったのが、速度計の針の付き方。
中央から外に向かって伸びていくのが一般的ですが、PCXのメーターは外側から中央に向かって針が伸びています。
ちょっとオシャレで格好いいですよね!

アイドリングストップ搭載!

PCXが登場当初に話題になったのがアイドリングストップの搭載でしたね。
今でこそ多くのスクーターにも実装されている機能ですが、当時は筆者の周りでも少しざわついたのを覚えています。
そんなアイドリングストップですが、意外と通勤時にも役立ちます。
停止時間の長い信号で停まった時や、ちょっと止まって電話を確認したい時などにいちいちエンジンを切らなくてもアイドリングストップが機能してくれるのがとても助かります。
また、手元のスイッチでONとOFFを切り替えることができるので、「すぐに動き出すので頻繁に止まってほしくない!」という時でも問題なしです。
一定時間走行することで発動するようになるのですが、割りとすぐにエンジンが止まるので渋滞に並ぶ時などはOFFにしておいた方が逆に快適かもしれません。
ONにしていると止まる度にエンジンストップするので少々面倒になります(笑)
ですがやはりあると使ってしまいますし、燃費向上に一役買ってくれる素晴らしい機能だと思います。

何でも入っちゃうかも!?抜群の収納力!

PCXの強みは何と言っても収納の多さです。
また、当然ながら(?)電子機器の充電ができるように電源も確保されていて実用性は十分高いです。
それぞれについてチェックしてみましょう。

【インナーパネル】
インナーパネル左側には蓋付きの小物入れがあります。
この蓋はプッシュ式になっていますので、必要な時に簡単に開けることができます。
中には12V1Aのアクセサリーソケットが付属していますので、スマートフォンを始めとした電子機器の充電が可能です。
ポケットの中は500mlのペットボトルが入るほどのスペースがありますので充電しながら中に入れておくことができます。
しかし、実際に充電しながらスマートフォンをナビ代わりなどで使用するとコードを逃がす部分が無いので蓋が閉められません。
加工などして対策が必要でしょう。

 class=
 class=

【シート下トランク】
シート下のトランクに関しては同排気量の車両に比べてかなり広々としています。
ジェットヘルメットだけならもちろん余裕で入りますし、これに追加して雨具もOKです。
走行中であればヘルメットを入れることも無いのでバッグを収納しておくことができます。かなり身軽になれますね!
一泊くらいの荷物であれば問題なく運べると思います。これはすごい!!

しかし、ある程度走行するとかなりの熱がこもりますので注意が必要です。

 class=
 class=

また、シート下には車載工具も入れられてますが、これだけのスペースがあるので追加で工具セットを入れておいたほうが安心です。
便利なヘルメットワイヤーも付属しており、持ち運びが安心です。

【ヘルメットロック】
シート下前方にヘルメットロックがありますが、ワイヤーを使わなければちょっと届きそうにありません。
ワイヤーを使用して引っ掛けると、ちょうどフットスペースにヘルメットが来るのでボディに傷が付く心配もほとんどありません。
また、シート下トランクに収納しきれなかったヘルメットを引っ掛けることができるので、タンデムツーリングなどで止まって車両を離れる際も心配ありません!

 class=
 class=

PCXの足つきは?

さて、ここまでチェックして実用性十分とわかったPCX125ですが、気になるのは足つきですよね。
カタログスペックではシート高は760mmとそこまで高い数値ではありません。
毎日乗るバイクだからこそ安心して乗車できるバイクが欲しい!という方の為にウェビックスタッフが足つきチェックしました!
今回乗車したのは167cmのスタッフ。「やっぱりモンキーくらいの足つきがちょうど良い!」と前回の撮影時に話していましたが、果たしてPCXではどうなのか。
早速跨ってみると意外と普通!というかバッチリ余裕で座れている!と思ったのですが、よく見るとかなり前方に座っています(笑)
これくらいだと足つきは問題無いそうです。

と、いうわけでギリギリまで後ろに下がってみると、つま先立ちになってさっきよりはキツそう。一応両足は地面に着いているので問題は無さそうです。本人は結構ツラそうですが。。。
毎日乗る分には全く問題無いと思いますので、身長による制限はほとんど無いでしょう。

【PCX125:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】
PCX125のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
PCX125の新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのPCX125中古車一覧 >
【PCX150:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】
PCX150のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
PCX150の新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのPCX150中古車一覧 >

PCXでタンデムしてみよう!

続いてタンデムで乗車してみました。
筆者がタンデムシートに座りましたが非常にゆったりしてて心地よい乗り心地です。
シートもあまり高くないので走行中も怖さが無いですし、運転者との距離も程よく離れているので自分のスペースを確保できます。
タンデムステップがシートよりも前方にあるのでちょっと後ろ重心で座る感じになりますが、気になる程ではありません。

また、タンデムグリップがテールのウイングと共用になっているのでとても掴みやすいです。
手の大きな男性でもガシッと握れるのでタンデム時の安定性は高いです。マシンの見た目を損なわずに使い勝手も良いなんて素晴らしいですね!

まとめ:PCXの走行性能について

【PCX125】
筆者が通勤で実際に使ってみました!常時アイドリングストップONにした状態です。
また、シート下には通勤で使っているリュックを入れた状態での走行です。

第一印象は「なんだこの速さは!」でした(笑)
筆者が普段使っているカブ110と同じピンクナンバーとは思えないほどの性能を発揮し、あっという間に制限速度まで達します。
そのまま速度を維持して走行しても全くツラくない。いつも振動を感じながら通勤している毎日は何だったのかと思ってしまう快適さ。
発進・加速・停止が全てスムーズに進むので、いつもより早く自宅に帰ることができました。
それでいて瞬間燃費は47km/Lを記録するなど素晴らしい燃費性能。十分すぎます。
押し引きの時に感じた若干の重さも走り出すと全く気にならなくなり、スイスイヒラヒラ走ることができて非常に楽しかったです。

「燃費も良くて速いスクーターが欲しい!」という方にPCX125はピッタリです。
中古車含めて流通している台数が多いのもプラスですね。

【PCX150】

続いてPCX150の走行性能です。
車体は全て一緒なので「走行性能もそんなに変わらないのでは?」と思ってましたが、かなりの違いに衝撃を受けました。
まず発進から加速の段階で150の方が明らかに力強いです。
さらにアクセルを開けるとグングン伸びていきます。CRF250Mと共に走行したのですが余裕で付いていくことができました。
これは速度域の高い国道などの走行でかなり楽ですね。流れに乗るのも容易です。

また、高速道路にも乗れるので普段より遠くへ出かけることもも可能ですし、遠方へのツーリングも楽しむことができます。
高速での走行自体は可能ですが、あまり快適とは言い難い乗り心地です・・・。
スクリーンが小さいので顔付近への風は強めに当たりますし、横風などの影響も比較的大きく受けます。
さらに追い越し時の加速は中型~大型バイクのようにスパッとはいけないのでかなり余裕を取った方が良いでしょう。
基本的には左車線をクルージングするのが快適でしょう。

どちらを買うべきか?

PCX125とPCX150はどちらを買うべきか?
これに関しては「保険と高速道路に乗るかどうか」が判断基準になってくると思います。価格差も僅かですので、購入以降の維持費や主に使用するシーンを想定して判断するのが良いでしょう。
125であれば車の保険に入れられますし、維持費も多少は安くなります。
150であれば維持費は上がっても高速道路に乗ったりと行動範囲は大きく広がります。
また、PCX150は車を持っていない人であればその代わりを十分に果たしてくれるので生活の中心として使っていく事が可能です。

どちらにしても便利で経済的なバイクであることには違いがありません。良いバイクです!

【PCX125:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】
PCX125のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
PCX125の新車一覧を見る
< ウェビックバイク選びおすすめのPCX125中古車一覧 >
【あわせて読みたい、関連試乗レビュー】
◆人気の150ccスクーター注目の2台!
◆人気のスクーター特集 PCX150

撮影協力:株式会社ホンダモーターサイクルジャパン

PCX125のオーナーレビュー

オーナーレビュー No.17902
3.5
長所・満足している点 維持費の安さ&ルックス、最新のアイドリングストップ機能付き 
オーナーレビュー No.19464
4.0
長所・満足している点 ノーマル時はリッター50前後だったけど,今はそこそこ走ってくれて40前後になってしまったが、それでも燃費がいい所がイケてる。 
オーナーレビュー No.21793
3.8
長所・満足している点  全体的なフォルム・(IS含めての)燃費の良さ、維持費の安さ、社外パーツの豊富さとカスタマイズの幅広さ 
オーナーレビュー No.37460
4.0
長所・満足している点 燃費、ルックス、原二にしては上質な乗り心地 
オーナーレビュー No.16573
0.0
長所・満足している点  
オーナーレビュー No.16708
3.8
長所・満足している点 14インチ最高! 
レビューを全て見る
リュウ

リュウ

投稿者の記事一覧

900ccスポーツバイクとカブ110を所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
「足つき写真が参考にならない」とよく言われますが、高身長ならではの悩みもお伝えします!

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る