new

【Vストローム250】気軽に旅ができるバイクが欲しい人はVストロームに決まり!?

【スズキ Vストローム250】
ディテール&試乗インプレッション:外観編

あらゆる路面を自由に駆け抜ける事を楽しめる「Vストローム1000」や「Vストローム650」よりも小型で、気軽にアドベンチャーを楽しめるのがVストローム250です。
Vストロームシリーズの持つ壮大な冒険感をそのまま引き継ぎ、よりコンパクトな車体で誰でも気軽に楽しめるモデルになっています。
ワインディングでの走行はもちろん、街中の走行も楽しめる親しみやすいマシンです。
今回はVストローム250の格好良さ、走り安さに追求してみます!

Vストローム250のココがイイね!

  1. 250ccらしからぬ大柄な車体が迫力満点で格好いい!
  2. 足つきが良いので安心感が強い!
  3. まったり走行が心地よい

Vストローム250の評価(筆者の主観です)

ルックス ★★★★
取り回し ★★★★★
加速 ★★★★★
走り ★★★★★
燃費 ★★★★★
メンテナンス性 ★★★★★
旅力 ★★★★
Vストローム250:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム250の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム250中古車一覧

全体:アドベンチャーらしい大きな車体から溢れる安定感

250ccの割には大きな車体はとても迫力があります。
いかにもアドベンチャーバイクらしいドッシリした雰囲気に、どんな所でも駆け抜けてくれそうな安心感を覚えます。
最初見たときには「同じジャンルのバイクの中でも大きい方だろうな」なんて思ってましたが、カタログスペックを見てみると国内の同ジャンル車両の中では小柄な方だという事がわかり、とても意外でした。
パッと見のイメージって大事ですね~。

【全長/全幅/全高】
・Vストローム250 → 2,150mm/880mm/1,295mm
・CRF250ラリー → 2,210mm/900mm/1,425mm
・ヴェルシス-X 250 → 2,170mm/860mm/1,390mm

3車種を比較して、マシンのサイズだけ見ればVストロームが一番小柄ですが、車重はVストローム250が一番重たかったです。

【車両重量】
・Vストローム250 → 188kg
・CRF250ラリー → 155kg
・ヴェルシス-X 250 → 175kg

確かに運転していると取り回しに重さを感じることがあり、軽快的な走りという点ではCRF250ラリーなどよりはやや劣っている印象です。

正面から見ても後ろから見てもボリューム感がありますね!
アドベンチャーのワクワクが伝わってきます。

スクリーンはなかなか防風効果の高いスグレモノ。
上半身への走行風を軽減してくれます。快適なツーリングを楽しむためにもスクリーンでの防風というのは非常に重要ですよね!

灯火類:ヘッドライトがめちゃめちゃ明るい!

ヘッドライトの形状が綺麗な丸型で、妙な可愛らしさを感じてしまいました(笑)
ゴツいボディにまん丸ヘッドライトが良いギャップを生み出しているのかもしれません。
しかし、実際に点灯させると凄まじい光量を放ち前方を照らしてくれます。LEDでも無いのにこの明るさには少々驚きました。
これなら夜間の走行も安心です!

テール周りの全体的なモッサリ感は否めませんが、ライトはGSX-250Rなどと同形状でシャープなデザインになっています。LEDライトが装着されているので、後方車へのアピールもバッチリです。
ウインカーのステーは可動域の広いゴム製になっています。
大きめの荷物を沢山リアに乗せるとウインカーに干渉することが度々ありますが、これなら上からの圧を適度に逃してくれて根元から折れてしまうことは無さそうですね!

Vストローム250:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム250の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム250中古車一覧

ハンドルまわり:アップハンがちょうど良いポジショニング

結構高めのアップハンが軽快な操舵性だけでなく楽な乗車姿勢を保たせてくれます。
また、ナックルガード装着でアドベンチャースタイルの格好良さをグッと引き上げてくれます!
飛び石などから手を守ってくれたり、走行風を多少軽減してくれる事が期待できます。

シート:走行していてあまり疲れない快適シートはまさに旅バイク!

凹みの大きいシートは着座姿勢の安定感がとても高いです。そして座っていて楽!
クッション性が高いことと、乗車中もほとんど滑らないのでしっかりお尻をホールドすることができます。
段差等を超えた時の衝撃もあまり強く伝わってこないので、かなり快適に走行できるシートと言えますね。

また、タンデムグリップも兼ね備えたキャリアが標準装備になっているのはさすがアドベンチャーモデルと言ったところでしょうか。
タンデム時のホールド力は非常に高いので、後ろに乗っている人の安心感は抜群ですね。
ただ、キャリア的にサイズがやや小さめかな?という印象を受けますので、直接荷物を乗せてツーリングネットなどで固定するよりは、トップケースを装着するのをオススメします。

もし荷物を直接乗せるのであればキャリア部分ではなくタンデムシートの部分に乗せると良いかもしれません。
座面も広くて安定しますね。キャリアの裏側にはフックがあるので、ツーリングネットなどはこちらに引っ掛けると便利に使えます。
また、サイドケースのアタッチメントもしっかり着いていますので積極的に活用したいところです。

タンク:ホールド力に優れ、容量も十分

燃料タンクは走行時に重要なホールド力が高くてとても良いフィット感です!ニーグリップが楽に決まるのでマシンの操作をしやすいですね。
そして何よりも素晴らしいのが容量!旅マシンとして見逃せない部分ですよね。
しかしご心配なく!Vストローム250の燃料タンクは17Lも入ります。
カタログ燃費が39km/Lですので、単純計算で航続距離はなんと驚きの600kmオーバー!
これだけ入るのに実際はとてもスリムなのでマシンのスマートさを損なうこともありません。
素晴らしいの一言に尽きます。

Vストローム250:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム250の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム250中古車一覧

足回り:スポーティーな走りを生み出す前後のタイヤ

タイヤサイズはそれぞれ
・フロント → 110/80-17M/C 57H
・リア → 140/70-17M/C 66H
と、なっています。

17インチタイヤの生み出す軽快さと安定感はツーリングを楽しむ上で重要なポイントになってくるでしょう。
また、ブレーキング性能にも優れており、しっかりカチッと効いてくれるので走行中の安心感は大きいです。

メーター

私が個人的に気に入っているのはメーターです。
液晶が綺麗で昼夜問わず非常に見やすくなっています。ただ、取り付け位置がもう少し高いと目線をあまり切らずに見れるのかも?と思いました。
表示されている内容はタコメーターや速度計、時計などの標準的なものですが必要十分ですね。
見たいものが見やすく表示されている点は高ポイントです。

イグニッションをONにすると「READY GO」の表示が出て気分を高めてくれます。
「よーし!走るぞ!」って気持ちに自然となりますね!

メーター横には12VのDCソケットが標準装備。
ツーリング時はスマートフォンをナビ代わりで使う際も電池切れを心配する必要がありません。

便利なセンタースタンド付き!

アドベンチャーモデルには珍しく(?)センタースタンドが装着されています。
他社の同ジャンル車両には装着されていませんので、Vストロームならではの良ポイントですね。
チェーン清掃など、メンテナンス関係で何かと役立つ嬉しい装備です。

外観編:まとめ

Vストローム250のいかにもアドベンチャーマシン!というルックスはやはり目を引くものがあります。
ゴツさの中にもスポーティーな印象を受けるフォルムなどはあらゆるライダーに「格好いい!」というイメージを与えます。
パニアケースを装着して旅仕様としてグレードアップしても良し。そのまま乗って軽快なライディングを楽しんでも良しの活躍範囲が非常に広いマシンですね。

Vストローム250:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム250の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム250中古車一覧

<足つき・走行編に続く>

【Vストローム250】
ディテール&試乗インプレッション:足つき、走行編

スタイリングはアドベンチャースタイルで格好良いVストローム250ですが、気になるのは走行性能や足つきですよね。
足つきのあまり良くないイメージのあるアドベンチャーモデルですが、このVストローム250は意外と・・・な結果になってました!
実際に跨って走行しましたのでレビューします!

足つき:

Vストローム250は足つきが非常にいい車両です。同ジャンルの他車とスペックを比較しても一目瞭然。

【シート高】
Vストローム250:800mm
CRF250ラリー:895mm
ヴェルシス-X 250:815mm

このシート高の低さはかなり大きなアドバンテージになります。
他の車両だと足つきが厳しくてアドベンチャーモデルを諦めてしまった方でもこれには嬉しいですね!

身長167cmのスタッフが乗車しましたが、両足のつま先を地面に着けることができるので停車時の心配もありません。
やや車重が重めなので、こうやって足を着けて止まれるのは本当に安心ですね。

180cmの私も乗車しましたが、個人的にはもう少しシート高が高いほうが良いかな、と思ってしまいました。
確かに足つきは良いのですが、逆に窮屈な感じになってしまって停車時はちょっとツラかったです。
ただ、車体の大きさやハンドルの高さは割とちょうど良く感じましたので、上半身の姿勢としては悪くないです。

次にタンデム乗車もしてみました。
シートの座面も広くて非常に座りやすいですね。視界も思ったほど高くならないので怖さはありません。
跨るときもシートが低くて乗りやすいですね。キャリアが掴みやすくて安定感があります。

走り

実際に走行してみると、下道では車両の重さが少し気になりました。
と、言うよりも重めの車体でもグングン走れるだけのパワーをあまり感じることができませんでした。出足の加速はややモッサリしているので、ストップ&ゴーの多い環境では少し気になります。
結構思い切って引っ張らないと加速してくれませんでした。
また、車体をクイックに切り替えして軽快に走行する事もあまり得意ではない印象です。なので、住宅街などの低速で細かい道を走っていく状況では本来の良さを引き出せません。

ただ、中~高速域での走行では抜群の安定感を誇ります。
高速道路に乗って時速80kmでの巡航も全く苦ではありませんし、むしろ高速走行を「待ってました!」と言わんばかりのポテンシャルを発揮します。
エンジンもよく回り、高回転まで回した時の咆哮がライダーのテンションを一層高めてくれます。
しかし、追い越しはあまりスムーズではありませんでしたので、あくまでも一定速度でまったりとした走りをするのに適しているように感じました。
スクリーンの防風性能も高く、ジェットヘルメットで走行しても顔付近へ当たる風はあまり気になりませんでした。
また、走行時の振動もほぼ感じられず、終始安定した快適走行を楽しむことができました。

足つき・走行まとめ

Vストローム250に試乗して感じた事は、とにかくまったり落ち着いたツーリングを楽しむのに最適!でした。
キャリアを装着して沢山の荷物を積み、流れる景色を楽しみながら山道を走らせる。そうして向かった目的地に着いて、積んだ荷物を開放してキャンプを始める・・・。
夜はお酒を飲みながらVストロームを眺めて一日を振り返る。朝はコーヒーを飲みながらこれからの予定を考える。
そんな旅を妄想しながら一人ニヤける私でした。

Vストローム250:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム250の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム250中古車一覧

撮影協力:株式会社スズキ二輪

【あわせて読みたい、関連試乗レビュー】
◆V-STROM250フルパニア 丸山浩の速攻インプレに○か○ちゃんの気配!?

この記事に登録されているタグ

リュウ

リュウ

投稿者の記事一覧

900ccスポーツバイクとカブ110を所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
「足つき写真が参考にならない」とよく言われますが、高身長ならではの悩みもお伝えします!

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る