new

【新型Vストローム650/XT 試乗インプレ】車格、パワー、走破性など全てがちょうど良いサイズで馴染めるアドベンチャーバイク!

【スズキ Vストローム650/XT】
ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編

2017年にモデルチェンジをしたVストローム650/XTはDRシリーズの系統を引き継ぎつつも、より現代的でVストローム1000に近いような作りに生まれ変わりました。
「Solid&Smart」というデザインコンセプトの元、迫力のあるボディサイズではありながらシャープな造形が見える外観はひと目で「格好いい」と思わされます。
今回は通常のVストローム650と、よりアドベンチャー寄りの装備を搭載したVストローム650XTについてインプレします!

※前モデルの試乗インプレはこちら

Vストローム650/XTのココがイイね!

  1. ちょうど良いサイズ感で乗りやすい!
  2. 激しすぎないトルク感が楽しい!
  3. 低速も高速も安定して走行できるので誰にでも馴染める

Vストローム650/XTの評価(筆者の主観です)

ルックス ★★★★
取り回し ★★★★★
加速 ★★★★★
走り ★★★★
足つき性 ★★★★★
ツーリング度 ★★★★
Vストローム650:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム650/XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム650/XTの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム650/XT中古車一覧
Vストローム650XT:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム650/XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム650/XTの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム650/XT中古車一覧

全体:スタイリングはXTの方が格好いい!

650の割に大柄に見える車体は、アドベンチャーバイクならではでしょうか。
それでも前モデルに比べてシャープなイメージになっており、走りもクイックに楽しめそうな雰囲気が漂っています。
ノーマル仕様とXTを比較すると、パッと見で違いは無いように見えますがナックルガードやアンダーカウル、スポークホイールなどが異なります。

スペックを似たような排気量のマシンと比較してみます。
【全長/全幅/全高】(ノーマル/XT共通)
Vストローム650/XT → 2,275mm/910mm/1,405mm
NC750X → 2,230mm/845mm/1,350mm

【車両重量】
Vストローム650/XT → 215kg
NC750X → 218kg

サイズ的には縦にも横にも大きめのVストローム650ですが、車重が意外にも強烈に重いという程ではありませんでした。
押し引きの取り回しも比較的問題なく、スムーズに動かすことができました。

▲Vストローム650:左サイド
▲Vストローム650XT:左サイド
▲Vストローム650:右サイド
▲Vストローム650XT:右サイド
▲Vストローム650:正面
▲Vストローム650XT:正面
▲Vストローム650:後ろ
▲Vストローム650XT:後ろ

ヘッドライト:横2灯から縦2灯に変化

全モデルが横2灯のヘッドライトでしたが、2017年モデルからはVストローム1000と共通の縦2灯に変更されています。
これによってヘッドライト周りの形状がスリムになっており、前モデルと比べて表情がガラッと変わっています。

▲点灯時

テールライト

テールライトはさすが現代バイクらしくLEDが標準装備。
夜間のツーリングでも後続車へ安全にアピールできるとともに、シャープなスタイリングを強調します。

▲点灯時

スクリーン

アドベンチャーバイクらしく高さがあって風防効果の高いスクリーンです。
さらに、三段階で調整できるので、自分の好きな高さにセッティングすると快適性がさらに高まります。
しかし自動で調節するような仕組みではなくネジ止め固定されているので、走行前に予め調節する必要があります。

Vストローム650:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム650/XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム650/XTの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム650/XT中古車一覧
Vストローム650XT:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム650/XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム650/XTの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム650/XT中古車一覧

メーター周り

情報量が非常に多いですが全体的には見やすい印象。
シフトインジケーターと速度表示が大きくて確認しやすいです。
デジタル表示の切り替えはハンドルのスイッチ周りで行えるので、走行中の切り替えも容易です。

またツーリングバイクには嬉しいDCソケットも標準装備!
メーター横に配置されているので、ハンドル周りに固定したスマートフォンなどへのアクセスも問題ありません。

ハンドル周り

Vストローム650XTにはナックルガードが装着されていますが、ノーマル仕様にはありません。
これがあるのと無いのではルックス以外にも実用的な部分でも影響があり、飛び石を防いでくれたり手に当たる走行風を軽減させることができるので快適な走行につながります。

▲Vストローム650
▲Vストローム650XT
▲Vストローム650
▲Vストローム650XT

また、XTだとクラッチレバーの調整がスペース的になかなか難しいです。
ナックルガードがほぼ干渉するので、カバーを外して調節してまたカバーを戻す・・・という流れがスムーズにいきませんでした。

足回り

安定感の高い走りを実現するタイヤは両車共通サイズです。
フロント19インチ、リア17インチの組み合わせで様々な路面の走破性が高くなっています。

▲110/80R19M/C 59H
▲150/70R17M/C 69H

ノーマル仕様はキャストホイールですが、XTはスポークホイールが装着されていることから、よりオフロード寄りに設定されていることがわかります。

サスペンション調節

サスペンションのプリロードを手で調節できるのが非常に楽です!
工具を使わずともタンデム時や荷物を乗せる時などにサッとダイヤルを回せるので便利ですね。

Vストローム650:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム650/XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム650/XTの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム650/XT中古車一覧
Vストローム650XT:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム650/XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム650/XTの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム650/XT中古車一覧

エンジン周り

こちらもノーマル仕様とXTを比較すると、XTの方がアドベンチャーらしいルックスになっています。
アンダーカウル装着によってオフロード走行時のエンジンへのダメージを防ぐ事ができます。
エンジンガードが無いと見た目はすっきりしていますが、少し寂しい印象になります。

高い積載性

フルパニア装備が似合うVストローム650ですが、リアキャリアはスペース的にそこまで広くはないですが剛性感は強いです。
タンデムバーも兼ねているので違和感なく装備されています。
サイドケース装着も計算されてタンデムバーの隙間がかなり広くなっていますので、3箇所にケースを装着しても快適なタンデムは変わらないでしょう。

外観、装備まとめ

全体的に全モデルとは大きく変更したVストローム650/XTはまさにアドベンチャーバイク!というルックスが非常に格好良く、かなり購買意欲をそそられるスタイリングになっています。
性能はまったく一緒になっているので、ノーマルとXTのどちらを購入するかは見た目的な部分だけになりますね。
どちらにしてもシャープで格好いいスタイリングですので、納車したら毎日眺めてしまうこと間違いなしです!!

Vストローム650:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム650/XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム650/XTの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム650/XT中古車一覧
Vストローム650XT:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム650/XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム650/XTの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVストローム650/XT中古車一覧

【スズキ Vストローム650/XT】
ディテール&試乗インプレッション:足つき、走行編

アドベンチャーらしく大柄な車体が魅力的なVストローム650XTですが、実際に跨った際の足つきはどうなのか?
走ってみるとどれだけ楽しいのか?
いつもと違うスタッフがインプレします!

足つき

シート高は835mmと設定されており、まぁまぁ高いけどどうにもならないレベルでは無いという感じです。
実際に2人が跨りました。

【身長165cm】
両足で着地することが難しく、片足をステップに乗せて、もう片方で地面に完全に着地するスタイルが一番安定しました。
停止する時はまず片足をステップから外して止まるクセをつけると良いでしょう。

【身長180cm】
シート高の高さから少し身構えていた私ですが、跨ってみると意外にもベタ足。
個人的にはこれくらいの車格が一番しっくり来ます。

ウェビックスタッフの走行レポート!

続いて、実際に走行してみたインプレですが今回はいつもと違うスタッフが試乗した感想をお届けします。

【溢れるスズキ愛を抑えきれないスタッフA】
一見、かなり大柄に見える車体だが、跨ってみると意外なほどしっくりくるポジション。身長170㎝の自分でも足着きに不安はなく、安心感がある。車重が212㎏しかないことに加えて、ハンドルバーが高いので、バイクの押し引きも軽く感じられた。

エンジンをかけると、想像していたVツインの鼓動感とは違う滑らかで安定したアイドリングから、ローRPMアシストの助けもあって実に滑らかに発進する。
2気筒のエンジンというと、低速でギクシャクしやすい感覚があるので、クラッチワークに気を使いそうだが、Vストローム650はそんな気配はみじんも感じさせない。
スズキのローRPMアシストは、最近のスズキのビックバイクに標準装備されている機構だが、ユーザーフレンドリーな素晴らしいシステムだと思う。

乗り出してすぐに感じたのは、それなりに大柄なフロントタイヤ19インチのアドベンチャーバイクとは思えないほどに小回りが良く利くこと。
スペックを見るとハンドル切れ角が最大40度、最小回転半径が2.7m。教習車でお馴染みのCB400SFの最小回転半径が2.6mということを想像してもらえると、V-STROM650の扱いやすさがイメージしやすいだろう。
前述のローRPMアシストと小回りが利く車体で、Uターンや狭い路地の右左折も全く不安なく乗れるのは、あらゆるシチュエーションで大きなメリットだと思う。Uターンが苦手な初心者や女性にもおススメだ。

エンジンは低回転から高回転まで、非常に滑らかだが十分に力強い。低回転域での粘りと扱いやすさは、ツインのエンジンに乗っていることを忘れてしまうほど。また、ミドルサイズのエンジンなので、回して走る楽しさも味わえる。

大柄な車体だが、車重はそこまで重くないので、コーナリングもヒラリヒラリと曲がっていく印象。フロントが19インチのためか、適度に余裕のある舵角のつき方も、ツーリングバイクにはうってつけだろう。
トラコンはOFF リアサスペンションは油圧式のプリロード調整機構を備えているので、ダイヤルで簡単に調整可能。タンデムツーリングの際にもすぐに調整できる。フロントサスペンションの調整機構がないのが唯一残念なポイント。

また、V-STROM650の価格は税抜き¥840,000(XTが¥880,000)と、実に魅力的な価格設定だ。

総括すると、V-STROM650は初心者や女性にも優しく、大柄なアドベンチャーバイクはちょっと、と敬遠していたユーザーにピッタリの1台だ。何よりも、この扱いやすさはツーリング先での色々なシチュエーションで、ライダーに安心を与えてくれるだろう。

【1年ぶりの公道走行!スタッフB】

走行性能は、結論から言うと大きな不満がない。
街乗り、細かい裏路地、渋滞、コーナーなど、あらゆるシチュエーションにおいて欠点が見当たらない。
加速、減速、コーナリング、車線変更などにおいて、ライダーが思い描く"予想通りの動き"を与えてくれた。
走行中に車体の重さ(装備重量:212kg)を感じることは全くなく、むしろモタードのような感覚でひらりひらりと乗り回すことができてしまう。
次の車線変更や交差点が待ち遠しくなるほどだ。

左右がえぐれたタンクは、膝が吸い込まれるように収まっていく。意識せずに自然とニーグリップができてしまうためか、どの姿勢でも安心感があった。
縁の下でこの安心感を支えてくれていたのが、「ローRPMアシスト」だ。
ストップ&ゴーを繰り替えす渋滞、住宅街で連続する一時停止、そしてUターン時などに、エンジンの"回転落ち"が緩和される=とてもエンストしにくい。

試乗する前は、ベテランライダー向けのクセのある大型バイクであろうという先入観があったのだが、これならリターンライダーも満足させてくれるし、バイク初心者や初めての大型バイクとしても胸を張ってオススメできる。

また、ハンドルとシートのバランスが高い次元でとれており、乗車姿勢が非常にリラックスできる。
車体重量の配分が優れているのか、信号や一時停止で停車する際に200kg以上あるはずの車重を感じさせない。
シートも細めなので、足つき性も悪くない。そして「ローRPMアシスト」の効果も大きく、都会の大渋滞にハマっても大きな疲れはなかった。

取り回しに関しては、力をかけやすい位置にハンドルがあり、大きな不安は無い。
他のバイクの取り回しと同様に、車体に腰を添えるように押し引きするとさらに楽で安定する。
車体は大柄ではあるが、中型ネイキッドの取り回しと同等と言っても過言ではない。

走行編まとめ

如何でしたか?
ウェビックスタッフのベテランライダーを満足させるVストローム650はかなり乗りやすいバイクになっています。
ちなみに私も650は実際に走行して、その扱いやすさやちょうど良い加速感の虜になりました。
これなら街乗りもツーリングしっかり楽しめそうと感じました。
是非Vストローム650でアドベンチャーを堪能してください!

撮影協力:株式会社スズキ二輪

スズキ Vストローム650の価格情報

スズキ Vストローム650

スズキ Vストローム650

新車  138

価格種別

中古車  22

本体

価格帯 63.69~92.4 万円

88.2 万円

諸費用

価格帯 4.7~9.1 万円

2.16 万円

本体価格

諸費用

本体

55.31 万円

価格帯 40.53~75.99 万円

諸費用

13.75 万円

価格帯 6.42~11.32 万円


乗り出し価格

価格帯 72.8~97.1 万円

90.36 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

69.06 万円

価格帯 51.86~82.41 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ Vストローム650XTの価格情報

スズキ Vストローム650XT

スズキ Vストローム650XT

新車  136

価格種別

中古車  3

本体

価格帯 68.8~96.8 万円

92.89 万円

諸費用

価格帯 1.15~6 万円

1.7 万円

本体価格

諸費用

本体

67.61 万円

価格帯 54.45~82.39 万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 74.8~97.95 万円

94.59 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

65.07 万円

価格帯 58.82~71.32 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

リュウ

リュウ

投稿者プロフィール

【身長】
180cm
【バイクの所有歴】
バリオス2→ZX-9R(1998)→スーパーカブ110(2014)→Z900(2019)
好きなバイクは90年代に多い。
【主なバイクの楽しみ方】
ツーリング行ったりサーキットに行ったり。通勤も楽しんじゃう♪
見るのも好き。もう全部好きなんだ。
【免許、ライセンス】
普通自動車、大型自動二輪、英検準2級、漢検3級、グミ愛好家
【特技】
枕に頭をつけてから寝るまでめっちゃ早い

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る