new

【スズキ 隼(ハヤブサ) 試乗インプレ】最速であり続けるモンスターの本性に迫る!

【スズキ ハヤブサ】
ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編

「ハヤブサ」と聞いて知らない人はいないかと思えるくらいの知名度と存在感を誇るマシン。
登場してからこれまでで、ライダーに与えた衝撃は数知れず。レジェンドバイクの域に達しているのではないでしょうか。
1300ccという排気量を積んだモンスターマシンは今なお熟成され、進化を続けています。
その実態について普通のライダー目線でインプレ!

ハヤブサのココがイイね!

  1. ド迫力のスタイリングから放たれるオーラが凄い
  2. オーナーの所有欲を満たすルックスと性能
  3. 乗るとわかる扱いやすさ

ハヤブサの評価(筆者の主観です)

ルックス ★★★★
取り回し ★★★★★
加速 ★★★★★
走り ★★★★
高速性能 ★★★★★
所有欲 ★★★★
気軽さ ★★★★
ハヤブサ:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
ハヤブサのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ハヤブサの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのハヤブサ中古車一覧

全体

滑らかな曲線美を描くボディデザインには他車には無いオーラが漂っています。
最近のスーパースポーツの様な尖った印象は無いのにこの雰囲気はハヤブサにしか出せないのではないでしょうか。
メガスポーツという表現がピッタリのバイクです。
1999年の初登場からほぼ変わっていない、ハヤブサの特徴ともいえる独特なフロントフェイス。
それ故に、一目見れば「あ!ハヤブサ!」と気付くことができるのもハヤブサの存在感の高さに繋がっているでしょう。
カウルサイドに大きく書かれた【隼】の文字も歴代変わらぬ部分であります。
サイレンサー2本出しはいつ見ても迫力ありますね。

車両サイズを他車と比較してみます。
【全長/全幅/全高】
・ハヤブサ → 2,190mm/735mm/1,165mm
・ZX-14R → 2,170mm/780mm,1,170mm

カワサキの戦艦ZX-14Rと比較するとさほど車両サイズに違いはありませんが、ハヤブサの方がスリムです。
でも実車を見ると、あまりわかりません(笑)

【車両重量】
・ハヤブサ → 266kg
・ZX-14R → 269kg

重量に関しては14Rよりは3kg軽いものの、やっぱり重たいです(笑)
取り回しも楽ではないですし、駐車場から出すのは慣れるまで時間が掛かりそうです。

なんと言ってもこの顔です。これがハヤブサなんです。
丸っこいフォルムからは想像もできない程のパワーを発揮するというギャップがたまらないですね。

灯火類

ヘッドライトは縦型2灯の形状で従来と変わらず。
何とも特徴的なフロントマスクが好みの方は多いのではないでしょうか?
ウインカーはカウル内蔵でフォルムを崩しません。

また、ライトはローは上だけ点灯でハイビームにすると上下共に点灯します。

▲ロービーム
▲ハイビーム

テールライトはLED採用されておりシャープな後ろ姿を演出します。
左右に配置されたウインカーもハヤブサらしい独特のデザインになっています。

ハヤブサ:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
ハヤブサのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ハヤブサの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのハヤブサ中古車一覧

足回り

リミッターである180kmまであっという間にたどり着くことのできるパワーを持っているだけに、足回りは高性能になっています。
ABS搭載は当然として、フロントブレーキにはbremboのラジアルマウントキャリパーが標準装備。
安心と信頼の制動力でライダーの快適な走行をサポートしてくれます。
フロントフォークは自分好みに調整が可能。細かなセッティングをすることでスムーズな走りを手に入れたいところです。

また、リアタイヤは迫力の190サイズ!!と言いたいところですが車体が大きいのであまりタイヤの太さを感じません。

▲120/70ZR17M/C(58W)
▲190/50ZR17M/C(73W)

タンデム&荷掛け

座り心地の良いタンデムシートとタンデムバーによって、タンデム走行も快適です。
後ろの人が快適なのはもちろん、ハヤブサクラスになると後ろに人が乗っていようが加速性能にさほど影響は無さそうなので、運転する側としてもいつも通りスムーズに走れそうですね。
タンデムステップがラバー素材なのも乗車時の安定感に繋がっています。
なお、逆輸入車はタンデムシートではなく、シングルシートカウルが装着されています。

また、荷掛けフックが4ヶ所あるので、シートに荷物を乗せた状態でツーリングネットなども掛けやすいです。
パニアケースを装着しても似合いそうですね♪

ハヤブサ:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
ハヤブサのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ハヤブサの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのハヤブサ中古車一覧

旅に便利な装備

今やロングツーリングに欠かせない装備になってきているETCが標準装備されています。
タンデムシートを外すと車載器が取り付けられているのでカードの出し入れもとっても簡単!

メーター

ハヤブサのこの5連メーターは戦闘機を思わせるデザインで非常に格好いいです。
コンパクトで様々な情報を1つのデジタルメーターにまとめる車両が多い中、「ハヤブサらしさ」全開のメーターはライダーの心をグッと掴みます。
エンジン回転インジケーターランプは任意の回転数で点灯(点滅)するように設定が可能です。

高速走行をサポートする機能

ハヤブサにはスズキドライブモードセレクター(S-DMS)が搭載されています。
走行モードを3つ選択することで、高速域はもちろん街中のゆったりした走りも違和感なく走行することが可能です。
これらは全て右ハンドルスイッチにて切り替えが可能なので、信号待ちの時にサッとボタンを押してモード選択ができます。

また、選択中のモードに関してはメーター中央デジタルパネルのシフトインジケーター横に表示されます。

外観まとめ

記事を書きながら、「もはやハヤブサに言葉はいらないのではなかろうか」と思ってしまうほど完成されたデザインはやはり格好良く、迫力のあるものでした。
頭からお尻まで「らしさ」全開のデザインはオーナーの心を掴んで離さないのでは無いでしょうか。
それでいて160万円台という価格帯も非常に魅力的。
所有欲は間違いなく満たされますし、長く付き合えるマシンなのは確かです。
「性能がどうであれ、見た目で惚れたから買う!」が”アリ”な1台です。

ハヤブサ:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
ハヤブサのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ハヤブサの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのハヤブサ中古車一覧

【スズキ ハヤブサ】
ディテール&試乗インプレッション:走行編

見た目だけでも色々満たされそうなハヤブサですが、実際に走行してみるとどうなのか?
一般道と高速の両方で走行したインプレをお届けします。

【一般道】
走り出すまではそのルックスと、過去に聞いていた噂から「とにかくパワーが有り余って、下道では楽しくない」というイメージが出来上がっていました。
しかし、実際に走ってみるとそのイメージが間違いであったと気付かされました。
低~中速域でのコントロール性も非常に高くて乗りやすい!というのが第一印象です。
取り回しの時に感じた車両の重さもあまり感じず、比較的軽快な走りを楽しませてくれます。
信号の多い街中でもさほどストレス無く走れたのはかなり高ポイントでした。渋滞などのトロトロした動きの中にいてもあまり苦にならず、半クラのみでスルスル進んでいけるのは流石でした。
正直なところ気持ちの片隅には「アクセル開けたい!」がありましたが、それを制御できたのも低速での快適性があったからだと思います。
走り出しの力強さや加速に関してはもはや説明不要ですね。パワー不足ということは全くありません。

【高速道】
次に高速道路を走行したインプレになりますが、正直な感想として「高速道でも持て余すパワーだな」と思いました(笑)
ちょっとアクセル開け気味にしただけであっという間にスピードメーターは跳ね上がっていきますし、「もっと開けろ!」というマシンの叫びが聞こえるような気がしました。
そして何と言っても高速走行時の安定感は抜群ですね!80km出しても体感はその半分くらいの速度に感じてしまったので、きちんとメーターを確認しながら走行しないと色々と危険です・・・。
更にプラスポイントとして、カウル構造の影響か足元への走行風がほとんどありませんでした。
体に当たる風が少ないだけで走行時の疲労感が大幅に軽減されるので、ツーリングに大活躍間違い無しでしょう。
ポジション的にもあまりキツくなく、大柄なマシンということもあって窮屈感はありません。
体にもマシンにも常に余裕を持って走行できるのは非常に大きなメリットになりますね。

走行編まとめ

いい意味でイメージを崩してくれたハヤブサですが、街中を乗っていて楽かと言われたらそうではありません。
もちろん高速走行の方が本来の性能を発揮して楽に走れるのは間違いないのですが、低速で苦しさを感じないのは「乗りやすい」という印象に繋がりました。
車体の大きさから身構えてしまいそうですが、あまり乗り手を選ばないマシンなのかなと感じることができました。
この快適性はクセになりそうです!!

☆ハヤブサが試乗できるショップはコチラ☆

撮影協力:株式会社スズキ二輪

スズキ GSX1300R ハヤブサ(隼) の新車・中古バイク価格情報 の新着車両

スズキ GSX1300R ハヤブサ(隼)の価格情報

  本体価格 (税込) 諸費用 (税込) 乗り出し価格 (税込)

国内
(新車)

131台

全国平均:151.57万円

価格帯: 127.7~177.12万円

全国平均:7.8万円

価格帯: 2.4~15.1万円

全国平均:151.93万円

最安:137.7万円、 最高:190.2万円

国内
(中古)

55台

全国平均:89.2万円

価格帯: 35.75~139万円

全国平均:8.09万円

価格帯: 4~11.24万円

全国平均:101.53万円

最安:46.99万円、 最高:136.79万円

逆車
(新車)

90台

全国平均:154.2万円

価格帯: 137.16~339.76万円

全国平均:13.61万円

価格帯: 0.01~18.98万円

全国平均:167.82万円

最安:155.57万円、 最高:352.6万円

逆車
(中古車)

80台

全国平均:85.3万円

価格帯: 37.63~320万円

全国平均:8.76万円

価格帯: 4~14.74万円

全国平均:93.4万円

最安:46.8万円、 最高:328万円

この記事に登録されているタグ

リュウ

リュウ

投稿者プロフィール

900ccスポーツバイクとカブ110を所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
色々なバイクを楽しんで乗っている反面、欲しいバイクが次々と生まれてしまうのが最近の悩み。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る