new

【アプリリア RX125(2018)試乗インプレ】本格的なスタイリングながら扱いやすい性能でビギナーにオススメ!

【アプリリア RX125(2018)】
ディテール&試乗インプレッション

アプリリアの125ccフルサイズオフロードバイクに初試乗!
小排気量でもガッツリ遊べるマシンになっているのか!?公道で走るとどんな感じ?
普段からオフロードで楽しんでいるウェビックスタッフが試乗しました!

RX125のココがイイね!

  1. エンデュランサーさながらの本格的なスタイリング
  2. ビギナーでも自走で手軽にオフロードにチャレンジできる
  3. 安心のABSで積極的に前後ブレーキを使える

迫力のあるフルサイズオフロード!

排気量が125ccですが、フルサイズなのでマシンサイズは普通のオフロードバイクと比べてもほぼ同等です。
残念ながら車両サイズに関しては公表されていませんが、ひと目見ただけで何となくハードルの高さを感じてしまいます。

RX125の足つきは・・・ちょっと厳しい

タイヤサイズは、フロント21インチ、リア18インチでフルサイズのエンデュランサーと同じ。シート高に関しても同様で、125ccにしては高い。当然足つき性はあまり良くないので、乗り降りや信号待ちなどでは気を使うでしょう。

【シート高】

・905mm

身長180cmのスタッフが跨ってみましたが、他のバイクのような余裕の足つきではありません。
両足の踵がちょい浮きくらいなので、一般的に足つきが良いとは言えないでしょう。
公道で使用する際は止まる時の姿勢に注意が必要です。

▲体重が軽いので、そこまで沈みませんでした

灯火類

ヘッドライト、テールライト共に小ぶりなライトが採用されており、必要最低限の装備が備わっている印象です。
本格的なオフロードバイクがそのまま公道を走れるようにされたデザインが格好良いですね。

▲ヘッドライト:バルブ
▲テールライト:LED

メーター

メーターは小ぶりでシンプルなデジタルメーターが装着されています。
オド、トリップ、時計、電圧計などが表示されています。
ちょっと見づらいかな、という印象でした。

ハンドル周り

オフロードバイクにしてはハンドル幅がやや狭い印象です。
公道走行はしやすいですが、もう少し幅広のハンドルに交換すると、タイトコーナーやオフロード走行での扱いやすさが向上すると思います。

スイッチ類に関しては特殊なギミックも無くシンプルな配置になっています。

ステップ

ノーマルステップのワイド具合がちょうど良い感じです。
オンロードとオフロードのどちらでも乗りやすいように考えられているのでしょう。

アンダーガード

樹脂製のアンダーガードが装着されており、公道はもちろんオフロード走行でも安心の装備になっています。

シート

座面はフラットで前後移動しやすく、オフロード走行時に扱いやすくなっています。

特徴的なのがシート後方の作りです。
シート下に鉄パイプを2本這わせており、向こう側が貫通して見えます。
オフロードでは、リアタイヤがスタックしてしまったり、難所から脱出する際などに降車状態でリア側を持ち上げるシチュエーションがあります。その際に、このパイプを持ち手として掴みやすいようになっています。

シートを外してみると、パイプの間からエアクリーナーBOX上部まで空洞になっていました。
マディでの転倒や、洗車時には、中まで水や汚れやが入りやすいので注意が必要ですね。

RX125の価格、維持費は?

RX125の新車価格は税込みで
¥398,000
となっています。
125ccのバイクとしてはちょっとお高めですね。

維持費に関しては普通の原付二種クラスと変わりません。
・重量税:¥0
・軽自動車税:¥2,400
(2018年4月時点)

RX125の走行性能は?

実際に普段オフロードバイクを楽しんでいるウェビックスタッフが試乗した際の感想をお届けします。

水冷単気筒DOHC4ストロークの125ccエンジンは、ボア58mm/ストローク47mmで、パワーの出方が穏やかでした。
景色を眺めながらゆったりライディングを楽しみたいライダーや、オフロードバイクに慣れていない人にもオススメしたい1台です。

フルサイズな上にシート素材もしっかりしているために足つきが良いとは言えません。
しかし、上り坂の信号待ちや一時停止など、発進したらすぐに曲がらなければならないような「よくある不安なシチュエーション」でも、RX125のエンジンは非常に懐が深くコントロールもしやすかったです。
気をつけたいのは、125ccなので高速道路をはじめとした自動車専用道路を走行できないこと。
遠方の林道などに行く際は移動に少し苦労しそうです。

オフロード走行で頻繁に使用する「スタンディングポジション」については、あまりの乗りやすさに非常に驚きました。
国産のトレールバイク(公道走行可能なオフロードバイク)は、シッティングポジションでの操作性に重きを置いており、スタンディングでの乗車姿勢がやや取りにくい傾向にあります。
それに比べてRX125は、ほぼエンデュランサーと同じようなスタンディングポジションを取ることができました。
スリムな車体と、ネック+ハンドル+ステップの位置関係によって実現されているポジションだと思います。

この辺りに「本格的なオフロードスタイリングにこだわった」というメーカーの本気度合いを感じることができました。

なお、純正ミラーのままでスタンディングすると、ミラーが腕に当たるなどの危険が伴います。ダート走行時は小型のオフロードミラーに変更する、クローズドコースではミラーを外すと良いと思います。

今回はオフロードでの走行ができませんでしたが、機会があればRX125の本気を出せるオフロードでの走行性能も試してみたいです。

アプリリア RX125 の新車・中古バイク価格情報 の新着車両

アプリリア RX125の価格情報

  本体価格 (税込) 諸費用 (税込) 乗り出し価格 (税込)

新車

4台

全国平均:39.8万円

価格帯: 39.8万円

全国平均:4.7万円

価格帯: 3.34~6.58万円

全国平均:44.5万円

最安:43.14万円、 最高:46.38万円

この記事に登録されているタグ

ウェビックバイク選びスタッフ

投稿者プロフィール

新車インプレからジャンル別の比較記事など、バイク選びの参考になるような記事をお届けします!

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る