new

【ビッグアドベンチャーバイク 比較インプレ】高い走破性でどこまでも楽しく進める最高の相棒!

【ビッグアドベンチャーバイク 比較インプレ】
ディテール&試乗インプレッション

高速走行中も抜群の安定感を誇り、時として現れる荒れた路面すらも物ともせず走りきれる走破性を持つのがアドベンチャーバイクです。
最近では250ccアドベンチャーバイクもちょうど良い扱いやすさなどで人気ですが、今回はビッグアドベンチャーバイクを特集!
旅をするために生まれてきたと言っても過言ではないこのジャンル。ぜひ一度は体感しておきたいですね。

ホンダ VFR800X

VFR800X:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
VFR800Xのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
VFR800Xの新車・中古車一覧を見る

ホンダ CRF1000Lアフリカツイン

CRF1000Lアフリカツイン:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
CRF1000Lアフリカツインのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
CRF1000Lアフリカツインの新車一覧を見る

スズキ Vストローム650/XT

Vストローム650:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム650のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム650の新車一覧を見る
Vストローム650XT:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム650XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム650XTの新車一覧を見る

スズキ Vストローム1000/XT

Vストローム1000:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム1000のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム1000の新車一覧を見る
Vストローム1000XT:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Vストローム1000XTのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Vストローム1000XTの新車一覧を見る

車両サイズを比較!

アドベンチャーバイクと言えば、「車両サイズが大きい!」「重い!」という印象の方が多いと思います。
その通りです。
車体の大きさはひと目見ると「マジかよ・・・」みたいになる事が多いですね。
実際に数値で比較してみましょう!

【全長/全幅/全高】

・VFR800X:2,190mm/870mm/1,385mm
・CRF1000Lアフリカツイン:2,330mm/930mm/1,475mm
・Vストローム650:2,275mm/910mm/1,405mm
・Vストローム1000:2,280mm/930mm/1,470mm

うーん・・・やっぱり250ccクラスとは違いますね。アフリカツインがもっともビッグです。

【車両重量】

・VFR800X:246kg
・CRF1000Lアフリカツイン:230kg
・Vストローム650:215kg
・Vストローム1000:233kg

こうしてみると、重量に関してはそこまでビックリする重さじゃないんですよね。
軽くもないんですが、前回特集した隼とかの方がよっぽど重たいですね。
だからといって取り回しが楽になるわけでもないので、押し引きは普通に大変です。

▲VFR800X:246kg
▲CRF1000Lアフリカツイン:230kg
▲Vストローム650:215kg
▲Vストローム1000:233kg

シート高と足つき性を比較

アドベンチャーバイクの鬼門の1つとして挙げられるのが、シート高でしょう。
お世辞にも低いとはいえないシート高には、跨ることを躊躇してしまいそうになります。

【シート高を比較】

・VFR800X:835mm(ローポジション:815mm)
・CRF1000Lアフリカツイン:870mm(ローポジション:850)
・Vストローム650:835mm
・Vストローム1000:850mm

ご覧の通り、確かにシート高は高いんですがローポジションも設定できるので多少は楽にすることができそうです。
20mm下がると足つき性への影響も結構大きいですね!

【足つき】をチェック!

▲VFR800X:シート高835mm(スタッフ身長167cm)
▲VFR800X:シート高835mm(スタッフ身長180cm)

▲アフリカツイン:シート高870mm(スタッフ身長180cm)

▲Vストローム650:シート高835mm(スタッフ身長165cm)
▲Vストローム650:シート高835mm(スタッフ身長180cm)
▲Vストローム1000:シート高850mm(スタッフ身長165cm)
▲Vストローム1000:シート高850mm(スタッフ身長180cm)

灯火類を比較!

夜間走行時の安全性や見た目の格好良さを左右する灯火類について比較してみます。
LEDとか着いてると、夜間でも関係なく出かけたくなりますよね。むしろ夜間だから出かけたくなるのかも!?

【ヘッドライト】を比較

・VFR800X:LED
・CRF1000Lアフリカツイン:LED
・Vストローム650:バルブ
・Vストローム1000:バルブ

▲VFR800X:LED
▲CRF1000Lアフリカツイン:LED
▲Vストローム650:バルブ
▲Vストローム1000:バルブ

【テールライト】を比較

・VFR800X:LED
・CRF1000Lアフリカツイン:LED
・Vストローム650:LED
・Vストローム1000:LED

今回紹介した4車種すべてLEDテールライトの装着となっていました!
後方からの視認性はバッチリなので、後続車はアナタの存在を認識せざるを得ません。

▲VFR800X:LED
▲CRF1000Lアフリカツイン:LED
▲Vストローム650:LED
▲Vストローム1000:LED

「見やすい・情報量多い」フルに活用できるメーター

続いてメーター周りのデザイン、機能について比較します。
今回紹介した4車種に通じているのはどれもメーターに表示される情報量が豊富ということ。
長距離ツーリングなどで使用する上で、メーターから得られる情報って非常に重要ですよね。
そういう点ではどれを選んでも必要な情報はほとんど得られるでしょう。

Vストローム650と1000のメーターは共通です。

・VFR800X:デジタルメーター
・CRF1000Lアフリカツイン:デジタルメーター
・Vストローム650:ほぼデジタルメーター
・Vストローム1000:ほぼデジタルメーター

▲VFR800X
▲CRF1000Lアフリカツイン
▲Vストローム650/1000:昼
▲Vストローム650/1000:夜

ハンドル周りのスイッチ類をチェック

色々と操作できる部分が多いジャンルのバイクですが、基本的には手元のスイッチ類で操作を行うことが多いですね。
走行中に色々切り替えができるのは便利ですが、基本的には停止中の操作をオススメします!

【VFR800X】

トラクションコントロールの選択と、グリップヒーターのON・OFF操作が可能です。
割とシンプルな配置で、何となくで操作はできてしまいます。

【CRF1000Lアフリカツイン】

モード選択やトラクションコントロールの設定、グリップヒーターのON・OFF操作が可能です。
ボタン多すぎて初見では結構迷います。しばらくはボタンと画面とのにらめっこです。

【Vストローム650/1000】
※スイッチ類は共通です。

トラクションコントロールの設定が可能です。
操作はシンプルで簡単。

快適なツーリングには欠かせない防風性能!

と、言うことでスクリーンのチェックをしてみます。
もともと大きなスクリーンを装着していることの多いアドベンチャーバイクですが、高さ調節が可能な車種も!
「標準だとイマイチ効果を感じないな」という方にとっても純正のままで色々試せるのは嬉しい限りですよね!

【VFR800X】

VFR800Xのスクリーンは高さ調節が可能です。
MAXの状態にすると結構高さが出て防風性能が上がりますよ!

【CRF1000Lアフリカツイン】

アフリカツインは残念ながら高さの調節はできませんが、純正でかなり大型なので防風性能はそこそこ高いです。

【Vストローム650/1000】

Vストロームのスクリーンに関してはこの中では少し小さめかな?という印象ですが、実際に走ってみると普通に効果を感じます。
また、ボルトを外せば高さの調節が可能です。やったね!

標準装備で嬉しいオプション!

続いて、各車両で標準装備になっている様々な機能や装備をチェックしてみます。
走行中にスマホなどが充電できる電源ソケットなどは既に必須装備になっているので、初めから装着されていると嬉しいですね。

【VFR800X】

▲スマホの充電も安心!
▲高速道路も安心!

電源ソケットやETCの標準装備に加え、ウインカーオートキャンセラーやクイックシフターまで装備!
ツーリング中は景色を楽しむ余裕が増えそうですね♪

【CRF1000Lアフリカツイン】

▲ハンドガード装着!
▲高速道路もサックサク♪

【Vストローム650】

※Vストローム650XTにはハンドガードとアンダーガードが装着されます。

▲Vストローム650XT:ハンドガード
▲Vストローム650XT:アンダーガード

【Vストローム1000/XT】

Vストローム1000にも電源ソケットは標準装備です。
また、Vストローム1000はXTでなくてもハンドガードとアンダーガードは標準装備になっています。

▲標準で
▲付いてます!

足回りの装備をチェック

続いて、足回りの装備について比較してみます。

アフリカツインはフロント21インチにリア18インチの組み合わせでオフロードなセッティングです。
VFR800Xは前後17インチでオンロード寄りな印象。

【VFR800X】
120/70ZR17M/C(58W / 180/55ZR17M/C(73W)

▲【フロント】120/70ZR17M/C(58W)
▲【リア】180/55ZR17M/C(73W)

【CRF1000Lアフリカツイン】
90/90-21 M/C 54H(チューブタイプ) / 150/70R18 M/C 70H(チューブタイプ)

▲【フロント】90/90-21 M/C 54H(チューブタイプ)
▲【リア】150/70R18 M/C 70H(チューブタイプ)

【Vストローム650/1000】
110/80R19M/C 59V / 150/70R17M/C 69V


※650と1000でサイズは共通です。

▲【フロント】110/80R19M/C 59V
▲【リア】150/70R17M/C 69V

Vストローム650も1000もXTにはスポークホイールが装着されています(サイズは変わりません)

タンク容量から航続距離を計算してみる

さて、いかにも「ロングツーリングもお任せ!」な雰囲気のあるバイク達ですが、実際にどれくらい走行できるのか?
カタログ値ではありますが比較してみます。

【燃料タンク容量】
・VFR800X:20L
・CRF1000Lアフリカツイン:18L
・Vストローム650:20L
・Vストローム1000:20L

思ったほど多くないな・・・?というのが正直な印象です。
まぁ20Lもあれば十分なんですけどね・・・。

【燃費(カタログ値)】※WMTCモード値(クラス)
・VFR800X:19.2km/L(クラス 3-2)
・CRF1000Lアフリカツイン:21.1km/L(クラス 3-2)
・Vストローム650:24.2km/L(クラス 3-2)
・Vストローム1000:20.5km/L(クラス 3-2)

意外とどれも燃費が良い!
Vストローム650なんかは単純計算で500km弱も走れる計算になります。
ただただ、凄い。

各車両の新車・中古価格は?

まぁ、これだけの性能と機能を備えているので、新車は決して「安い」とは言えないんですよね。。。
購入を考えている場合は中古車両も検討してみては如何でしょうか。

車両本体価格(税込み)

・VFR800X:¥1,436,000
・CRF1000Lアフリカツイン:¥1,382,400(CRFカラーとトリコロール:¥1,414,800)
・Vストローム650:¥950,400
・Vストローム1000:¥1,447,200

中古価格相場(ウェビックバイク選び掲載データ)

・VFR800X:¥857,000
・CRF1000Lアフリカツイン:¥1,097,800
・Vストローム650:¥784,000
・Vストローム1000:¥855,800

まとめ

ここまで読んでいただいた方は恐らくアドベンチャーバイクが気になってしまっているハズ。
シート高の高さなど、ちょっとハードルの高さは感じますが所有した時の満足はとても大きいでしょう!
長距離の移動もこれまでとは比べ物にならないほど楽になること間違いなしなアドベンチャーバイクはオススメです!

ホンダ VFR800Xクロスランナー の新車・中古バイク価格情報 の新着車両

ホンダ VFR800Xクロスランナーの価格情報

  本体価格 (税込) 諸費用 (税込) 乗り出し価格 (税込)

国内
(新車)

4台

全国平均:136.38万円

価格帯: 115.99~143.64万円

全国平均:8.16万円

価格帯: 8.16万円

全国平均:124.15万円 (前月比27.1万円)

最安:124.15万円、 最高:124.15万円

国内
(中古)

8台

全国平均:79.74万円

価格帯: 59.9~118.85万円

全国平均:9.19万円

価格帯: 6.58~10.21万円

全国平均:84.29万円

最安:69.59万円、 最高:114.58万円

逆車
(新車)

1台

全国平均:67.9万円

価格帯: 67.9万円

全国平均:15.3万円

価格帯: 15.3万円

全国平均:83.2万円

最安:83.2万円、 最高:83.2万円

逆車
(中古車)

2台

全国平均:58.99万円

価格帯: 52.99~64.99万円

全国平均:8.5万円

価格帯: 7~10.01万円

全国平均:67.49万円

最安:59.99万円、 最高:75万円

ホンダ CRF1000L アフリカツイン の新車・中古バイク価格情報 の新着車両

ホンダ CRF1000L アフリカツインの価格情報

  本体価格 (税込) 諸費用 (税込) 乗り出し価格 (税込)

新車

25台

全国平均:123.49万円

価格帯: 107.7~149.04万円

全国平均:8.64万円

価格帯: 5.83~10.6万円

全国平均:122.95万円

最安:115.2万円、 最高:146.42万円

中古車

13台

全国平均:108.97万円

価格帯: 94.05~127.22万円

全国平均:7.09万円

価格帯: 4.59~9.91万円

全国平均:116.1万円

最安:99.99万円、 最高:134.5万円

スズキ Vストローム650 の新車・中古バイク価格情報 の新着車両

スズキ Vストローム650の価格情報

  本体価格 (税込) 諸費用 (税込) 乗り出し価格 (税込)

国内
(新車)

281台

全国平均:79.38万円

価格帯: 69.02~90.72万円

全国平均:6.82万円

価格帯: 2.22~12.1万円

全国平均:84.84万円

最安:76.31万円、 最高:99.23万円

国内
(中古)

18台

全国平均:54.22万円

価格帯: 34.9~79.92万円

全国平均:6.99万円

価格帯: 3.78~10.29万円

全国平均:62.06万円

最安:41.9万円、 最高:84.24万円

逆車
(新車)

3台

全国平均:100.8万円

価格帯: 100.8万円

全国平均:14.8万円

価格帯: 14.8万円

全国平均:115.6万円

最安:115.6万円、 最高:115.6万円

逆車
(中古車)

6台

全国平均:49.55万円

価格帯: 44.7~56.9万円

全国平均:8.45万円

価格帯: 5.78~10万円

全国平均:58万円

最安:52.7万円、 最高:62.68万円

スズキ Vストローム650XT の新車・中古バイク価格情報 の新着車両

スズキ Vストローム650XTの価格情報

  本体価格 (税込) 諸費用 (税込) 乗り出し価格 (税込)

新車

278台

全国平均:83.23万円

価格帯: 68.38~95.04万円

全国平均:6.89万円

価格帯: 2.22~12.1万円

全国平均:88.84万円 (前月比0.68万円)

最安:74.3万円、 最高:103.55万円

中古車

1台

全国平均:83.63万円

価格帯: 59.8~116.8万円

全国平均:9.69万円

価格帯: 9.69万円

全国平均:69.49万円

最安:69.49万円、 最高:69.49万円

スズキ Vストローム1000 の新車・中古バイク価格情報 の新着車両

スズキ Vストローム1000の価格情報

  本体価格 (税込) 諸費用 (税込) 乗り出し価格 (税込)

新車

360台

全国平均:123.69万円

価格帯: 84.9~142.5万円

全国平均:6.54万円

価格帯: ~11.05万円

全国平均:128.68万円 (前月比1.16万円)

最安:94.9万円、 最高:148.91万円

国内
(中古)

29台

全国平均:81.99万円

価格帯: 66.8~105.8万円

全国平均:7.68万円

価格帯: 4.37~10.73万円

全国平均:89.14万円

最安:72.74万円、 最高:113.9万円

逆車
(中古車)

2台

全国平均:76.25万円

価格帯: 75.7~76.8万円

全国平均:7.09万円

価格帯: 5.99~8.2万円

全国平均:83.34万円

最安:82.79万円、 最高:83.9万円

スズキ Vストローム1000XT の新車・中古バイク価格情報 の新着車両

スズキ Vストローム1000XTの価格情報

  本体価格 (税込) 諸費用 (税込) 乗り出し価格 (税込)

新車

220台

全国平均:127.38万円

価格帯: 114.48~145.8万円

全国平均:7.13万円

価格帯: ~10.31万円

全国平均:131.92万円 (前月比0.52万円)

最安:123.03万円、 最高:153.92万円

中古車

1台

全国平均:108万円

価格帯: 108万円

全国平均:10.29万円

価格帯: 10.29万円

全国平均:118.29万円

最安:118.29万円、 最高:118.29万円

リュウ

リュウ

投稿者プロフィール

900ccスポーツバイクとカブ110を所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
色々なバイクを楽しんで乗っている反面、欲しいバイクが次々と生まれてしまうのが最近の悩み。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る