new

【俺が勝手に勧めたい!】今しかない!?2スト絶版車に乗れるうちに乗っておこう!【ヤマハ R1-Z】

L_70000815_1807270354_1.jpg

今こそ憧れだった1台に乗ってみませんか?

今でこそ4ストロークエンジンがバイクの主流となっていますが、数十年前まではいつもライダーを沸かせていたのは2ストロークエンジンを搭載したマシンたち。
80年代のレーサーレプリカブームを筆頭に2ストマシンは時代の主役となり、数々の名車が生み出されました。

しかし、時代の流れにより2ストマシンの生産は終了。年々球数も減る一方で、近年厳しくなる排ガス規制により、現存する2ストマシンたちもあと何年走る事ができるのか…

だからこそ、今乗れるうちに2ストマシンに乗っておかないと後で後悔してしまいますよ!
250ccの2ストマシンとなれば現行の250cc4スト車両よりも軽い車体で、ピークパワーでは40馬力を超える車両も多々あり、戦闘力で言えば400ccにも匹敵する、まさに夢のようなバイクです。
特にパワーバンドに入った時の加速感ときたら一度体感すると中毒必須ですね!

当時は乗れなかった方も、憧れの2ストマシンに今こそ乗ってみませんか?

L_70000815_1807270354_3.jpg
L_70000815_1807270354_1.jpg

そこで、今回ご紹介する2ストマシンはヤマハのR1-Zです!
このR1-Z、なんとワンオーナーのフルノーマル車で走行距離も807kmとまさにお宝バイクですね!?

2ストマシンというとレーサーレプリカをイメージする方も多いと思いますが、レーサーレプリカは色々と本気すぎて乗るにはちょっとキツイ(ポジションとかエンジン特性とかとか)という方もいると思います。
そんな「レーサーレプリカはイヤだけど2ストマシンに乗りたい!」という方々をR1-Zはレーサーレプリカとは異なるスタイルで次々と虜にした名車なんですよ。

ネイキッドスタイルでありながらセパレートハンドル。ブレーキはダブルディスクにマフラーは片側2本出しと今の250ccネイキッドには無いスタイルが未だに多くの人を惹きつけさせますね!

L_70000815_1807270354_8.jpg
L_70000815_1807270354_.jpg

25年前のバイクになりますが、タンクもシートもキレイなままです。

いつ2ストマシンに乗れなくなるのかわからないご時世なので、乗れるうちに2ストマシンを楽しんじゃいましょう!!

R1-Z:現行車種のスペックや中古バイクはこちらから
R1-Zのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ウェビックバイク選びおすすめのR1-Z中古車一覧

20180827_ashitsuki_650_100.jpg

ヤマハ R1-Zの価格情報

ヤマハ R1-Z

ヤマハ R1-Z

新車 0

価格種別

中古車 7

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

78.4万円

価格帯 52.8~109.8万円

諸費用

5.09万円

価格帯 3.57~6.36万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

83.5万円

価格帯 59.16~113.37万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

・身長:173cm
・バイクの所有歴(所有が古いもの順):Today→NSR250(88)→VTR250(09)→CBR900RR(92)→ZOOMER→トリッカー(04)
今乗っているバイクはストリートトリプルRS(18)とWR250X(07)
・主なバイクの楽しみ方:サーキット、レース
・免許・ライセンス:普通自動車免許、大型自動二輪免許、中学・高校教員免許、漢検3級、MFJ国内ライセンス
・特技:耐久レースで走り続けること

この著者の最新の記事

   

20210201_wms_336_280.png
20201030_gotoshop_camp_336_280.png
ページ上部へ戻る