new

【ホンダ クロスカブ110(2018) 試乗インプレ】いつでもどこでもアクティブに楽しめる!生まれ変わったクロスカブ!

【ホンダ クロスカブ110(2018)】
ディテール&試乗インプレッション

生まれ変わったクロスカブ110は前モデルよりもアクティブなスタイリングをまとって登場!
普段の足として活用しても良し、休日に荷物を積んでキャンプツーリングに行っても良しの万能選手です!
「原付二種クラスでアレもコレも楽しみたい!」という欲張りさんなライダーの願望を叶えてくれるクロスカブ110をご紹介!

クロスカブ110のココがイイね!

  1. 前モデルよりもスッキリしつつもアクティブさを増したスタイリング
  2. やっぱり足つきが良くて女性にも安心!
  3. 軽快な走りが病みつきになるカブ!
クロスカブ110:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
クロスカブ110のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
クロスカブ110の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのクロスカブ110中古車一覧

新型はガラリと変わったスタイリングが特徴!

何と言っても新型のクロスカブは前モデルからスタイリングが大きく変わったことがポイントでしょう。
クロスカブ50同様にレッグシールドが無くなった事でスリムなボディになり、リアビューもJA10系等からJA44系統に変わったことで印象が大きく違っています。
車両サイズを旧モデルと比較してみます。

【全長/全幅/全高】

・クロスカブ(2018):1,935mm/795mm/1,090mm
・クロスカブ(~2017):1,945mm/815mm/1,150mm

【車両重量】

・クロスカブ(2018):106kg
・クロスカブ(~2017):105kg

前モデルより車両サイズがちょっとだけ小さくなりましたね。
レッグシールドが無くなった効果でスリムになっています。

▲クロスカブ110
▲旧クロスカブ110
▲クロスカブ110
▲旧クロスカブ110
▲クロスカブ110
▲旧クロスカブ110
▲クロスカブ110
▲旧クロスカブ110

レッグシールド無い事に最初はちょっと見慣れませんが、徐々に格好良く見えてきませんか?

クロスカブの足つきをチェック!

実際にクロスカブ110に跨った際の足つきをチェックします。
シート高自体は前モデルから変更無しです。

【シート高】

784mm

スーパーカブ110が735mmなので、それと比較すると約50mmも高くなっていますがそれでも足つき性は良いです。
身長161cmの女性が跨っても不安感無し!
車体が軽いので両足の踵が着かなくても平気だそうです。

▲普段着で乗っても違和感なし!

灯火類を比較

【ヘッドライト】

新型クロスカブ110の変更点として、ヘッドライトがLEDに変更されています。
これなら林道で遊びすぎて暗い夜道を走って帰ることになっても安心ですね!
時間を気にせず思う存分遊べますよ!

▲クロスカブ110
▲旧クロスカブ110

ちなみに、ヘッドライトはロービームで上側だけ点灯し、ハイビームにすると下側も点灯します。
ま、眩しい・・・

▲ロービーム
▲ハイビーム

ヘッドライトガードもアクティブでアウトドアな印象を強めてくれますね!
ここにも荷物を固定することができそうなので、大いに活用したいですね。

【テールライト】

テールライトはバルブですが、前モデルから形状が大きく変更されています。
ウインカーレンズもオレンジになりました。

▲クロスカブ110
▲旧クロスカブ110

新型クロスカブはメーターもアウトドア感満載!

メーターの表示内容などは特に変わっていませんが、メーターパネルがカモフラージュ柄になったことでアウトドア感が上昇!
夜になるとカモフラージュ柄は見えませんが、その辺は気にしないでおきましょう。

▲クロスカブ110
▲旧クロスカブ110

ハンドル周り

ハンドル周りに関しては特に変更がありません。
アップハンドルになっていることで、スーパーカブとは違った乗車姿勢になります。
窮屈さはそこまでありませんよ!

また、ブレーキロックも装着されていますので、サイドスタンドを掛ける時や駐車でちょっと不安な時はロックを掛けると良いでしょう。

▲開放時
▲ロック時

足回り

タイヤサイズは前後17インチでカブ乗りお馴染みのサイズです。ホイールがブラックで引き締まって見えるので格好良いですね!
マシンのスタイリング的にブロックタイヤも履かせてみたいです。

▲フロント:80/90-17M/C 44P
▲リア:80/90-17M/C 44P

フロントサスペンション、リアサスペンション共に前モデルと変わりはありませんが、どちらもマシンのイメージにぴったりですね。

▲フロントサスペンション
▲リアサスペンション

クロスカブ50ではフロントしか装着されていなかったマッドガードがクロスカブ110はリアフェンダーにも装着されています。
スタイリング、実用面共に効果のあるポイントですね。
オフロード楽しみ放題です。

▲フロントフェンダー
▲リアフェンダー

新型クロスカブはステップに変化あり!

ステップには可倒式が採用されており、悪路を走行していて万が一転倒してしまってもダメージを軽減してくれます。

▲ステップが倒れます

そして、前モデルと大きく異なる点として、タンデムステップが装着されています!
1人乗り専用だったクロスカブにタンデムが可能になったんです。
クロスカブならタンデムでまったりツーリングをすることだってもちろん余裕です。

ただし、タンデムするにはタンデムシートが必要になるので、別途専用品の取り付けが必要です。
リアキャリアに座るのは危険なのでやめておきましょう。

シートは座り心地良し!

クロスカブ110のシートは厚みがあって座り心地が良いです。また、座面も広いので安定して着座することができます。

リアキャリアはサイズが大きいので、比較的容量の大きなBOXも装着することができます。
キャンプツーリングなどアウトドアな活動に使用するのであればBOXの装着はしておきたいですね。

クロスカブ110:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
クロスカブ110のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
クロスカブ110の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのクロスカブ110中古車一覧

クロスカブの燃費は?

カブシリーズの特徴として燃費が非常に良い事が挙げられます。
110ccクラスでもカタログ数値で60km/Lを超えているのでとっても経済的です。
私のスーパーカブ110も平均で58km/Lくらいですので非常に助かってます。

カタログ値の燃費とタンク容量をチェックしてみましょう。

【燃費】

66.7km/L(クラス 1)〈1名乗車時〉※WMTCモード値

【タンク容量】

4.3L

単純計算でガソリン満タンで280km程度も走行することが可能です!
これはすごい・・・。往復10km程度の通勤であればほとんど給油せずに1ヶ月使えそうですね。

ちなみに給油口はカブシリーズ共通のシート下への配置になっています。
キーを使って給油キャップの開閉を行います。

▲シートは吸盤でくっついています

クロスカブはメンテも楽々!

最初にお伝えした通り、新型のクロスカブにはレッグシールドがありません。
もちろん見た目の変化の印象も大きいですが、メンテナンス面でもその影響は大きいです。

それは・・・プラグ交換がとっても楽ちん!
これまでのカブシリーズだと、レッグシールドを外すか隙間から手を入れてどうにかこうにか作業する方が多かったのではないでしょうか?
私もその一人です。

それが、レッグシールドが無いことによってプラグ交換がとても簡単になりました♪
作業時間も一気に短縮されること間違いなし!見た目も格好良くて手間も減るなんて最高ですね♪

▲すぐに手が届きます

更にこのモデルからカートリッジタイプのオイルフィルターが装着されています!
ボルトを2本外すだけで交換できるので、こちらもメンテナンス性はGOOD!

クロスカブ110の価格、維持費は?

新型クロスカブ110の価格ですが、スーパーカブ110に比べるとちょっとだけ上がります。

・クロスカブ110:¥334,800
・スーパーカブ110:¥275,400

ただ、遊べるバイクとして選ぶのであればクロスカブ110は結構お買い得に思えます。

また、原付二種クラスクラスなので維持費も非常に安価です。
・重量税:¥0
・軽自動車税:¥2,400
(2018年3月時点)

前述の通り、燃費も良いのでとっても経済的です。
価格以上の価値を感じられるはず!

まとめ:クロスカブ110は走っても最高に楽しい!

実際にクロスカブ110を通勤に使用して走ってみました。
林道に突入!という使い方はできなかったので、一般公道のみです。

まず、アクセルを開けた段階での出足がとってもパワフル!
これはスーパーカブ110(JA44)と同じエンジンなので同等のパワーなんですが、私の乗っているスーパーカブ110(JA10)とは全くの別物に感じました。
そしてとにかく軽いのでグングン進んでスイスイ走れる。
私がクロスカブ110の虜になるのに時間はかかりませんでした。
アクセルを開け始めてからの加速も非常にスムーズですし、交通の流れに乗ることも余裕でした。

続いて驚いたのが、とっても静か!
シフトチェンジの音もエンジン音も非常に静かでとても心地よいです。
手足に伝わってくる振動もわずかなものですし、走行中のストレスはほぼありませんでした。
あまりの楽しさにお借りした車両をお返しするのが惜しくなってしまい、気がつけばウェビックバイク選びでクロスカブ110の掲載車両を探し始めている私でした・・・。

今カブに乗っている方はもちろん、カブに乗ったことがない方でもすぐに楽しさに病みつきになってしまう事間違い無しの1台です!
是非この楽しさを体感してください!

撮影協力:株式会社ホンダモーターサイクルジャパン

ホンダ クロスカブ110の価格情報

ホンダ クロスカブ110

ホンダ クロスカブ110

新車 416

価格種別

中古車 79

本体

価格帯 23.1~35.1万円

29.78万円

諸費用

価格帯 1.93~2.31万円

2.56万円

本体価格

諸費用

本体

22.98万円

価格帯 13.8~30万円

諸費用

3.12万円

価格帯 3~5万円


乗り出し価格

価格帯 25.41~37.03万円

32.35万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

26.11万円

価格帯 18.8~33万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

リュウ

リュウ

投稿者プロフィール

900ccスポーツバイクとカブ110を所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
色々なバイクを楽しんで乗っている反面、欲しいバイクが次々と生まれてしまうのが最近の悩み。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る