new

【スズキ スウィッシュ(2018)試乗インプレ】便利な装備が盛りだくさんの『新・通勤快速』

【スズキ スウィッシュ】
ディテール&試乗インプレッション

スズキの125ccスクーターと言えば、『通勤快速』の名称で広く知れ渡ったアドレスV125が有名ですね。
今回登場したスウィッシュはアドレスV125に代わる『新・通勤快速』となれるのか?
装備や走りなど、様々な角度から徹底インプレしていきます!

スズキ125ccスクーターの新たな1ページ

スウィッシュの第一印象は「アドレスというよりはシグナスに近いかな?」といった感じでした。
スズキの125ccスクーターと聞くとどうしてもアドレスを思い浮かべてしまいますが、後継モデルということではなく、全く新しいモデルとして見ていくのが良さそうです。
外観もスズキのスクーターでは他に見ない新しいデザインとなり、スポーティな感じになっています。

【全長/全幅/全高】

1,830mm/690mm/1,095mm

【車両重量】

114kg

▲フロントマスクには灯火類がありません
▲ヘッドライト横にはエアダクトがありました
▲サイドカウルはカーボン調のデザインになっています
▲タンデムステップはワンプッシュで開きます

スウィッシュのシート高、足つきをチェック

【シート高】

760mm

【足つき】

シート高は760mmとそこまで高くはありませんが、幅の広いシートのため足を広げ気味に下ろす事でベタ足とはなりませんでした。それでも踵が少し浮く程度なので、車体を支える分には問題ありません。
2人のスタッフにも跨ってもらいましたが、156cmのスタッフではシート最前列に座ってつま先が曲がるくらいのシート高でした。
タンデムシートも125ccスクーターにしてはシートが大きく、ライダーとの距離もゆとりがありました。

▲シート高:760mm(スタッフ身長173cm)
▲タンデムもスペースにゆとりがありました
▲シート高:760mm(スタッフ身長161cm)
▲シート高:760mm(スタッフ身長156cm)

便利な装備がいっぱい!

スウィッシュには便利な装備が盛りだくさんです!
その中でも最大の特徴は定格5V1AのUSBポート!!
シガーソケットが装備されているバイクも増えてきましたが、スウィッシュはUSBポートが標準装備になります。
他にもフロントインナーラックやリアキャリア、コンビニフックもあるので荷物の積載・収納には困りませんね。

▲フロント周りにも便利な装備がいっぱい!
▲シガーソケットではなくUSBポートが標準装備!
▲キーOFFでは充電されませんが
▲キーONで充電されるようになります
▲バッグも引っかけられるコンビニフック
▲深いポケットには500mlのペットボトルが2本入りそうです
▲ステップボードもフラットで広々としています
▲リアキャリアが標準装備でボックスもつけられますね!
▲ヘルメットも2個引っかけられます
▲引っかけた状態でちゃんとシートもしまります!
▲別売りのU字ロックホルダーもシート下に完備
▲サイドスタンドも重宝します

スウィッシュのシートをチェック

スウィッシュの売りの1つが収納スペースの広さです。
容量で言うと28Lとなり、フルフェイスを入れてもまだまだ余裕があります!
また、シート自体も肉厚で座り心地も良いですね♪

▲シートは幅が少し広く、肉厚です
▲シート下トランクの容量は28L!
▲フルフェイスヘルメットも縦だとシートが締まりませんが
▲横にするとしっかりシートが収まります♪

▲ヘルメットを入れてもまだまだ収納スペースに余裕がありました!

スウィッシュの灯火類をチェック

【ヘッドライト】

ヘッドライトのレイアウトはスズキのスポーツモデルで主流の縦型2灯となります。バルブもポジションランプと併せてLEDが装着されています。

▲ロービーム
▲ハイビーム

【テールライト】

テールライト、ナンバー灯にLEDが採用されています。
テールライトはレンズがスモークですが、ウィンカーはクリアとなります。

▲ブレーキ握ってない
▲ブレーキ握りました

スウィッシュのメーターをチェック

メーターはフル液晶ディスプレイを採用。昼夜問わず走行中の視認性は優れてます。
ディスプレイにはスピードメーター、オドメーター、トリップメーター、燃料計、時計の基本情報に加え、バーグラフ式のタコメーターとオイルチェンジインジケーターも表示されます!

▲日中でも視認性はバッチリです
▲バー表示のタコメーターがイケてます

スウィッシュの足回りをチェック

【タイヤサイズ】

ホイールは前後とも同サイズの10インチが採用されていて、最小回転半径:2.0mを実現しています。
前後10インチホイールによる操作性、取り回しの良さはアドレスV125でも実証されていますね!

フロント:100/90-10 56J
リア100/90-10 56J

【ブレーキ】

フロントブレーキは直径200mmディスクブレーキと2ポットキャリパー、リアブレーキはドラム式がそれぞれ装着されています。
スクーターでも増えてきている前後ディスクブレーキではありませんが、十分な制動力を発揮します。

▲フロント:100/90-10 56J
▲リア:100/90-10 56J

【サスペンション】

リアには2本のサスペンションを装備。また、状況に応じて3段階のスプリング調整が可能となります。
タンデム時や積載量が多い時などにも快適な乗り心地になるように工夫されています。

スウィッシュの燃費をチェック

燃費はカタログ値でWMTCモード値 50.1km/L(クラス1)となり、原付2種スクーターとしてはかなり良い燃費となります。
タンク容量も他車と比較すると少し小さいですが、燃費が良いので通勤通学をメインに使うのであれば十分ですね!

・スウィッシュ:50.1km/L(燃料タンク容量:5.5L)
・アドレス125:51.0km/L(燃料タンク容量:6.0L)
・PCX:50.7km/L(燃料タンク容量:8.0L)
・シグナスX:37.3km/L(燃料タンク容量:6.5L)
・NMAX:43.6km/L(燃料タンク容量:6.6L)
※燃費は全てWMTCモード値

▲キャップの開閉はキーシリンダーで操作します

スウィッシュのスイッチ類をチェック

スイッチボックスは右側にハザードスイッチ、左側にはハイロー切り替えスイッチと兼用のパッシングスイッチが装着されています。

▲ハイロースイッチをプッシュするとパッシングになります
▲スクーターですがハザードランプ対応

スウィッシュの気になるお値段は!?

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
318,600円(消費税抜き 295,000円)

正直これだけの収納スペースと装備を兼ね備えていて新車価格が30万ちょっとなのは、他社と比較してもダントツで安いですね!
燃費も良いので購入後も維持費が安く済みそうなのもポイントです。

スウィッシュ:現行車種のスペックや新車一覧はこちらから
スウィッシュのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
スウィッシュの新車一覧を見る

まとめ

今回冒頭で『新・通勤快速』になるのかと問いましたが、結果から申しますと「なります!!」
ただ、これまでアドレスV125でイメージされていた『通勤快速』とは異なるジャンルと呼べるでしょう。

アドレスV125の『通勤快速』という異名は電車と同じように「いかに早く目的地にたどり着けるか」という意味で使われていました。
しかしスウィッシュの場合、『通勤快速』の『快』の如く、通勤・通学が快適になるスクーターなんです!
余裕のある収納スペースとゆったりと座れるシート、便利なUSBポートで充電もできて正に快適そのもの。
走りも最高出力が9.4PSもあるので、鋭い加速と共にまわりの流れに合わせて楽々走れます。

私も学生時代には収納スペースの無いスクーターにボックスを装着し、充電もしたいとUSBポートを後付け、2人分の荷物が入らずギュウギュウになりながらタンデムしていた事を思い出しました…
きっと当時の私がスウィッシュに出会っていたら間違い無くこのバイクに乗っていたでしょう!

いつもの道をもっと快適に走りたい方にはぜひオススメの1台です!

撮影協力:株式会社スズキ二輪

スズキ SWISHの価格情報

スズキ SWISH

スズキ SWISH

新車 392

価格種別

中古車 9

本体

価格帯 26.34~29.97万円

27.69万円

諸費用

価格帯 2.15~3.96万円

2.54万円

本体価格

諸費用

本体

26万円

価格帯 24.98~28.67万円

諸費用

2.85万円

価格帯 2.39~3.08万円


乗り出し価格

価格帯 28.5~33.93万円

30.24万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

28.85万円

価格帯 28.06~31.06万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

主に250ccなどの小排気量でレース参戦しています。
普段はサーキットしか走らず、公道走行についてはほぼ初心者…
だからこそ感じる車両のダイレクトな感想をお届けできればなと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る