new

【俺が勝手に勧めたい!】センターアップマフラーはやっぱりカッコいい!【ホンダ CBR1000RR】

10年以上前のモデルとなった今でもセンターアップに惹かれる人は多数

CBR1000RRが初めてセンターアップで登場したのは2004年。CBR954RRからのモデルチェンジにより誕生しました。
デザインは先に登場していたCBR600RRに近づきましたが、エンジンもフレームも完全新設計と当時のホンダテクノロジーを惜しみなく取り入れた1台です。

特徴的なものとしてユニットプロリンクや電子制御ステアリングダンパーの搭載もありますが、やはり言わせてもらいたいのがセンターアップマフラー!
すでにCBR600RRで採用されていましたが、スーパースポーツ+センターアップマフラーの組み合わせは間違い無くCBR1000RRが火付け役ですね。
この後には他社でもセンターアップマフラーを採用したスーパースポーツが次々と登場します。

今でこそマスの集中化などの要因でスーパースポーツにセンターアップマフラーを採用するメーカーは減ってしまいましたが、やはりセンターアップマフラーは何年経っても憧れてしまいますね(>_<) ▲この後ろ姿はいつ見てもカッコいい…

センターアップマフラーのCBR1000RRは主にSC57前期と後期に区別されていますが、私は断然マイナーチェンジ後の後期型にハマっています!!
前期型から各部見直されたことで-4kgの減量を成し遂げましたが、それ以上にさらにシャープになったカウルデザインがたまりません。
何よりメーカー公式でセンターアップマフラー採用理由が「かっこいいから!」と言うのだから、ロマンを感じてしまいますね!

今回ご紹介のCBR1000RRはカスタム多数の極上車です!!
こちらの車両の山形県のSUZUKI MOTORSさんの物件になりますが、詳細ページ内でも画像を多数アップしたり、紹介動画をアップしたりと車両のアピールポイントを余すところなく紹介していますよ!

WEBでバイク探しをする時って、直接車両を見れない代わりに画像や動画など、情報の多い車両の方が選びやすいですよね。
ウェビックバイク選びでは画像の枚数を最大40枚まで掲載できるようになりましたので、ぜひバイク探しの参考にしてください!!

センターアップマフラーやっぱりいいなぁ…

今でもセンターアップマフラーに乗りたい方はこちらから!

CBR1000RR:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
CBR1000RRのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
CBR1000RRの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのCBR1000RR中古車一覧

ホンダ CBR1000RRの価格情報

ホンダ CBR1000RR

ホンダ CBR1000RR

新車 43

価格種別

中古車 99

本体

価格帯 151.18~285.7万円

199.63万円

諸費用

価格帯 29.7~51.25万円

20.31万円

本体価格

諸費用

本体

104.4万円

価格帯 58.4~231.99万円

諸費用

8.46万円

価格帯 5.31~5.35万円


乗り出し価格

価格帯 202.43~256万円

219.95万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

112.87万円

価格帯 63.71~237.35万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

主に250ccなどの小排気量でレース参戦しています。
普段はサーキットしか走らず、公道走行についてはほぼ初心者…
だからこそ感じる車両のダイレクトな感想をお届けできればなと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る