new

【バーグマン400 試乗インプレ】高級感溢れるビッグスクーターを欲しい人にオススメ!

【スズキ バーグマン400】
ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編

日常の快適性から原付二種~250ccクラスが好まれるビッグスクーターですが、小排気量モデルだとどうしても高速ツーリングなどでは満足できない事が多いのではないでしょうか。
かといって400cc以上のビッグスクーターとなると、車格の大きさは排気量からやや敷居を高く感じてしまいそうな車種もチラホラ。
「もっと気軽に乗れて、かつそこそこのパワーも発揮してくれて、タンデムも快適にこなしたい!」というワガママにも応えてくれそうなのがバーグマン400です。
スカイウェイブの後継車種としてゴージャスになって登場した、バーグマン400にスポットを当てます!

バーグマン400のココがイイね!

  1. 全体から溢れる高級感が所有欲を満たしてくれる
  2. 街中も高速も十分走れる走破性の高さ
  3. 大容量収納スペースに大満足

バーグマン400の評価(筆者の主観です)

ルックス ★★★★★
取り回し ★★★★★
加速 ★★★★★
走り ★★★★★
タンデム快適度 ★★★★
収納力 ★★★★★
バーグマン400:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
バーグマン400のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
バーグマン400の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのバーグマン400中古車一覧

全体:ボリュームを感じるもののやはりスタイリングの格好良さに目を奪われる

全体像を見ればかなり大きく見えますが、細かな部分はシャープな作りになっており、なかなか格好いいです。
マットブラックのボディーカラーからも高級感が溢れていて、プレミアムでひと味違うマシンというアピールが伝わってきます。
車両サイズを排気量の近いビッグスクーターと比較してみます。

【全長/全幅/全高】
バーグマン400 → 2,235mm/765mm/1,350mm
TMAX → 2,200mm/765mm/1,420mm

【車両重量】
バーグマン400 → 215kg
TMAX → 215kg

マシンの性格が少し違いますが、TMAXとほぼ変わらないサイズ感と思えば想像しやすいと思います。
見た目で1つ注文を付けるとしたら、テールライトが少し野暮ったい印象があります。もうちょっとシュッとした形状だったらもっと格好良かったのに・・・と思ってしまいました。
フロントのキリッとした表情はイカツさがあって格好いいですね。

▲左サイド
▲右サイド
▲正面
▲後ろ

スクリーン

高さは固定になりますが、風防効果は高めのスクリーンです。
標準装着のスクリーンとしては十分の高さではないでしょうか!?(調節可能な車種除く)

灯火類:前後LEDでラグジュアリー感アップ

ヘッドライトとテールライト共にLEDが採用されており点灯時が視認性も良く、見た目的にもなかなか鋭いイメージになります。
個人的な好みですが、二眼のヘッドライトはやはり常時両方点灯が好きです。

また、テールライトもLEDのおかげで点灯時は非常にシャープな見た目になります。

ハンドル周り

ハザードボタンがスライド式なくらいで、他は至ってシンプルな作りになっています。
個人的にはスカイウェイブ650LXのようにグリップヒーターが欲しかったですね。

バーグマン400:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
バーグマン400のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
バーグマン400の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのバーグマン400中古車一覧

足回り

タイヤサイズはフロントが15インチと大径ホイールを採用。
高速走行時も高い安定感を誇ります。
また、ABS装備で制動性能への安心感も高いです。

▲120/70-15M/C 56S
▲150/70-13M/C 64S

シート:驚きの快適性、極上の質感

座面のかなり広いシートに座ると、まずその安定感と快適性に驚きます。
普通に座るのはもちろん、やや後ろ重心でバックレストに背中を預けて座るときもスペース的にはかなり余裕があります。
バックレストへのハマり具合もなかなか心地よく、極端なことを言えばシート上で眠れそうです(笑)

特筆すべきはタンデムシートの広さ。
体を預けられる程のバックレストはないものの、座面が非常に広いので大体の人が安定して乗車できるでしょう。
また、タンデムグリップも握りやすくて安定感抜群!
これなら後ろに乗せてもらうのも楽しくなりそうです♪

メーター

メーターはスカイウェイブ650LXと似た形状で、アナログ二連メーターと中央にデジタル表示が配置されています。
周辺のパネルがカーボン調になっていたりと、所々高級感を感じられます。

ブレーキロックもあるんです!

キー周りに配置されたレバー。
いったい何かと思いながらレバーを下げてみると、リアブレーキロックでした。
乗車時の目の前に配置されているので、駐停車時のちょっとした時にでもすぐに操作できるのが便利です。

防犯対策もしっかりと!

シャッター付きのイグニッションキーにはスズキ独自のセキュリティシステムである「S.A.I.S(SUZUKI ADVANCED IMMOBILIZER SYSTEM)」が搭載されています。
これはキーに内蔵されたICチップによってIDコードの照合を瞬時に行い、万が一不正が行われた際には始動ができなくなるそうです。( ※メーカーHP参照
キーシリンダーのシャッターと合わせて防犯対策も他車をリードしています。

また、ボディ右下部にはフレームを通してロックを掛けられるセキュリティゲートが存在します。
自宅駐車場などに置いておく際はここを利用して「地球ロック」しておくと安心ですね。

バーグマン400:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
バーグマン400のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
バーグマン400の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのバーグマン400中古車一覧

収納:なんとヘルメットが2つも!

バーグマン400の最大の特徴は収納の豊富さでしょうか。
左右に配置されたフロントボックスには500mlのペットボトルやグローブなどの収納に便利に使えます。
乗車姿勢からでもアクセスしやすい場所にある事に加え、そこそこの広さを確保しているので使い勝手がとても良いスペースです。
さらに右ボックスにはDCソケットが標準装備されていますので、スマートフォンを始めとした電子機器の充電も可能です。
しかし、スマートフォンを充電しながらナビ代わりに使用する際は蓋が開けっ放しになってしまいます。
それを防ぐには蓋そのものを加工するしか無いかと思います。

そして、シート下のトランクは圧巻の42L!
フルフェイス+ジェットヘルメットの2個収納が可能になっており、タンデムツーリングの際もどちらかのヘルメットを外に出しておく必要もありません。
ソロツーリングの際も雨具やバッグも余裕で収納できるので、走行中は身軽になれます。
ただし、やはり走行後の荷物は熱を帯びていますので、長時間走行する際は熱に弱いものは入れないほうが良いでしょう。

外観まとめ

高級感の溢れるスタイリングで所有欲を満たしてくれることに加え、機能としても実用的なものが非常に多くて活躍の場は広いと思います。
確かに大柄な車体で毎日ちょっとした移動に使うのに苦がないかと言われると微妙なところではありますが、休日になればちょっと遠出を・・・という気持ちになることは間違いなしです。

バーグマン400:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
バーグマン400のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
バーグマン400の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのバーグマン400中古車一覧

撮影協力:株式会社スズキ二輪

スズキ バーグマン400の価格情報

スズキ バーグマン400

スズキ バーグマン400

新車  139

価格種別

中古車  2

本体

価格帯 61.49~81.4 万円

77.46 万円

諸費用

価格帯 ―万円

1.8 万円

本体価格

諸費用

本体

53.34 万円

価格帯 49.99~56.7 万円

諸費用

10.58 万円

価格帯 7.23~13.94 万円


乗り出し価格

価格帯 70.38~81.4 万円

79.27 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

63.93 万円

価格帯 63.93 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

リュウ

リュウ

投稿者プロフィール

【身長】
180cm
【バイクの所有歴】
バリオス2→ZX-9R(1998)→スーパーカブ110(2014)→Z900(2019)
好きなバイクは90年代に多い。
【主なバイクの楽しみ方】
ツーリング行ったりサーキットに行ったり。通勤も楽しんじゃう♪
見るのも好き。もう全部好きなんだ。
【免許、ライセンス】
普通自動車、大型自動二輪、英検準2級、漢検3級、グミ愛好家
【特技】
枕に頭をつけてから寝るまでめっちゃ早い

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る