new

【XTZ125 試乗インプレ】125ccフルサイズオフロードバイク!オフロード入門バイクとしてもピッタリ!

【ヤマハ XTZ125】
ディテール&試乗インプレッション

中国ヤマハより発売されているXTZ125。
排気量は原付二種クラスながら、フルサイズのオフロードバイクとなっており、ビギナーにもオススメできるバイクです。
安いバイクでオフロードを初めてみたい方は要チェックです!

125ccだけど本格派なフォルム!

車両サイズに関しては250ccオフロードバイクと並べても見劣りしません。
これで125と言われると初めは信じられないくらいに本格志向の雰囲気が漂っています。
同排気量のKLX125と比較すると、車両の大きさがなんとなく想像できるでしょうか。

【全長/全幅/全高】

・XTZ125:2,090mm/830mm/1,115mm
・KLX125:1,980mm/770mm/1,090mm

【車両重量】

・XTZ125:119kg
・KLX125:112kg

グラフィックもなかなか格好良い!(ですよね?)

【マフラー】

アップタイプのマフラーが装着されています。

また、標準でリアキャリアが装着されているのでオフロード走行だけでなく、BOXを取り付けてツーリングに行くことも可能ですよ!

アンダーガードも装着済。本格的なオフロード走行もOKです!

XTZ125:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
XTZ125のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
XTZ125の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのXTZ125中古車一覧

XTZ125のシート高と足つきをチェック!

本格派オフロードの雰囲気を出しているXTZ125ですが、意外と足つきは良いんです。

まずシート高を同クラスのKLX125と比較します。

【シート高】

・XTZ125:840mm
・KLX125:830mm

KLX125よりも10mm高くなっている程度なので、そこまで高い設定でも無いですね。

身長170cmの男性が跨っても特に問題なし!
踵がちょっとだけ浮きますが、余裕ですね。車両も軽いので不安がありません。

▲シート高840mm(スタッフ身長170cm)

灯火類

ヘッドライト、テールライト共にバルブです。

メーター

メーターに関して、最近のバイクに多い格好良いデザインで液晶も見やすい!ってものではありません。
タコメーターも無いですし、燃料計も無いので物足りなさがありますね。
通勤などで使用する際はうっかりガス欠に注意です。

足回り

足回りに関しては特殊な装備等はありません。
フロント21インチ/リア18インチのフルサイズな組み合わせはしっかりオフロードを楽しめそうですね!

▲フロント:80/90 - 21
▲リア:110/80 - 18

また、ブレーキに関してはフロントがディスクでリアはドラムになっています。

▲リアのみドラムブレーキ

シート&ステップ

着座するときに重要なシートとステップですが、これぞオフロードバイク!というよりはちょっと優しい感じです。
シートも鬼のようなフラット面でもなく、窪みが深いので安定感もあります。
靴の裏面がしっかり噛み合うのでスタンディング時も安定します。

ハンドル周り

スイッチ類は非常にシンプルな形なんですが、1点だけ国内仕様の違う部分があります。
それはハイ/ロー切り替えスイッチの隣に見慣れないスイッチがあることです。
これ、ヘッドライトON/OFFスイッチなんです。
1番手前に引けばヘッドライトが消えるんですが、現在の日本では常時点灯が義務付けられていますので消したまま走行しないようにしましょう。

XTZ125の価格は?

XTZ125ですが、取り扱っているショップ様が非常に少ないのでなかなか巡り合うことができないかもしれません。
ウェビックバイク選びに掲載している新車の平均価格を掲載します。

本体価格平均(税込)


¥223,900

や、安い・・・・。
あまりの安さに購買意欲がグッと高まってしまいますね!

維持費も安い!

原付二種クラスなので維持費も非常に安価です。

任意保険はもちろん、税金に関しても年間の負担額は非常に安いです。
・重量税:¥0
・軽自動車税:¥2,400

(2018年4月時点)

XTZ125:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
XTZ125のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
XTZ125の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのXTZ125中古車一覧

実際に走行してみた!

実際にXTZ125で走行してみました。
実は私、1年くらい前からセカンドバイクとしてXTZ125の購入を検討していたのでワクワクしながら試乗してみました。

跨ってみると比較的目線も高くて身長180cmの私でもあまり窮屈にならない楽なポジション。
足つきも問題なくバイクも軽くて取り回しやすくてなかなか好印象。

「これはひょっとすると楽しめるやつか!?」とか思いながら発進させると、出足のパワーがちょっと物足りないかな・・・って感じ。
そのまま引っ張って行くんですが、こまめにシフトアップしないと厳しい。
あと、60kmくらいからかなり頑張ってる感が出ます。

見た目から勝手にパワフルなイメージを持ってしまっていたせいでちょっと拍子抜けでしたが、125ccという排気量を考えると納得ではあります。
車両も軽くて軽快に走れるので、セカンドバイクとして通勤などで使用するもの悪くなさそう。

自走で遠くの林道まで移動するのは無理ではないですが、ちょっと苦労しそうですね。
トコトコ近場を走ってゆる~く楽しむ分には重宝すると思います!

あと、検証できませんでしたが、このバイクはキャブ車なので寒くなってきた時期の始動性などが気になるところですね。

まとめ

とりあえず価格の安さに驚きますが、マシンの性能的にもオフロード入門バイクとしてピッタリです。
セカンドバイクとして通勤などで使えば毎日通る道のりも楽しめること間違いなし!
「原付二種クラスが良い」「オフロードバイクが良い」「フルサイズが良い」という条件をお持ちの方にオススメです!

撮影協力:グループ在庫数12000台!バイカーズステーションSOX

今回は全国に拠点を構えるバイカーズステーションSOXのご協力の下、試乗してきました!
SOXでは今回のXTZ125を始めとした様々な輸入車両を多数取り扱っており、アフターパーツも充実しています。
更に購入した方には安心の2年保証付き!(距離無制限)
「輸入車両って買った後が不安・・・」という方でも不安なく楽しむことができます。
また、実際に試乗することも可能なので、気になった方は是非お近くのショップにお問い合わせをしてみては如何でしょう!

ヤマハ XTZ125の価格情報

ヤマハ XTZ125

ヤマハ XTZ125

新車 55

価格種別

中古車 5

本体

価格帯 21.15~28.99万円

24.06万円

諸費用

価格帯 ―万円

3.22万円

本体価格

諸費用

本体

20.54万円

価格帯 17.8~21.85万円

諸費用

1.69万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 26.2~28.87万円

27.28万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

22.24万円

価格帯 15.8~27.13万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

リュウ

リュウ

投稿者プロフィール

900ccスポーツバイクとカブ110を所有。好きなジャンルは90年代のSS。
ツーリングメインのライダーですが、たまにサーキットも走ってスポーツ走行も楽しんでます。
色々なバイクを楽しんで乗っている反面、欲しいバイクが次々と生まれてしまうのが最近の悩み。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る