new

【GSX-R125 ABS(2018)試乗インプレ】フラッグシップモデルのDNAを受け継いだ小さなスーパースポーツ!

【スズキ GSX-R125】
ディテール&試乗インプレッション

GSX-Rシリーズの最小排気量となるGSX-R125。既に他社では125ccのスーパースポーツモデルが登場している為、GSX-R125は後発となります。満を持して登場したこのバイクの走りは如何なものなのか?
今回はGSX-R125のフォルムと走りを徹底インプレしたいと思います!

GSX-RのDNAを継承した125ccスーパースポーツ

GSX-Rシリーズに相応しいスポーティなカウルデザインと共に、ブルーメタリックのカラーでは上位モデルと同様に蛍光グリーンのラインと【SUZUKI】のロゴがサイドカウルからシートカウルにかけて印字されています。
これはMoto GPの【チームスズキエクスター】を彷彿させるデザインとなり、このデザインが採用されているGSX-R125はGSX-RのDNAを継承した正真正銘のスーパースポーツと言えるのではないでしょうか!

跨ってみるとポジションは割と前傾姿勢になりますが、そこまで窮屈な印象は受けませんでした。
全幅が700mmしかなく非常にコンパクトなので、駐車スペースにもそこまで気を遣わなくて良さそうです。
ただ、スクリーンが思った以上に短く、顔をタンクに近づけてしっかり伏せると目線がスクリーンの縁と被ります…
ここは社外スクリーンと交換など対策したいポイントですね!

【全長/全幅/全高】

2,000mm/700mm/1,070mm

【車両重量】

134kg

▲ミラーを畳むと更にスマートになります
▲インナーカウルのダクトもレーシーです

GSX-R125のシート高、足つきをチェック

【シート高】

785mm

【足つき】

シート高の割には足つきがすごく良い印象でした。身長173cmの私でも両足がベタ足で付いて、膝も軽く曲がる余裕があります。
跨った際の太腿あたりにくるシートやタンクがすごくスリムに設計されている事も足つきの良さに繋がっていますね!

比較として2人のスタッフにも跨ってもらいましたが、身長161cmのスタッフも踵が少し浮くくらいでほぼベタ足でした。
身長156cmのスタッフでは両足がつま先立ちになるものの「いつもならもっと足が届きません!」というくらいに足つきが良いようです(笑)
バイクも軽いので、身長の低い人でも腰をずらして片足だけでも十分支えられますね!

▲シート高:785mm(スタッフ身長173cm)

▲シート高:785mm(スタッフ身長161cm)
▲シート高:785mm(スタッフ身長156cm)

GSX-R125の灯火類をチェック

【ヘッドライト】

ヘッドライトはGSX-Rシリーズではお馴染みの縦型2灯式となり左右にはポジションライトが装備されています。いずれもライトはLEDとなりますが、ウィンカーはハロゲンとなります。

▲ロービーム
▲ハイビーム

【テールライト】

テールライトとウィンカーはハロゲンとなりますが、ナンバー灯はLEDが採用されています。
テールはGSX-R1000R譲りのシャープなデザインになっていますね。

▲ブレーキ握ってません
▲ブレーキ握りました

GSX-R125のメーターをチェック

メーターはフル液晶ディスプレイが採用されており、昼夜問わず視認性の高い表示となっています。
液晶ディスプレイにはバー表示のタコメーターとデジタルスピードメーター、燃料計、最近では標準装備が主流となってきているギヤポジションインジケーターが配置されています。他にも時計、オドメーター、デュアルトリップメーターと平均燃費計、オイル交換時期を知らせるオイルチェンジインジケーターと表示できる情報が満載です!
ディスプレイ横には各種警告灯とインジケーターと共に、エンジンRPMインジケーターが搭載されています。エンジンRPMインジケーターはライダーの任意の回転数で点灯または点滅する様に設定が可能。

▲昼間はこんな感じ
▲暗くなるとこんな感じ

GSX-R125の足回りをチェック

【タイヤサイズ】

ホイールは前後17インチの10本スポークアルミキャストホイール。10本スポークがイマドキのスポーティな足元を演出しています。
タイヤサイズは同サイズのモデルと比較してフロントタイヤは細めとなりますが、ハンドリングに違和感はありません。
NS-1など一昔前の17インチフルカウルのバイクのようなタイヤ設定ですね!
フロント:90/80-17M/C 46S
リア:130/70-17M/C 62S

▲フロント:90/80-17M/C 46S
▲リア:130/70-17M/C 62S

【ブレーキ】

ブレーキディスクのサイズはフロントが290mm、リアが187mm。また、制動力だけでなくディスクローターのデザインはホイールと共にスポーティな足回りを際立たせるペタルタイプ(花弁型)となります。
ABSも標準装備となり、ブレーキング時に車輪をロックさせず効率良く減速することを助けてくれます。

【サスペンション】

サスペンションは前後とも調整機構はなく大きな特徴はありませんが、リアはリンク式となります。
フロントフォークは柔らかい印象ですが、リアサスペンションはしなやかにストロークしてくれます。

GSX-R125のマフラーをチェック

純正マフラーながら排気口のデザインがデュアルエンドとなり、リアビューの迫力を一層増しています。
デュアルエンドはデザインだけではなく音質にも効果を発揮し、7000rpm以上の高回転から更に太く存在感のある排気音を響かせます。

GSX-R125のタンクをチェック

燃費はWMTCモード値で44.7km/L(サブクラス2-1)となるので、タンク容量は11Lでも実走行で400km近く航続が可能です。
タンクもシート付近の部分はシュッと細くなり、足を大きく広げる必要が無いので足つき面でも貢献しています。
側面はハンドルが当たらないようにと大きく窪んだデザインとなります。また、タンクにはロゴやエンブレムはありません。

タンク前方にはシャッター付きのキーシリンダーが装着されいて、シャッターは鍵穴の下にあるレバーで閉める事が出来ます。
右側にある穴へ専用のマグネットキーを使ってプッシュするとシャッターが開きます。
海外モデルではシャッターキーではなくスマートキーになっているようです。

▲シャッターが閉じた状態
▲専用のマグネットを使ってシャッターが開けられます

GSX-R125のスイッチ類をチェック

スイッチボックスはシンプルなデザインですが、セルスターターボタンをワンプッシュしただけで始動可能なスズキイージースタートシステムを装備。
また、左側のボックスには125ccながらパッシングスイッチが装着されていて、対向車などへの合図に便利です。

▲パッシングスイッチが標準装備となる

GSX-R125のシートをチェック

ライダーのシートはタンク周辺が細くなっていて、タンク同様に足つきの良さに貢献しています。
タンデムシートは結構薄く、見かけ以上にクッションも少ないです。これでタンデムするのは正直すぐにお尻が痛くなりそう…
タンデムシート下は書類と車載工具が入っていますが、それ以外は何も入らなそうなほどの収納スペースです。どうせならシングルシートカウルと交換した方がよりテール周りがスッキリしてカッコイイですね!

▲タンデムシートは結構薄目です
▲収納スペースはほぼありませんでした

メーカーの本気がわかる装備の数々

他にも特徴としてハンドルがトップブリッジよりも下に装着され、自然と前傾になるように設定されたポジションや、125ccのバイクでは大型なラジエーターが装着されています。
これらの装備はストリートというよりもサーキットなど、よりスポーティな場面に焦点を合わせたものと思われます。
125ccながらレースで培ったノウハウを惜しみなく注ぎ込まれている、まさにメーカーの本気が伝わるバイクですね!

GSX-R125の気になるお値段は!?

GSX-R125
メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
386,640円(消費税抜き 358,000円)

GSX-S125
メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
354,240円(消費税抜き 328,000円)

ネイキッドモデルのGSX-S125からフルカウルになっても+3万円で収まり、税込価格でも40万円を切るという破格設定!
他社の同モデルでは40万を超える価格が大半となるので、125ccと言えどスポーツモデルとしてのお買い得感はバツグンです。

GSX-R125:現行車種のスペックや新車一覧はこちらから
GSX-R125のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
GSX-R125の新車一覧を見る

まとめ

GSX-R125はカタログ上の最高出力が15PSとなり同モデル内でもパワーのある部類に入りますが、乗った直後の印象は「全然進まないんだけど?」といった感じでした。
低回転の巡行からギアを変えずに加速しようとスロットルを煽っても全然回転数が上がらず、速度が落ちた後はこまめにギアを落としていかないと全く加速しません。ギアが合わないと加速しないのはどのバイクも同じですが、このバイクは特にそれが感じられストリートユースでの使用には疑問を覚えました。

ただ、それはこのバイクの1番美味しいところを上手く使えていない時の話であり、しっかりと高回転まで回すと全く別の顔を見せてくれました。
7000rpmぐらいからモリモリと加速していき、パワーバンドをキープするようにシフトアップを繰り返していくと「あれ、もうこんなに加速してるの!?」と驚かされます!
その上で、やっぱりこのバイクはストリートユース向きではないなと痛感しました。GSX-Rのモデル名はやはり伊達ではなく、このバイクで本当に楽しく走るにはサーキットやワインディングが1番適しています。

125ccなのでセカンドバイクとして乗るのももちろんアリですが、サーキットの入門モデルとして乗り出してみるのもこのバイクの楽しみ方の1つではないかと思いました!

撮影協力:株式会社スズキ二輪

スズキ GSX-R125の価格情報

スズキ GSX-R125

スズキ GSX-R125

新車 428

価格種別

中古車 11

本体

価格帯 29.8~55.08万円

35.31万円

諸費用

価格帯 ―万円

2.43万円

本体価格

諸費用

本体

33.6万円

価格帯 24.8~39.8万円

諸費用

3.22万円

価格帯 3.23~5万円


乗り出し価格

価格帯 32.39~55.08万円

37.74万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

36.82万円

価格帯 29.8~43.03万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

主に250ccなどの小排気量でレース参戦しています。
普段はサーキットしか走らず、公道走行についてはほぼ初心者…
だからこそ感じる車両のダイレクトな感想をお届けできればなと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る