new

【気になる新車が勢揃い!】2018年注目されたホンダの試乗記事10選をご紹介!

これを見れば今年注目されたホンダのバイクがわかる!

今年も数多くの新車情報をお届けしてきたモトレポートですが、ユーザーの皆様からもっとも注目が集まった記事をメーカーごとにまとめてみました!
まずはモデルチェンジだけでなく、ニューモデルが多く登場したホンダ車のモトレポート10選をどうぞ!!

ヤマハのモトレポート10選はこちら


スズキのモトレポート10選はこちら

1位 CB250R


足回りには倒立フロントフォークに150サイズのリアタイヤ、ブレーキには4ポッドラジアルマウントキャリパーを装備。
250ccネイキッドモデルでは類を見ない装備と共にボリューム感のあるタンクやシュラウド、アンダーカウルがより車体を際立たせます。
CB1000R譲りの圧倒的な存在感を放っているCB250Rですが、驚くべきはそのディテールだけではありませんでした!
今回はその特徴の数々を存分にご紹介していきます。

CB250Rのモトレポートの続きはこちら!

2位 PCX125

125ccスクーターの中でもかなり完成度が高く、人気のPCX125。
2018年型はそこから更に進化を遂げて大幅にモデルチェンジしました。
走行性能はもちろん、各種装備に関してもグレードが上がっておりとても魅力的な1台になっています。
2017年型のPCX125と比較してインプレします!

PCX125のモトレポートの続きはこちら!

3位 レブル250/500


ホンダから2017年に発売となった新型レブル250/500は、モダンなクルーザー(アメリカン)スタイルのバイクとして、今年約30年振りにフルモデルチェンジされて発売されました。
その魅力は何と言っても、これまでのアメリカンとは違うと一目でわかる、クールな"ボバー"スタイル。
それに加えて、低いシートと軽い車体によるバツグンの乗りやすさ、キビキビ走るスポーツ性能が合わさっているとなれば、ヒットしているのも納得できますよね。最近では、個性的なカスタムの新型レブルも見かけるようになり、ますます気になる車両です。

レブル250/500のモトレポートの続きはこちら!

4位 CB125R


「ネオスポーツカフェ」としてCB1000Rと共に満を持して登場したCB三兄弟の末っ子。
125ccながらその堂々たるスタイルに興味津々な方も多いハズ。
今回はそんな1台のあれやこれやをご紹介していきたいと思います!

CB125Rのモトレポートの続きはこちら!

5位 CB1000R


2008年に欧州向けに発売されていたCB1000Rが2018年にフルモデルチェンジ。
バイクに初めて乗った時のワクワクや高揚感を思い出せることがマシンのコンセプトになっています。
「ネオスポーツカフェ」という新たな時代の幕開けを感じさせる1台をインプレします!

CB1000Rのモトレポートの続きはこちら!

6位 PCX150


新型のPCX150は125と同様に2018年モデルからモデルチェンジをしています。
125と同等の車格ながら125よりも余裕を持って走行できる性能を持っています。
今回はそんなPCX150についてインプレします!

PCX150のモトレポートの続きはこちら!

7位 モンキー125


誕生から50周年を迎えた2017年。排ガス規制の影響により惜しまれつつ生産終了となった先代モンキー。
最後の500台限定50周年アニバーサリーモデルは抽選となりましたが、応募総数は4万5000人を超える高倍率となった事でも話題となりました。

そんな先代モンキーの生産終了から1年を待たずして登場したモンキー125。
モンキーの帰りを心待ちにしていた人も多いはずですが、排気量も車格も大きくなった大猿はみんなが思っていた「モンキー」と呼べるのか?

モンキー125のモトレポートの続きはこちら!

8位 クロスカブ110


生まれ変わったクロスカブ110は前モデルよりもアクティブなスタイリングをまとって登場!
普段の足として活用しても良し、休日に荷物を積んでキャンプツーリングに行っても良しの万能選手です!
「原付二種クラスでアレもコレも楽しみたい!」という欲張りさんなライダーの願望を叶えてくれるクロスカブ110をご紹介!

クロスカブ110のモトレポートの続きはこちら!

9位 スーパーカブ C125


公表されてから何かと話題となっていたスーパーカブC125。1958年に登場した初代スーパーカブC100がモデルとなっていますが、そのスタイルはどこか懐かしいフォルムなだけでなく、上質さも兼ね備えられています。

スーパーカブは世界生産累計台数1億台を超えるロングセラー車種であり、日本では主にビジネスバイクとしてバイクに乗っていない人でもその名を知らない人はいないと言っても過言ではありません。
しかし、スーパーカブC125はそんな広く知れ渡ったビジネスバイクとしてのスーパーカブとは全く異なる顔を持っています。

スーパーカブ C125のモトレポートの続きはこちら!

10位 フォルツァ


フルモデルチェンジして登場した5代目フォルツァ。
2000年にNew Stylish Sports(ニュースタイリッシュスポーツ)という開発コンセプトにより初代フォルツァが誕生しましたが、今回のモデルはフォルツァの完成形と言っても過言ではないでしょう。
デザインも前モデルから更にスポーティで近未来的な顔つきに変わりましたが、顔つきだけでなく装備も最先端技術を惜しみなく取り入れられています。

フォルツァのモトレポートの続きはこちら!

まとめ

ホンダ車の注目記事はいかがでしたか?
今年のホンダは小・中排気量を中心に、ニューモデルが多く登場した年でしたね。
単なるモデルチェンジではなく、「ネオスポーツカフェ」シリーズを確立したCBや、新たな姿で登場したモンキー125やC125など注目車種が多かったです。

他にもニューモデルではありませんが、2017年に登場してから根強い人気のレブルは、今年も年間通して注目されていた1台です!

今年の注目されたバイクが目白押しですので、見逃していた方は今から要チェックですよ!

ホンダ CB250Rの価格情報

ホンダ CB250R

ホンダ CB250R

新車 428

価格種別

中古車 4

本体

価格帯 27.25~55.4万円

44.92万円

諸費用

価格帯 5.46~16.65万円

5.11万円

本体価格

諸費用

本体

36.48万円

価格帯 18.8~46.33万円

諸費用

6.4万円

価格帯 6.42~7.23万円


乗り出し価格

価格帯 43.9~60.86万円

50.04万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

42.88万円

価格帯 25.22~53.56万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ PCX125の価格情報

ホンダ PCX125

ホンダ PCX125

新車 584

価格種別

中古車 238

本体

価格帯 24.02~51.8万円

30.12万円

諸費用

価格帯 2.48~3.55万円

2.37万円

本体価格

諸費用

本体

23.11万円

価格帯 16.05~32.2万円

諸費用

1.36万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 26.5~55.35万円

32.49万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

24.47万円

価格帯 13.99~48万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ Rebel 250の価格情報

ホンダ Rebel 250

ホンダ Rebel 250

新車 488

価格種別

中古車 19

本体

価格帯 39.52~58.86万円

48.97万円

諸費用

価格帯 5.08~6.76万円

4.98万円

本体価格

諸費用

本体

33.84万円

価格帯 9.8~49.99万円

諸費用

5.67万円

価格帯 4.7~6.43万円


乗り出し価格

価格帯 46.28~63.94万円

53.96万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

39.52万円

価格帯 14.5~56.42万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ Rebel 500の価格情報

ホンダ Rebel 500

ホンダ Rebel 500

新車 3

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 78.51~78.52万円

78.51万円

諸費用

価格帯 6.92~6.93万円

6.92万円

本体価格

諸費用

本体

52.92万円

価格帯 52.92万円

諸費用

4.32万円

価格帯 4.32万円


乗り出し価格

価格帯 85.44~85.44万円

85.44万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

57.24万円

価格帯 57.24~57.24万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ CB125Rの価格情報

ホンダ CB125R

ホンダ CB125R

新車 257

価格種別

中古車 2

本体

価格帯 35.9~44.82万円

40.31万円

諸費用

価格帯 2.8~2.9万円

2.35万円

本体価格

諸費用

本体

34.6万円

価格帯 32.4~36.8万円

諸費用

0.17万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 38.8~47.62万円

42.67万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

34.77万円

価格帯 34.77~34.77万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ CB1000R (2018-)の価格情報

ホンダ CB1000R (2018-)

ホンダ CB1000R (2018-)

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

144.8万円

価格帯 144.8万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ~万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ~万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ PCX150の価格情報

ホンダ PCX150

ホンダ PCX150

新車 673

価格種別

中古車 118

本体

価格帯 22.89~39.53万円

31.58万円

諸費用

価格帯 4.27~6万円

5.05万円

本体価格

諸費用

本体

24.32万円

価格帯 15.7~44.85万円

諸費用

3.37万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 28.9~43.8万円

36.64万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

27.7万円

価格帯 15.9~39.1万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ モンキー125の価格情報

ホンダ モンキー125

ホンダ モンキー125

新車 374

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 56.07~69.8万円

58.73万円

諸費用

価格帯 3~3.02万円

2.85万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 59.1~72.8万円

61.58万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ~万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ クロスカブ110の価格情報

ホンダ クロスカブ110

ホンダ クロスカブ110

新車 366

価格種別

中古車 69

本体

価格帯 23.1~35.1万円

29.71万円

諸費用

価格帯 1.93~2.31万円

2.67万円

本体価格

諸費用

本体

23.4万円

価格帯 15.6~29.4万円

諸費用

2.56万円

価格帯 1.58~2.58万円


乗り出し価格

価格帯 25.41~37.03万円

32.39万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

25.97万円

価格帯 18.18~30.98万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ スーパーカブC125の価格情報

ホンダ スーパーカブC125

ホンダ スーパーカブC125

新車 124

価格種別

中古車 4

本体

価格帯 32.8~39.96万円

36.51万円

諸費用

価格帯 2.7~3.54万円

2.84万円

本体価格

諸費用

本体

36.95万円

価格帯 35~37.6万円

諸費用

2.27万円

価格帯 1.29~2.6万円


乗り出し価格

価格帯 35.5~43.5万円

39.35万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

39.22万円

価格帯 36.29~40.2万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ フォルツァ(MF13E)の価格情報

ホンダ フォルツァ(MF13E)

ホンダ フォルツァ(MF13E)

新車 59

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 49.03~64.69万円

56.45万円

諸費用

価格帯 6.05~6.28万円

4.1万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 55.32~70.74万円

60.56万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ~万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

主に250ccなどの小排気量でレース参戦しています。
普段はサーキットしか走らず、公道走行についてはほぼ初心者…
だからこそ感じる車両のダイレクトな感想をお届けできればなと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る