new

おすすめ250ccネイキッドバイクをあれこれ比較しました【250ccネイキッドバイク比較インプレ】

【250ccネイキッド比較特集】
ディテール&試乗インプレッション

車検が無くて維持費も安く、通勤通学からツーリングなど使い勝手の良さが魅力の250cc。
近年では新たにアドベンチャーモデルの登場や、各社でスポーツモデルがモデルチェンジするなど、熱いカテゴリーとなっています!

そんな中で今回は、中型バイクのエントリーモデルとしても最適な、250ccネイキッドモデルをご紹介!
気になるスペックや装備を徹底比較していきます!

おすすめ250ccネイキッドを4台ピックアップ!

ホンダ CB250R

CB250R:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
CB250Rのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
CB250Rの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのCB250R中古車一覧

ヤマハ MT-25

MT-25:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
MT-25のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
MT-25の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのMT-25中古車一覧

スズキ GSR250

GSR250:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
GSR250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
GSR250の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのGSR250中古車一覧

ホンダ VTR250

VTR250:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
VTR250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ウェビックバイク選びおすすめのVTR250中古車一覧

気になる車両サイズをチェック!

【全長/全幅/全高】

・CB250R:2,020mm/805mm/1,050mm
・MT-25:2,090mm/1,035mm/745mm
・GSR250:2,145mm/1,075mm/760mm
・VTR250:2,080mm/1,055mm/725mm

【装備重量】

・CB250R:142《144》kg ※《 》はABS仕様
・MT-25:166kg
・GSR250:183kg
・VTR250:160kg

単気筒エンジンのCB250Rは、他の3台と比べると1番細身で軽量です。
サイズ感で言うと、1番大きいのはGSR250になり、重量も左右2本出しの分重くなっています。
MT-25とVTR250のサイズはそこまで変わらないですね。

▲CB250R
▲MT-25
▲GSR250
▲VTR250

足つき性をチェック!

【シート高】

・CB250R:800mm
・MT-25:780mm
・GSR250:780mm
・VTR250:755mm

シート高はCB250Rが800mmで1番高いですが、車体が細いのでそこまで足つきに影響はありませんでした。
MT-25とGSR250が同じとなり、1番低いのは755mmのVTR250です。
VTR250は更にシートも細くなっているので、数字以上に足つきは良いです。

▲CB250R シート高:800mm(スタッフ身長173cm)
▲MT-25 シート高:780mm(スタッフ身長162cm)
▲GSR250 シート高:780mm(スタッフ身長167cm)
▲VTR250 シート高:755mm(スタッフ身長167cm)

灯火類をチェック!

CB250Rは全ての灯火類がLED標準装備なので、視認性はバツグンです!
他の3台は全ての灯火類がハロゲンとなります。

【ヘッドライト】

▲CB250R ヘッドライト/ウィンカー:LED
▲MT-25 ヘッドライト/ウィンカー:ハロゲン
▲GSR250 ヘッドライト/ウィンカー:ハロゲン
▲VTR250 ヘッドライト/ウィンカー:ハロゲン

【テールライト】

▲CB250R テールライト/ウィンカー:LED
▲MT-25 テールライト/ウィンカー:ハロゲン
▲GSR250 テールライト/ウィンカー:ハロゲン
▲VTR250 テールライト/ウィンカー:ハロゲン

メーターをチェック!

CB250Rのメーターは、タコメーターがバーグラフ表示のフルデジタルメーターです。
MT-25とGSR250はどちらもアナログタコメーターとデジタルスピードメーターの組み合わせ。さらに、あると嬉しいシフトインジケーターまで標準装備です!
VTR250は、ネイキッドモデルらしいアナログ式の二眼メーターが装備されています。
ちなみにVTR250には燃料計が無く、ガソリンの残量の確認は警告灯のみとなります。

▲CB250R フルデジタルメーター
▲MT-25 スピード:デジタル/タコ:アナログ
▲GSR250 スピード:デジタル/タコ:アナログ
▲VTR250 アナログ二眼メーター

足回りをチェック!

【タイヤサイズ】

・CB250R:110/70R17M/C 54H(前)/150/60R17M/C 66H(後)
・MT-25:110/70-17M/C 54S(前)/140/70-17M/C 66S(後)
・GSR250:110/80-17M/C 57H(前)/140/70-17M/C 66H(後)
・VTR250:110/70R17M/C 54H(前)/140/60R17M/C 63H(後)

【サスペンション】

・CB250R:倒立フォーク(前)/モノショック(後)
・MT-25:正立フォーク(前)/モノショック(後)
・GSR250:正立フォーク(前)/モノショック(後)
・VTR250:正立フォーク(前)/モノショック(後)

【ブレーキ】

・CB250R:4ポッドラジアルマウントキャリパー(前)/シングルピストンキャリパー(後)
・MT-25:2ポッドキャリパー(前)/シングルピストンキャリパー(後)
・GSR250:2ポッドキャリパー(前)/シングルピストンキャリパー(後)
・VTR250:2ポッドキャリパー(前)/シングルピストンキャリパー(後)

特筆すべきはCB250Rの足回りです!
リアのタイヤサイズは150、サスペンションは倒立フォークを装備。さらにブレーキには4ポッドラジアルマウントキャリパーと、250ccクラスでは他に無い豪華な足回りになっています。
他の3台は基本的な構造・サイズは同じとなります。

▲CB250R 倒立フォーク/4ポッドラジアルマウントキャリパー
▲MT-25 正立フォーク/2ポッドキャリパー
▲GSR250 正立フォーク/2ポッドキャリパー
▲VTR250 正立フォーク/2ポッドキャリパー

エンジンスペックをチェック!

・CB250R:水冷4ストロークDOHC単気筒/最高出力:27ps
・MT-25:水冷4ストロークDOHC並列二気筒/最高出力:35ps
・GSR250:水冷4ストロークSOHC並列二気筒/最高出力:24ps
・VTR250:水冷4ストロークV型二気筒/最高出力:30ps

エンジンのパワーは、スポーツモデルのYZF-R25直系エンジンを搭載したMT-25が1番!
単気筒ながら二気筒のVTRとほぼ互角のCB250Rは、スポーツモデルのCBR250R直系のエンジンを搭載しています。
VTR250は唯一のV型エンジンが売りであり、二気筒ながらシリンダーが縦にならんだ細身のボディと、トルクが魅力です。
GSR250はMT-25と同じ並列二気筒ですが、カムシャフトが1本のSOHCエンジンになります。

▲CB250R 最高出力:27ps
▲MT-25 最高出力:35ps
▲GSR250 最高出力:24ps
▲VTR250 最高出力:30ps

タンク容量・燃費をチェック!

・CB250R:10L/燃費:33.7km/L
・MT-25:14L/燃費:27.2km/L
・GSR250:13L/燃費:29.2km/L
・VTR250:12L/燃費:40km/L(60km/h定地燃費値)
※VTR250以外の燃費はWMTCモード値

CB250Rはタンク容量が少ないながらも、燃費はバツグンに良いですね。
二気筒ではVTR250のみ異なる測定値となりますが、他の2台との燃費に大きな差は無いと思われます。

WMTCモード値とは、発進・加速・停止など、いろいろな走行パターンを含んだ燃費試験法で、「定値燃費値」より現実に近い値になると言われています。

▲CB250R タンク容量:10L/燃費:33.7km/L
▲MT-25 タンク容量:14L/燃費:27.2km/L
▲GSR250 タンク容量:13L/燃費:29.2km/L
▲VTR250 タンク容量:12L/燃費:40km/L(60km/h定地燃費値)

収納スペースをチェック!

しっかりとスペースを確保されているのはVTR250でした。
ただ、それでも財布や携帯と言った小物を入れられるくらいで、ペットボトルなどが入るほどのスペースはありません。
他のバイクもETCや車載工具、書類ぐらいが入るスペースがありました。

▲CB250R
▲MT-25
▲GSR250
▲VTR250

気になる4台の価格は?

・CB250R:503,280円(ABS:554,040円)
・MT-25:534,600円
・GSR250:456,840円
・VTR250:598,320円(SE:619,920円)
※メーカー希望小売価格(消費税込み)
※2019年2月時点

販売価格はGSR250が1番安く、予算からバイクを選ぶ時は候補にしても良いですね。
意外だったのが、VTR250は他の3台と比較すると価格に大きな差があることでした。
こうやって比較すると、CB250Rは豪華な足回りでこの価格だとお得感がありますね(笑)

まとめ

4台の250ccネイキッドバイクをあれこれ比較しましたが、いかがでしたか?
最後にそれぞれのバイクの特徴をまとめてみました。
是非、選ぶ時の参考にしてくださいね!

・CB250R
250ccネイキッドでは最新型になる。※2019年2月時点
LEDの灯火類や倒立フォークとラジアルキャリパーなど、豪華な装備が売り。
車体が軽いこともあり、軽快なハンドリングと強力なブレーキングでメリハリある走りが楽しめる。

・MT-25
250ccネイキッド随一のパワーを誇る。
パワーだけでなく、足回りもスポーツモデル顔負けなので、ワインディングなどもしっかりと攻められる。
YZF-R25と共通のパーツが多いので、カスタムパーツが豊富なのも嬉しい。

・GSR250
4台の中では1番ツーリング、街乗り向き。
燃費も良く、シートも厚手なので、ロングツーリングでも疲れにくい。
GSR系のヘッドライトやウィンカーデザイン、2本出しマフラーなど、独特なスタイルが魅力。

・VTR250
丸目単眼のヘッドライト、アナログ二眼メーター、タンデムシート一体型シートと、オーソドックスなネイキッドスタイル。
今では珍しくなった伝統のV型エンジンはパワフルで燃費も良い。
街乗りやツーリングだけでなく、レースに使われている実績があるオールマイティーな1台。

ホンダ CB250Rの価格情報

ホンダ CB250R

ホンダ CB250R

新車  288

価格種別

中古車  5

本体

価格帯 42.28~57.96 万円

52.71 万円

諸費用

価格帯 4~6.42 万円

0.84 万円

本体価格

諸費用

本体

46.91 万円

価格帯 41.8~53.12 万円

諸費用

4.39 万円

価格帯 2.99~4.71 万円


乗り出し価格

価格帯 48.7~61.96 万円

53.56 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

51.31 万円

価格帯 46.51~56.11 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ヤマハ MT-25の価格情報

ヤマハ MT-25

ヤマハ MT-25

新車  150

価格種別

中古車  45

本体

価格帯 40.76~56.75 万円

54.27 万円

諸費用

価格帯 1~6.04 万円

万円

本体価格

諸費用

本体

42.85 万円

価格帯 34.43~53.12 万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 46.8~57.75 万円

54.26 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

40.92 万円

価格帯 35.2~47.06 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ GSR250の価格情報

スズキ GSR250

スズキ GSR250

新車  2

価格種別

中古車  100

本体

価格帯 37.5~44 万円

39.75 万円

諸費用

価格帯 4.72~5.3 万円

6 万円

本体価格

諸費用

本体

29.67 万円

価格帯 12.9~42.23 万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 42.8~48.72 万円

45.76 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

28.48 万円

価格帯 20.16~33.14 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ VTR250の価格情報

ホンダ VTR250

ホンダ VTR250

新車  0

価格種別

中古車  135

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

44.88 万円

価格帯 12.01~72.36 万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

35.76 万円

価格帯 17.01~59.06 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

・身長:173cm
・バイクの所有歴(所有が古いもの順):Today→NSR250(88)→VTR250(09)→CBR900RR(92)→ZOOMER→トリッカー(04)
・主なバイクの楽しみ方:サーキット、レース
・免許・ライセンス:普通自動車免許、大型自動二輪免許、中学・高校教員免許、漢検3級、MFJ国内ライセンス
・特技:耐久レースで走り続ける

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る