new

【DEMON150GR(2019)試乗インプレ】新感覚!本格SSのようなスタイルと、クイックなハンドリングが楽しいタイ製マシン!

【GPX DEMON150GR】
ディテール&試乗インプレッション

”GPX”というバイクメーカーをご存知ですか?
タイ発祥のバイクメーカーで、タイ国内ではホンダ・ヤマハに続いて絶大な人気を誇るメーカーです。
このGPX製のバイクが2019年より日本でも本格的に販売されると聞き、早速試乗してきました!

まずは150ccながらスーパースポーツ顔負けのスタイルを身に纏った、DEMON150GR(デーモン150GR)のインプレをお届けします!

欧州車顔負けのルックス

【全長/全幅/全高】

1,835mm/750mm/1,050mm

【車両重量】

130kg

一目見た時に「どこかで見たことあるような・・・」と、ついつい言ってしまいそうなルックスと、前後14インチホイールの組み合わせ。
近年では小排気量のフルサイズスポーツモデルが登場する中、デーモン150GRはそれらと比べると小さいですが、12インチミニバイクよりは大きい。
エンジンは150ccなので、高速道路も走れることから「ミニバイク」と呼ぶにはちょっと違和感。
そんな他車には無い、独特な立ち位置が逆にクセになりそうな1台です!

フロントのデザインやテールの跳ね上がりなど、ルックスは最近の流行りにしっかりとマッチしています。

足つき

【シート高】

780mm

【足つき】

車体がシャープなこともあり、足つきは良好です。ライディング時にも膝が窮屈になることもありませんでした。
ただ、ハンドルバーと体の距離が近い為、伏せた時のポジションは少し窮屈に感じます。
ポジションには少し慣れが必要そうです。

▲シート高:780mm(スタッフ身長180cm)
▲シート高:780mm(スタッフ身長180cm)
▲シート高:780mm(スタッフ身長173cm)
▲シート高:780mm(スタッフ身長173cm)

灯火類は全てLED

灯火類は全てLEDを標準装備。特にヘッドライトにはハイ・ローで4灯のLEDが装備されています。
低価格帯でありながら、装備に妥協が無いのもデーモン150GRの魅力の一つと言えますね。

【ヘッドライト】

▲ロービームは中央2灯のみ点灯
▲ハイビームで外側2灯がさらに点灯

【テールライト】

▲ブレーキ握ってない
▲ブレーキ握りました

便利な機能満載のメーター

メーターは小排気量でも主流となってきているデジタルメーターを採用。メーターパネル下には5VのUSB電源を標準装備。
燃料計や時計だけでなく、シフトインジケーターまで付いているので、「今何速だっけ?」ということもありません。
USBケーブルを繋げばスマホの充電もできるので、スマホをナビ代わりに使っている人も電池切れの心配なしです!

そして、このメーターの最大の特徴が、パネルのバックライトのカラーを変えられるところ!
カラーはレッド、オレンジ、ブルーの3色から切り替えが可能です。切り替えたカラーは昼間でもハッキリとわかるほど。

▲バックライトカラー:オレンジ
▲5VのUSB電源を標準装備
▲バックライトカラー:レッド
▲バックライトカラー:ブルー

一見するとオーソドックスなスイッチ

スイッチボックスのレイアウトはオーソドックスな物に見えますが、右側スイッチボックスにはライトのON/OFFスイッチ、左側スイッチボックスにはチョークレバーが付いています。
日本国内の仕様に合わせているのか不明ですが、ライトを切ることができません。スイッチを切り替えてもライトの状態は切り替わりませんでした。
ウィンカースイッチはプッシュキャンセラーが無いので、ウィンカーを出し終わったら自分で真ん中に戻す必要があります。

▲キャブレターなので、チョークレバーがついている
▲ライトの切り替えスイッチは機能しなかった

国内スーパースポーツモデル顔負けの足回り

【ホイール】

フロント:120/70-14
リア:140/70-14

デーモン150GRの足回りの特徴の一つが、前後14インチのホイールサイズです。
走破性を維持しつつ、クイックなハンドリングを生み出しているこのホイールサイズは、デーモン150GRでしか味わえないスポーティな走りを体感できます。
ホイールデザインも肉抜きされた社外ホイールのような10本スポークが、足元から高級感を演出しています。
タイヤはIRC製を装備。

ちなみに、チェーンはRK製の520サイズを装備していましたが、428サイズのコンバートができたりすると、さらに走りが軽やかになりそうですね。

▲120/70-14
▲140/70-14

【ブレーキ】

フロントは2ポッドキャリパーのシングルディスク、リアはシングルポッドキャリパーを装備。
ディスクは小径ですが、車両重量も軽量なので十分なブレーキングを発揮します。

▲2ポッドキャリパー
▲シングルポッドキャリパー

【サスペンション】

サスペンションはKYB製倒立フロントフォーク、YSS製リアサスペンションを装備。
タイのメーカーながら、日本で広く知られているサスペンションが純正採用されていることからもGPXの品質の高さが伺えます。

サスペンションの味付けはタイでの二人乗りを想定したものなのか、感触は硬めで跨っただけではあまり沈みませんでした。
路面の悪いところではギャップがそのまま直接体に伝わるような感覚なので、アフターパーツなどでセッティングできると、まだまだ走りを突き詰められそうです。

▲KYB製倒立フロントフォーク
▲YSS製リアサスペンション

キャブレターながら扱いやすいエンジン

馬力:11HP/7,500rpm
トルク:1.18kgf/m /7,500rpm

エンジンは空冷4ストロークSOHC149ccで、6速ミッション搭載。
そして、燃料供給装置には日本の現行モデルではほとんど見なくなったキャブレターを使用しています。
装着されているキャブレターはDENI製で、KEIHINと同等製品としてアフターパーツメーカーでも使用されているものです。

エンジンが冷えている時の始動時にはお馴染みの、チョークを引いてエンジンをかける必要がありますが、スロットルのレスポンスは悪くありません。
腹下に設置されたマフラーは、マスの集中化にも寄与しています。

▲DENI製キャブレター

ホールド感抜群のタンクデザイン

タンク容量:8L
燃費情報はメーカー公式サイトでは公表されていませんが、試乗した感じからも燃費はそこまで悪くはないように思えます。
それでも燃料計でガソリン残量を確認できるので、ツーリングなどの際も急な燃料切れの心配はなさそうですね。
ちなみに、ガソリン残量がほとんど無くなってもリザーブタンクに頼ることができるので少しだけ安心です。

タンクの形状もニーグリップがしやすいデザインになっていて、走行中のホールド感が抜群に良いので操作に集中できます。

▲燃料コックでリザーブに切り替えが可能

滑りにくい材質のシート

シートの表面は滑りにくい材質になっているので、タンク形状と共に下半身のホールド感アップに寄与しています。
ただ、タンクとタンデムシートとの間が狭く、シート上でのポジションが限定される印象を受けました。

タンデムシート下は車載工具ぐらいしか入らないスペースでしたが、付属しているワイヤーを使うことでヘルメットを括りつけられます。
ヘルメットロックを別途買わなくても、ヘルメットをバイクに固定できるのは嬉しいですね!

気になる販売価格は!?

メーカー希望小売価格:343,440円(消費税8%込み)

※2019年3月時点

同じ150ccのPCX150と比較しても殆ど価格差はありません。
高速道路も走れるスポーツモデルがこの価格で手に入ると思うと、国内モデルには無いお買い得感がありますね!
利便性であればスクーターの方が上ですが、カスタムや走りを楽しめるセカンドバイクとして所有するのも面白いですよ。

DEMON150GR:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
DEMON150GRのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
DEMON150GRの新車一覧を見る

まとめ

今回の試乗は市街走行がメインでしたが、150ccながら6速ミッションを搭載していることもあり、法定速度内でもシフトチェンジは上から下までこまめに変えていく必要がありました。街中でシフトチェンジが多いことは好みが分かれそうですが、「操る楽しみ」を求める人にはピッタリです。
エンジンも低回転こそパワー不足を感じるものの、高回転の伸びは気持ち良く、幹線道路など流れの速い道でも難なく走れました。

1日乗ってみた率直な感想としては、「思っていたよりもしっかりしている」でした。
個人的な先入観になりますが、アジア圏のメーカーということで実際に乗るまでは走行性能や車体の作りなど、国内モデルと比較して気になるところがたくさん出てくるかなと思っていました。
しかし、これまで紹介してきたように、装備やデザインは国内モデルと比較しても遜色ないかそれ以上で、気になる部分はセッティングやカスタムでいくらでも改善できそうです。
価格の安さに目を奪われがちですが、安かろう悪かろうではなく、乗ってからも楽しめる面白いバイクだと言えますね。
伸びしろ満載のGPXオーナーになってみませんか?

今回撮影にご協力頂いたGPX千葉(モトショップ クロニクル)さんでは、日本で販売されているGPX全モデル・全カラーが展示されています!店内には今回試乗したデーモン150GRのトリコロールカラーの他に、4色も展示されていました。
気になるアフターサポートについて聞いてみたところ、本国から毎月定期便で部品が届くようなので、修理の際も安心です。
この記事をみて気になった方は、是非お店にお問い合わせして実車もチェックしてくださいね!

GPXの車両は、3月22日から開催の東京モーターサイクルショーにも出店されているのでお見逃しなく!

撮影協力:GPX千葉

GPX Demon150GRの価格情報

GPX Demon150GR

GPX Demon150GR

新車 7

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 34.34~34.34万円

34.34万円

諸費用

価格帯 6.48~8.31万円

7.06万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 40.82~42.66万円

41.41万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ~万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

主に250ccなどの小排気量でレース参戦しています。
普段はサーキットしか走らず、公道走行についてはほぼ初心者…
だからこそ感じる車両のダイレクトな感想をお届けできればなと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る