new

【バイク買取り強化!】バイク館SOXではなぜ高価買取りが可能なのか?に迫りました!

バイクを売るなら高額買取りのSOXグループがお得!

「新しいバイクに乗りたい」「引っ越すので一旦売却をしたい」など、様々な理由でバイクを手放すことってありますよね。
そして大事にしてきた愛車はできることなら高額で買い取ってもらいたいもの。
でもどこが高く買い取ってくれるのかわからない、という方は多いのではないでしょうか?
今回はそんな皆様に参考にしていただきたい内容です。

全国でバイク販売を行っている「バイク館SOX」では、販売だけでなく買取りも強化しています。
様々な買取業者の中から、SOXグループで売却することのメリットと「高く買い取ってもらうコツ」をご紹介しますので、ぜひお役立てください。

申込みから買取りの流れ

まず、はじめて愛車をご売却される方は、「自分のバイクはいくらで売れるのだろう?」「売りたい時は、どのようにすればいいのだろう?」「査定に来る人と、どんな話をすればいいんだろう?」などと、買取業者とのやりとりに不安や心配を感じるかもしれません。
SOXの買い取り担当者はもともとSOX販売店の店長や、異業種で店長経験を積んでいます。そのため丁寧にお客様の不安や疑問に応対いたします。
また、バイクのご売却だけでなく、お乗り換えに関しても、よりよいご提案をすることができます。

ただ買い取ってもらうだけではなくて、手厚いサポートは安心材料の一つになりますし、買取りの決め手にもなりうる要素ではないでしょうか。

STEP1

ウェブサイトのお問い合わせフォーム、もしくは電話で査定をお申込みください。
お電話であれば、車種名、走行距離、年式などを伺ったうえで、概算価格をお伝えします。
出張査定をご希望される場合は、都合のよい日程を電話かメールにてご連絡ください。出張査定の候補日時をご連絡いたします。
※未成年者の方、または名義人とご契約者が異なる場合は、事前にお電話にて、親権者への同意確認または名義人への承認確認が必要になります。

STEP2

実車査定には、方法が2つあります。
1、【出張査定】ご指定の場所にお伺いします(自宅や保管場所、または待ち合わせ場所、勤務先など)
2、【店頭査定】 SOX各店舗まで、実車をお持ちいただきます。

どちらであっても、査定額に増減はありません。
バイクの状態や付属品の有無などをもとに、その場で査定額を算出いたします。所要時間は15分程度です。

▲査定員がしっかり丁寧にチェックします。
▲思わぬ部分が査定額アップにつながるかも!?

STEP3

査定金額にご納得いただけましたら、ご契約手続きを行います。
査定車両のプラスポイントやマイナスポイントをご説明いたします。不明な点やご質問などがありましたら、気軽にお尋ねください。
もし、査定額にご納得いただけない場合には、直ちに帰社いたします。
以下、所要時間は約50分です。

1、バイクの引き渡し(車両受領書を作成、お渡しいたします)
2、必要書類の引き渡し
3、ローン残金のお支払い(ローン中に限り)

買取り代金は、3営業日以内にお客様の口座にお振込みいたします。
※業務の安全面を考慮して、現金は持ち歩いておりません。買取り代金はすべてお振込みとさせていただいております。
車両お預り日の翌日にお客様のご指定口座に買取代金をお振込みします。株式会社SOX・イエローハットは、東証一部上場・株式会社イエローハットの100%子会社ですのでご安心ください。
ローン残金がある場合のお支払いは、買取りにより差額が生じる場合は差額ご返金、またはご返済になります。
差額のご返済が困難な場合でも残債ローンに切り替えることも可能ですのでご相談ください。
また、名義変更・廃車証などの関係書類は、おおよそ3週間後に郵送いたします。

買取り査定ダイヤル(TEL)のご案内

SOXの電話受付(買取査定ダイヤル)は、国産車、外国車、逆輸入車、カスタムバイクはもちろん、不動車・事故車も査定のご依頼も承ります。
バイク査定専門スタッフが応対いたしますので説明がスムーズです。バイクを早く処分・現金化したいという場合は、お電話ください。

【買取査定フリーダイヤル】

0120-819-106
(受付時間 9:00~19:00)

SOXのバイク買取りの強み

SOXの買取りは、自社で買い取ったバイクを自社バイクショップにて販売しています。
そのため一般的な買取り業者・業者オークションから仕入れた際の手数料が発生しません。

次のお客様にバイクをお渡しするまで、ほかの業者が入らない(外注しない)ことによって、コストダウンしております。
その中間手数料・手間などを省くことで、買取りの際により高い査定額をご提示することが可能となっています。
SOXバイク買取りは、買取ったバイクを国内のSOX販売店にて販売するほか、社内の輸出部門から海外へ輸出することもあります。また業者オークションや提携業者へ販売することもあり、状況に応じた販売網を構築しています。
長年培ったこれらの仕組みによって、SOX買取りは柔軟な対応、ひいては高い買取り額の提示を実現しています。

バイクを高く売るコツ

中古バイクは、新車に近いコンディションほど高い市場価値を持っています。サビがなく、キズもなく、もちろん立ちゴケの跡もなければ、最高の査定額をご提示できます。
ただ、一般的に乗っていれば雨風によってサビが発生しますし、保管スペースから出し入れする際にすりキズをつくってしまうこともあります。そのような一般的な使用に伴うものは仕方がないとしても、愛車をより高く売却するコツがあります。
ここでは大きく5つに分けてご紹介いたします。

1、きれいな状態で査定を依頼

同じ中古の品でも、ホコリをかぶっている状態と、ピカピカの状態では、見る人の受ける印象は異なります。
これはみなさまのバイクを拝見する査定員にしても同じです。
また、きれいなコンディションが保たれているということは、見えない部分も大切に扱われていたと判断するのが妥当といえます。
ワックスなどで磨き上げる必要はありませんが、水洗いをして汚れを落としておいたほうが査定額アップにつながる可能性があります。
ただ、洗っていないと査定できないわけでも、査定額が下がるわけでもありません。

2、エンジンがかかる状態にしておく

バイクの心臓部といえるエンジンの状態は、査定額を大きく左右します。
そのエンジンがかからないとなると大きなトラブルを内包している可能性がある、という予想が成り立ちます。
エンジンも機械ですので、適度に動かしていたほうが良好なコンディションを保てることは、みなさんもご存知かと思います。
エンジン不動、というキーワードで査定員を警戒させないためにも、エンジンが始動する状態をキープしておくことがベターといえます。
ただ、バッテリーが上がっていてセルスターターが回らないだけであれば、ジャンプスターターをお持ちしてセルスターター・エンジンの動作チェックをすることができます。
また、最近はフューエル・インジェクションを採用したモデル増えてきましたから、長期間エンジンをかけていない場合でも、ジャンプ・スターターで容易に始動する場合があります。

3、キズ・へこみ補修は減額のリスクあり

すりキズを消すために市販のコンパウンドで磨いたりする必要はありません。
慣れない人が作業すると、かえってキズのある部分が目立ってしまったりと、必ずしもよい状態になるとは限りません。
SOXが買取ったバイクは、必要に応じてプロの作業員がキズを目立たなくする施工をするなどのリペアを経て店頭に並びます。
査定前に研磨しておこう、というお気持ちは洗車程度の作業にしていただいたほうが無難です。

4、ノーマルパーツを用意しておく

もし、社外マフラーを装着されている場合は、車検が通るタイプ(JMCA認証)かご確認ください。
もし車検不対応であっても、ノーマルマフラーがあれば、査定額に響くことはほとんどありません。
また、そのほかの社外パーツであっても、純正部品があると、次のお客様に販売する際にスムーズですので、査定額をアップすることができます。
そのほか、そのバイク用の予備部品などがありましたら、査定依頼の際にお伝えください。

5、純正オプションは査定アップ

バイクメーカーが用意した、いわゆる純正オプションパーツは、信頼性・耐久性ともに高いため、装着されていると査定額アップにつながります。
こちらも社外パーツと同様に、そのパーツを装着する際に取り外した純正パーツがあればご用意ください。

以上の5点をしっかり押さえておけば、自分の予想していた以上の金額がつくのも夢ではないかも!?
非常に参考になりますね。

さて、ここまでのポイントを踏まえた上で、SOX様が実際に買い取ってきた車両の実例をご紹介します。
自分が乗っている車両や状態が近いものを参考にしてみてください。

買い取り実例:ZX-14R(カワサキ)の場合

車種名:ZX-14R(カワサキ)
年式:2013年
走行:7,649km
エンジン:良好
外観:良好
キズ:無
カスタム:有
足回り:良好

【買い取り価格:115万円】

・外装
全体的にとてもきれいなコンディションで、各部のメッキパーツには輝きがあり、プラスチックパーツにも艶があります。
外観だけ見たら新古車かと思われる程の印象です。サイドスタンド周辺など、雨があたりやすく、サビやすい部分もきれいです。

・エンジン
エンジンの始動は、セル一発でした。
アクセルを開けてるとスムーズに回転数も上がっていきました。まったく問題ありません。
バッテリーの弱りもなく、定期的に乗られていたという印象です。
エンジンも全体的にきれいな状態が保たれており、好印象でした。

・タイヤ
タイヤは8分山と、まだまだ使えるだけ残っている状態だったので査定のプラスになりました。
ホイールもキズなどがなく、全体的に綺麗で何の問題もありませんでした。

・電装保安部品
ウインカー、ヘッドライトなど、綺麗でキズもなく、機能的に問題ありません。
ヘッドライトに曇りはなく、割れやキズも見当たりません。
ハンドルバーエンドに転倒によるキズなどなく、良いコンディションです。レバー関連もキズなどなく、査定アップにつながりました。

・純正オプション/カスタムパーツ
ナサートのフルエキマフラーと、ステアリングダンパーが装着されています。
マフラーに関しては社外品ですが、車検対応のものでしたので、プラス査定となりました。

買い取り実例:GSX1300R(スズキ)の場合

車種名:GSX1300R(スズキ)
年式:2003年
走行:23,759km
エンジン:良好
外観:良好
キズ:立ちごけ程度
カスタム:有
足回り:良好

【買い取り価格:25万円】

・外装
立ちゴケキズがありましたが、それ以外は全体的にきれいなコンディションです。
このツアラータイプによくある傾向として、オーナー様が非常にていねいな扱いをされるようです。このバイクもその1台で、とても好印象です。
サイドスタンドやフレームのところどころにサビがありますが、それほど気になるほどではなく査定には影響ありませんでした。

・エンジン
エンジンの始動は、セル一発でした。アクセルを開けてるとスムーズに回転数も上がっていきました。まったく問題ありません。
バッテリーの弱りもなく、定期的に乗られていたという印象です。ちなみにSOXでは、ジャンプスターターを用意しておりますので、バッテリー上がりのバイクでもご対応ができます。
全体的にきれいな状態が保たれており、オーナー様がバイクカバーをかけて大切に保管していたことが外装以外のところからも感じられます。

・足回り
タイヤのブロックは6分山程度です。ただ、サイドウォールなどにヒビ割れなどはありませんでしたので、もう少し走れそうです。
ホイールに擦りキズはありませんし、きれいに磨けばまだまだ美しい輝きがよみがえる印象を受けますのでプラス面といえます。

・電装保安部品
ウインカー、ヘッドライトなど、機能的には問題ありません。ヘッドライトに曇りはなく、割れやキズも見当たりません。
ハンドルバーエンドにも転倒によるキズなどなく、良いコンディションです。
純正ハンドルバーがそのまま装着されています。レバー関連もキズなどなく、査定アップにつながりました。

・純正オプション/カスタムパーツ
純正シングルシートカウルとタンデムシートもあり、好印象でした。

買い取り実例:VFR1200F(ホンダ)の場合

車種名:VFR1200F(ホンダ)
年式:2010年
走行:20,362km
エンジン:良好
外観:良好
キズ:無
カスタム:無
足回り:良好

【買い取り価格:45万円】

・外装
ミラーの先端に擦れ傷がありますが、全体的にとてもきれいなコンディションなので、プラスチックパーツにも艶が残っています。
サイドスタンド周辺など、雨があたりやすくサビやすい部分もきれいです。

・エンジン
エンジンの始動は、セル一発でした。アクセルを開けてるとスムーズに回転数も上がっていきました。まったく問題ありません。

・足回り
オイルの漏れや滲みもなくインナーチューブの錆も見当たりません。

・電装保安部品
ウインカー、ヘッドライトなど、機能的には問題ありません。ヘッドライトに曇りはなく、割れやキズも見当たりません。
ハンドルバーエンドに転倒によるキズなどなく、良いコンディションです。
純正ハンドルバーがそのまま装着されています。レバー関連もキズなどなく、査定アップにつながりました。

・純正オプション/カスタムパーツ
フルノーマル

買い取り実例:CB1100EX Eパッケージ(ホンダ)の場合

車種名:CB1100EX Eパッケージ(ホンダ)
年式:2014年
走行:13,954km
エンジン:良好
外観:良好
キズ:ほぼ無
カスタム:有
足回り:良好

【買い取り価格:70万円】

・外装
全体的にとてもきれいなコンディションでした。
各部のメッキパーツには輝きがあり、プラスチックパーツにも艶が残っています。

・エンジン
エンジンの始動は、セル一発でした。アクセルを開けてるとスムーズに回転数も上がっていきました。まったく問題ありません。

・足回り
タイヤは8分山と、まだまだ使えるだけ残っている状態だったので査定のプラスになりました。

・純正オプション/カスタムパーツ
ワイバンのフルエキマフラーが装着されています。マフラーに関しては、取り外した純正マフラーがあるためプラス査定となりました。

・総合評価
保管状態が良く、目立つマイナス査定ポイントがほとんどありません。

買い取り実例:ニンジャ1000(カワサキ)の場合

車種名:ニンジャ1000(カワサキ)
年式:2017年
走行:8,902km
エンジン:良好
外観:右サイドカウルに一部ひび割れと修正跡あり
キズ:全体的にきれい
カスタム:有(アクラポビッチスリップオンマフラー、スクリーン)
足回り:良好

【買い取り価格:87万円】

・外装
右サイドカウルに立ちゴケと思われる割れキズがございましたが、接着と修正を行っておりました。それ以外は特に目立ったキズはなく、全体的に綺麗な車両でした。

・エンジン
エンジンの始動は、セル一発でした。アクセルを開けてるとスムーズに回転数も上がっていきました。まったく問題ありません。
エンジンのサイドカバーあたりに立ちごけによるキズがありましたが、全体的にはキレイな状態が保たれています。

・足回り
タイヤは8分山と、まだまだ使えるだけ残っている状態だったので査定のプラスになりました。
ホイールも新品同様で非常にキレイな状態が保たれていました。

・電装保安部品
ウインカー、ヘッドライトなど機能的には問題ありません。ヘッドライトに曇りはなく、割れやキズも見当たりません。

・純正オプション/カスタムパーツ
アクラポビッチのスリップオンマフラーと、ワイドスクリーンが装着されています。
マフラーに関しては取り外した純正マフラーがあるためプラス査定となります。

・総合評価
現行、人気車で状態の良い車両だったので、高額査定となりました。

買い取り実例:CBR1100XX(ホンダ)の場合

車種名:CBR1100XX(ホンダ)
年式:1999年
走行:37,535km
エンジン:良好
外観:良好
キズ:有
カスタム:有
足回り:良好

【買い取り価格:20万円】

・外装
立ちごけと思われる細かいキズがありますが、全体的にとてもキレイなコンディションでした。
アルミ錆も少なくプラスチックパーツにも艶が残っていました。

・エンジン
エンジンの始動は、セル一発でした。アクセルを開けてるとスムーズに回転数も上がっていきました。まったく問題ありませんでした。

・足回り
ホイールに擦り傷等はありませんでしたが、少し錆が出始めていました。

・電装保安部品
ウインカー、ヘッドライトなど機能的には問題ありません。ヘッドライトに曇りはなく、割れやキズも見当たりません。

・純正オプション/カスタムパーツ
ストライカーのフルエキマフラーと、スモークスクリーンが装着されています。

・総合評価
保管状態も良く、目立つ査定マイナスポイントがほとんどありませんでした。
年式・走行距離を考えても最高額を提示させていただきました。

買い取り実例:FLSTC1580(ハーレーダビッドソン)の場合

車種名:FLSTC1580(ハーレーダビッドソン)
年式:2014年
走行:3,758km
エンジン:良好
外観:良好
キズ:無
カスタム:無
足回り:良好

【買い取り価格:101万円】

・外装
無転倒車の為、傷という傷もなくメッキ部分も錆もなくきれいな状態です。
全体的にとてもきれいなコンディションなので、各部のメッキパーツには輝きがあり、プラスチックパーツにも艶が残っていました。

・エンジン
エンジンの始動は、セル一発でした。アクセルを開けてるとスムーズに回転数も上がっていきました。まったく問題ありませんでした。

・足回り
タイヤのブロックは8分山程度です。サイドウォールなどにヒビ割れなどはありませんでした。

・電装保安部品
純正チャージャー接続のため、バッテリーの除隊もよく盗難防止のイモビアラームも正常に作動し、全く問題ありませんでした。

・純正オプション/カスタムパーツ
純正バンパーが前後に装着されており、新車納車時のディーラー付属品も未開封だったため査定アップでした。

・総合評価
保管状態も良く、目立つ査定マイナスポイントがほとんどありませんでした。
年式・走行距離を考えても最高額を提示させていただきました。

買い取り実例:MT-07(ヤマハ)の場合

車種名:MT-07(ヤマハ)
年式:2017年
走行:13,376km
エンジン:良好
外観:良好
キズ:無
カスタム:有
足回り:良好

【買い取り価格:43万円】

・外装
乗降時についたと思われる擦り傷がサイドカバーにありましたが、全体的にとてもキレイなコンディションでした。

・エンジン
エンジンの始動は、セル一発でした。アクセルを開けてるとスムーズに回転数も上がっていきました。まったく問題ありませんでした。

・電装保安部品
ウインカー、ヘッドライトなど、機能的には問題ありませんでした。

・純正オプション/カスタムパーツ
オーバーレーシングのフルエキマフラーと、スクリーン、GIVIのリアボックス、カスタムミラーが装着されており、プラス査定となりました。

・総合評価
保管状態も良く、目立つ査定マイナスポイントがほとんどありませんでした。
年式・走行距離を考えても最高額を提示させていただきました。

まとめ

如何でしたか?
今回はビッグバイク中心の実例紹介でしたが、SOXではもちろん全排気量での買い取り強化中です。
高く買い取ってくれるにはやはり理由があるんですね!
SOXグループでは全国に展開するネットワークがあるため、全国どこに住んでいても買い取り依頼が可能です。
また、豊富な買い取り実績や培われてきた査定のノウハウがあり、安心して依頼することができます。
買い取りの際はぜひ検討してみてはどうでしょうか。

買取り強化について詳しくはこちら

SOXの買取りについてはこちら

情報提供元 [ 株式会社SOX・イエローハット ]

リュウ

リュウ

投稿者プロフィール

【身長】
180cm
【バイクの所有歴】
バリオス2→ZX-9R(1998)→スーパーカブ110(2014)→Z900(2019)
好きなバイクは90年代に多い。
【主なバイクの楽しみ方】
ツーリング行ったりサーキットに行ったり。通勤も楽しんじゃう♪
見るのも好き。もう全部好きなんだ。
【免許、ライセンス】
普通自動車、大型自動二輪、英検準2級、漢検3級、グミ愛好家
【特技】
枕に頭をつけてから寝るまでめっちゃ早い

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る