new

【YZF-R3(2019) 試乗インプレ】どこが違う?どっちが良いの?新型R3とR25を比較してみました

【ヤマハ YZF-R3】
ディテール&試乗インプレッション

新型YZF-R25に続き、マイナーチェンジしたYZF-R3にも試乗しました。
パッと見ただけでは、YZF-R25とまったく同じに見えますが、実は随所に異なる部分があります。
今回は新型YZF-R3のインプレと共に、YZF-R25と違う部分をお伝えします!

車格、重量は250ccと同等

カウルの形状はYZF-R25と一緒です。カラーによりレイアウトは異なりますが、ロゴの「R25」と「R3」の文字が違うくらいです。
車両サイズ、重量もYZF-R25(ABS)と同じになります。

【全長/全幅/全高】

2,090mm/730mm/1,140mm

【車両重量】

170kg

足つき

【シート高】

780mm

【足つき】

シート高もYZF-R3とYZF-R25で同じとなります。排気量は上がっていますが、重量は変わらないため、多少足つきが悪くても支えられないということはなさそうです。

▲シート高:780(スタッフ身長:173cm)
▲シート高:780(スタッフ身長:155cm)

睨みの効いたLEDヘッドライト

新たに採用されたLED2眼ヘッドライトは、睨みを利かせたようなデザインとなり、よりアグレッシブさを表現しています。
中央のM字型ダクトは、一見するとラムエアの吸気口かと思いきや、ラジエーターに走行風を送り込む役割をしていました。
テールライトは従来通りのLEDとなります。

【ヘッドライト】

▲ロービーム
▲ハイビーム

【テールライト】

▲ブレーキ握ってない
▲ブレーキ握った状態

よりレーシーになったタンク

タンク容量:14L

新しくなったタンクカバーのデザインも共通となります。
タンク前方には、YZF-R1のタンクと同じくダクトと、ライダーがより伏せやすいように窪みが設けられています。
タンクの高さはタンクキャップ位置で従来比20mmダウンとなっています。

▲エンブレム横に設けられたダクト
▲窪みには「R3」

目を惹くトップブリッジ

YZF-R1譲りの肉抜きされたトップブリッジは、YZF-R3に採用されています。トップブリッジのデザインだけでなく、ハンドル位置も変更となります。
ハンドル位置も従来モデルのトップブリッジ上部から、マイナーチェンジでトップブリッジ下部にマウントされたことにより、ハンドル位置が22mmのダウンとなりました。

R25とここが違う!ステップのデザインが違う

ちょっとした違いになりますが、ステップのプレートがちょっと違います。
YZF-R3のプレートは肉抜き加工がありませんが、YZF-R25には肉抜き加工が施されています。
肉抜きされている方がカッコよく見えるので、流用する人も出てきそうですね。

▲YZF-R3:肉抜き無し
▲YZF-R25肉抜き有り

R25とここが違う!メーターの表示が違う

YZF-R3、YZF-R25のどちらも、新たにフル液晶メーターを採用しています。基本的な表示は同じですが、バータイプのタコメーターの回転数がそれぞれ異なります。
YZF-R3は12,500回転からレッドゾーンとなりますが、YZF-R25は14,000回転からのレッドゾーンとなります。

▲YZF-R3:12,500回転からレッドゾーン
▲YZF-R25:14,000回転からレッドゾーン

R25とここが違う!タイヤが違う

YZF-R3とYZF-R25では、標準装備のタイヤが異なります。
YZF-R3にはダンロップ製ラジアルタイヤを装着。YZF-R25にはIRC製バイアスタイヤを装着。
ラジアルタイヤにより、ストリートからワインディングまで、軽快な走りとハンドリング性を高めています。

▲YZF-R3:ダンロップ製ラジアルタイヤ
▲YZF-R25:IRC製バイアスタイヤ

他の足回りについては、倒立フォークやホイールデザイン、ブレーキはYZF-R25と変わりありません。
YZF-R25ではABS有りと無しを選べましたが、YZF-R3ではABS有りしか設定がありません。

R25とここが違う!エンジンが違う

総排気量:320cm3
最高出力:31kW(42PS)/10,750r/min
最大トルク:29N・m(3.0kgf・m)/9,000r/min

YZF-R25とYZF-R3の最大の違いと言えば、搭載しているエンジンです。排気量は約70cm3アップの320cm3となり、最高出力も35PSから42PSと7馬力アップしています。エンジンの特性が変わったことで回転数もレッドゾーンがYZF-R25の14,000回転から12,500回転へと変化しています。
排気量が上がったことで、全域で楽しめるエンジンにさらに余裕が出来た印象です。

気になる販売価格は!?

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

687,500円
※2019年10月現在

YZF-R25の税込価格が654,500円と思うと、3万円ほどでさらにゆとりのある走りができると思うと、オトク感があります。
しかし、320ccになったことで車検が必要となるので、維持費が上がってしまうことからYZF-R25を選んでしまう方も多そうです。

YZF-R3:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
YZF-R3のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
YZF-R3の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのYZF-R3中古車一覧

まとめ

YZF-R25との違いをお伝えしてきましたが、「要するに排気量が上がっただけでしょ?」と言われてしまうとその通りです・・・
ただ、小排気量だからこそ、70ccの差でも走りの中で大きく違いが出てくるんです。

YZF-R25と同じ様に通勤や高速巡航をメインに試乗していましたが、その差は歴然でした。排気量が上がったことで、低回転域に余裕が生まれ低速の巡航が楽になりました。YZF-R25の時には、街乗りで低いギアで走ると回転数が上がり振動やエンジン音が気になり、高いギアで走ると低回転では加速が鈍くこまめにギアを変えて忙しい印象でした。
それがYZF-R3では、高いギアのまま走っていても、低回転からしっかりと加速してくれるので、こまめなギアチェンジも不要で快適でした。高速巡航でも、100km/hで6速6,000回転ほどと、これもYZF-R25より下がっていて走りに余裕を感じます。

なにより、250ccクラスと同等のボディと重量で更にパワーが上がっているのですから、ワインディングも楽しいですし、パワーウエイトレシオでみるとかなり優秀です。ハッキリ言って車検の費用や手間がネガティブな要因にならないのであれば、YZF-R3の方が楽しくてオトクで走っていて楽です。共通部品も多いので、カスタムに困らないのも良いですね。

どちらにしようか迷っている方は、維持費やコストでみるならYZF-R25、250ccのボディで余裕を持って走りたいならYZF-R3と言った感じで参考にしていただけると幸いです。

YZF-R3 主要諸元 

認定型式/原動機打刻型式 2BL-RH13J/H405E
全長×全幅×全高 2,090mm×730mm×1,140mm
シート高 780mm
軸間距離 1,380mm
最低地上高 160mm
車両重量 170kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
定地燃費値 *2
41.3km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値(クラス)*3 27.6km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列2気筒
総排気量 320cm3
内径×行程 68.0mm×44.1mm
圧縮比 11.2:1
最高出力 31kW(42PS)/10,750r/min
最大トルク 29N・m(3.0kgf・m)/9,000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 2.40L
燃料タンク容量 14L(「無鉛レギュラーガソリン」指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,7.0Ah(10HR)/GTZ8V
1次減速比/2次減速比 3.043(70/23)/3.071(43/14)
クラッチ形式 湿式、多板
変速装置/変速方式 常時噛合式6速/リターン式
変速比 1速 2.500/2速 1.823/3速 1.347/4速 1.086/5速 0.920/6速 0.800
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール 25°00´/95mm
タイヤサイズ(前/後) 110/70R17M/C 54H / 140/70R17M/C 66H (前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率です。
*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

ヤマハ YZF-R3の価格情報

ヤマハ YZF-R3

ヤマハ YZF-R3

新車  137

価格種別

中古車  50

本体

価格帯 52.56~77.44 万円

64.8 万円

諸費用

価格帯 ―万円

0.64 万円

本体価格

諸費用

本体

47.26 万円

価格帯 43.39~57.11 万円

諸費用

3.5 万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 60.8~77.35 万円

65.45 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

50.76 万円

価格帯 47.66~54.58 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

・身長:173cm
・バイクの所有歴(所有が古いもの順):Today→NSR250(88)→VTR250(09)→CBR900RR(92)→ZOOMER→トリッカー(04)
・主なバイクの楽しみ方:サーキット、レース
・免許・ライセンス:普通自動車免許、大型自動二輪免許、中学・高校教員免許、漢検3級、MFJ国内ライセンス
・特技:耐久レースで走り続ける

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る