new

【Z250(2019-) 試乗インプレ】フルモデルチェンジで一新した走りと伝統の”Sugomi”スタイル

【カワサキ Z250】
ディテール&試乗インプレッション

新型ニンジャ250の後を追うようにモデルチェンジとなったZ250。一見すると従来モデルからあまり変化が無いようにも思われますが、ニンジャ250同様にエンジンやフレームが新しくなっています。
今回は、フルモデルチェンジで一新した走りと、Zシリーズ伝統の”Sugomi”デザインを取り入れたアグレッシブな250ccネイキッドモデルのインプレをご紹介します。

Z250:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Z250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Z250の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのZ250中古車一覧

伝統の”Sugomi”デザイン

【全長/全幅/全高】

1,990mm/800mm/1,060mm

【車両重量】

164kg

低く構えたヘッドライト、跳ね上げられたテールによる猛獣を思わせるクラウチングフォルムがZシリーズの「sugomi」デザインの特徴。このZ250にも例外なく取り入れられています。
デザインだけでなくフレームにはトレリス構造を取り入れたことで、フレーム剛性の最適化と大幅な軽量化を実現しています。

立ち気味のキャスター角と短縮されたホイールベースはニンジャ250と同様ですが、カウルが無い分ニンジャ250よりも車両重量はさらに軽い164kgとなります。同クラスではライバルとなるMT-25が車両重量166kgなので、250cc並列2気筒モデルの中でもトップクラスの軽さを誇ります。

足つき

【シート高】

795mm

【足つき】

シート高はニンジャ250と同じく795mmです。従来モデルからシート高は+10mmとなりますが、シートの幅が30mmもスリムになったことで足つきは良好です。
ハンドルのポジションも程よくアップなので、楽に車両を支えられます。

身長155cmのスタッフが跨ってみると両足ともつま先立ちでしたが、高めのバーハンドルと軽い車体もあり、難なく支えられるようです。

▲シート高:795mm(スタッフ身長:173cm)
▲シート高:795mm(スタッフ身長:155cm)

新たにLEDを採用したヘッドライト

【ヘッドライト】

新設計のヘッドライトはポジション・ロービーム・ハイビームと全てでLEDを採用しています。従来までのハロゲンから光量が大幅に向上したことにより、優れた視認性を実現しています。

▲低く構えたヘッドライト
▲ポジションランプ
▲ロービーム
▲ハイビーム

【テールライト】

ZX-10Rを彷彿とさせるテールデザインは、ライトにもLEDが採用されています。

▲ZX-10Rを彷彿させるテールデザイン

▲ブレーキ握ってない
▲ブレーキ握った

Zシリーズ共通の多機能メーター

これまでのZ250はニンジャ250と共通デザインのメーターを採用していましたが、今回よりZシリーズと共通のデジタルメーターを採用しています。タコメーターの針はデジタル表示になっており、針の動きは3段階の表示モードからライダーの好みに合わせて選択することができます。
メーターは、オド、トリップA/B、ギヤポジションインジケーター、燃料計、水温計、航続可能距離、平均/瞬間燃費、時計、エコノミカルライディングインジケーター(エコな走りができているか)の表示があります。
シンプルながらも視認性に優れ、様々な情報をひと目で確認することができます。

シンプルなハンドル周り

電子制御などは装備されていないため、ハンドル周りのスイッチボックスは至って普通です。「ボタンが多くてわけわからん!」ということにもならないので誰でもすぐに馴染むことができます。ハザードスイッチもついていませんでした。

大径化したフォークとブレーキディスク

【ホイール・ブレーキ】

新たなデザインとなったホイールは、ニンジャ250と共通のスタイリッシュで軽量な5本スポークを採用。

フロントブレーキには、Z1000などのビッグバイクと同径となる310mmセミフローティングディスクを採用。大径化されたディスクローターと、デュアルピストンキャリパーとの組み合わせにより、制動力が向上しています。このモデルから標準装備とABSは、ニッシン製のユニットを採用しています。

▲タイヤサイズ:110/70-17M/C 54H
▲タイヤサイズ:140/70-17M/C 66H

【サスペンション】

フロントフォークはニンジャ250と同じくインナーチューブ径41mmの正立フォークを採用。リアサスペンションはリンク比、サスペンション特性を最適化すると共に、5段階のプリロード調整が可能となります

パワーアップしたエンジン

最高出力:27kW(37PS)/12,500rpm
最大トルク:23N・m(2.3kgf・m)/10,000rpm

ニンジャ250と共通の新型248cc水冷4ストローク並列2気筒エンジンは、37PSという高いパワーを発揮。従来モデルの31PSから6PSもアップしています。低回転域でも扱いやすいエンジン特性と、クロスレシオのミッションにより、街中でもスムーズな加速を実現しています。さらに、削り出しバランサーシャフトを採用することで、エンジンの振動によるストレスを低減しています。250ccクラスでも徐々に取り入れられるようになったダウンドラフト吸気による吸気効率の向上も見逃せません。

新しくなったのはエンジンだけでなく、クラッチもよりコンパクトになったアシスト&スリッパークラッチを採用。急なシフトダウンによるバックトルクを逃がす事で、リアタイヤのスリップを低減させます。それだけでなく、クラッチ操作も軽くなる優れもの。クラッチ操作が軽くなる事で、腕の疲労も軽減されますね。

ホールド感を重視したスリムなタンク

タンク容量:14L

タンク容量は従来の17Lから14Lへと減少しています。燃費がリッター30km近くなので、3L減っても十分な航続距離を稼ぐことができます。タンク形状はニーグリップしやすいスリムな形状となり、車両のホールド感が増しています。

足つきと快適性が向上したシート

シートはタンデムシートとのセパレートタイプ。低反発ウレタンと40mm厚みが増えたシートは快適性が向上しています。従来よりもシート幅が約30㎜せばめられているので、足つきにも貢献しています。

気になる販売価格は!?

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

610,500円※2019年11月現在

Z250:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Z250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Z250の新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのZ250中古車一覧

実際に走ってみました

今回は片道20kmほどの通勤路を中心に、ちょっとしたワインディングを走ってみました。ニンジャ250と乗り比べをしてみたのですが、同じエンジン、フレームの2台でもハンドリングは全く異なるものでした。
程よくアップなポジションのバーハンドルと軽量化により、切り返しやUターンのような操作がさらにクイックになっています。他にもニンジャ250に比べて姿勢が楽になり疲労軽減に繋がるだけでなく、目線も高くなるのでより見通しが良くなります。カウルが無い分風圧を直接体に受けますが、ニンジャ250同様に振動の少ないエンジンのお陰で、高速走行時のストレスはそれほど感じません。アシスト&スリッパークラッチによる軽いクラッチワークも、Z250の魅力の1つですね。ストリート中心であれば、取り回しの楽さ、クイックなハンドリングでニンジャ250よりもZ250の方が分がある印象でした。

アグレッシブなスタイルとは裏腹に、扱いやすさ、快適性など、ライダー思いの中身はエントリーモデルとしてもオススメできる1台です。

撮影協力:カワサキモータースジャパン

カワサキ Z250の価格情報

カワサキ Z250

カワサキ Z250

新車  26

価格種別

中古車  55

本体

価格帯 47.8~61.05 万円

56.77 万円

諸費用

価格帯 5.58~6.1 万円

4.09 万円

本体価格

諸費用

本体

40.25 万円

価格帯 31.9~51.48 万円

諸費用

3.07 万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 53.9~66.63 万円

60.86 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

43.32 万円

価格帯 39.6~45.55 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

・身長:173cm
・バイクの所有歴(所有が古いもの順):Today→NSR250(88)→VTR250(09)→CBR900RR(92)→ZOOMER→トリッカー(04)
・主なバイクの楽しみ方:サーキット、レース
・免許・ライセンス:普通自動車免許、大型自動二輪免許、中学・高校教員免許、漢検3級、MFJ国内ライセンス
・特技:耐久レースで走り続ける

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る