new

【MT-07 レビュー】パーツ交換でいくらでも化ける最高の素材バイク ”ウェビックユーザーの「愛車を語ろう!」”

1588137741343L.jpg

ヤマハ MT-07 オーナーレビュー

ウェビックコミュニティ「愛車を語ろう!」キャンペーンより、MT-07に乗る「ラクチ」さんの熱い語りをご紹介!
良いところや不満なところなど、オーナーだからよくわかるMT-07のインプレ・レビューを語ってくれました。

1.【簡単な自己紹介】

・バイク歴、普段のバイクの楽しみ方
バイク歴はトータル8年ですが、途中に12年のブランクがあるリターンライダーです。
CB400SF→CBR600F4i→CBR954RR→ブランク12年→MT-07
通勤7割・ツーリング2割・サーキット走行1割といった感じで、雪と路面凍結時以外は毎日乗っています。

・このバイクを乗っていた期間
2017年9月~現在(2020年4月) 今も毎日乗っています。

・購入動機
若い頃から満員電車が苦手で、結婚を機にバイクを降りて渋々乗っていましたが、やはり我慢できずに嫁に頭を下げてバイク通勤に戻してもらいました。

2.【満足している点・長所】

・用途に対して
ツインで中低速からトルクがあり、車体の軽いので街乗りが快適です。通勤だけならミラーさえスリ抜け仕様に換えれば純正のままでも十分だと思いました。

・走りに対して
MT-07は「最高の街乗りバイク」です。楽な乗車姿勢・必要十分なトルク・低い車体剛性によって街乗りレベルでも「バイクを操っている感」が出るので街乗りが心地良いです。元からハイスペックのSSバイクなどでは、費用の割に体感できる差がそれほどないことも多いですが、MT-07は純正パーツの性能が街乗りに特化していてそれ以上のステージでは貧弱過ぎるため、パーツ交換の度に驚くほどの変化を感じてチューン後の満足度が非常に高くなります。

・見た目に対して
安いバイクの割にはスタイリッシュでデザインが秀逸だと思います。

1588137741564L.jpg

3.【不満な点・短所】

・用途に対して
足回りに手を入れなければツーリングが楽しめず、剛性を上げなければ高速走行に不安が残り、タンデムするにはハンドルが遠くて同乗者が前に落ちてきそうになります。

・走りに対して
ECU書き換えでかなり気持ちの良いエンジンとなりますが、乗り慣れてくると73psは少し物足りないです。個人的には日本国内で使い切って遊べる馬力は100ps前後が上限と思いますが、それに満たない分、場所やステージによってはパワー不足を感じて少しだけ悲しくなります。「必要な時に必要な加速」に少しだけ届いていない感じでしょうか。

・見た目に対して
仲間とのツーリング時にネイキッドが私一台だったりすることが多いので、場違い感がある時があります(笑)

1588137741785L.jpg

4.【まとめ(こういう人におススメ等)】

大型初心者・リターンライダーの1台目・街乗りしかしない方・パーツ交換の効果を実感したい方にオススメです。

1588137741981L.jpg

ラクチさん、MT-07愛がひしひしと伝わってくる語りをありがとうございました!

MT-07:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
MT-07のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
MT-07の新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「MTシリーズ」の新車・中古バイクを見る
「ミドルクラスネイキッド」を見る

ヤマハ MT-07の価格情報

ヤマハ MT-07

ヤマハ MT-07

新車 5

価格種別

中古車 65

本体

価格帯 68~79.2万円

74.9万円

諸費用

価格帯 5.3~7.48万円

6.16万円

本体価格

諸費用

本体

54.13万円

価格帯 40.48~82.5万円

諸費用

8.19万円

価格帯 5.52~10.53万円


乗り出し価格

価格帯 73.3~86.68万円

81.06万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

62.32万円

価格帯 46~93.03万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
   

20210201_wms_336_280.png
20201030_gotoshop_camp_336_280.png
ページ上部へ戻る