new

【ST250 Eタイプ レビュー】地味だけどよくできた嫁 ”ウェビックユーザーの「愛車を語ろう!」”

スズキ ST250 オーナーレビュー

ウェビックコミュニティ「愛車を語ろう!」キャンペーンより、ST250に乗る「こーひーや」さんの熱い語りをご紹介!
良いところや不満なところなど、オーナーだからよくわかるST250のインプレ・レビューを語ってくれました。

1.【簡単な自己紹介】

・バイク歴、普段のバイクの楽しみ方
見た目に惚れた初恋のバイク、6年乗ったビラーゴ400からの乗り換え。
この後セロー225→KLX150と乗り継ぐ。
この頃は都内在住で主に通勤に使用。休みの日に彼女とタンデムで近場を移動するという使い方。

・このバイクを乗っていた期間
30代前半の5年半

・購入動機
ビラーゴの反省から、年式が新しくタンク容量が大きくて、キックスターター付きのバイクという条件で探して、タンデムしやすそうで足つきにも不安がないのでこの車種に決定。飽きの来なそうなオーソドックスな見た目にも惹かれた。
FIのキック無しなら新車でも40万で買えたが、5年落ちキャブ仕様、走行3000kmの極上中古車で乗り出し40万円で購入。自己最高額バイクである。
ナンバープレートが「練馬 こ」であったことから「ねりまこ」と命名。

2.【満足している点・長所】

・用途に対して
思った通りタンデムにもってこい。タンク容量もたっぷりでガスの心配は無用。何処でも溶け込むオーソドックスな見た目で気軽に乗れる。

・走りに対して
高めのギアで低回転でのんびりも良し、回転上げてスピードに乗せるのも良し。
低回転で単気筒の鼓動を味わいながら走ると和む。
一方、高回転域で一瞬車体をグッと前に押し出すトルクの山があって面白かった。

・見た目に対して
オーソドックスな見た目は威圧感が無くて行く先々でおじさんおばさんから優しくされた。
チープではあるが中々美しい車体であった。

3.【不満な点・短所】

・用途に対して
200km程度の日帰りツーリングでは物足りないくらい余裕がある車体に対してライダー的にはお腹いっぱい感のアンバランスさがあった。
雪道以外なら大概通り抜けられる走破性はあったが、コケるとステップが曲がったりハンドルがねじれたり、チープなメッキ外装に傷がついて錆びたりするので、オフロードは行く気がしなかった。

・走りに対して
走り自体には不満はないが、ハンドルとステップの位置関係が微妙で長時間乗ると疲れる。

・見た目に対して
レトロ感の演出なのか異様にでかいヘッドライト。明かるいのはいいけどちょっと前が重たく感じる事があった。
飽きの来なそうなオーソドックスな見た目だったけど、実際は飽きた。

4.【まとめ(こういう人におススメ等)】

5年落ちから5年半乗ってトラブルはセルの故障くらい。キックもあったので問題無く走ってくれた。
純正タイヤはグリップしないし純正チェーンはノンシールでちょっとうるさいけど、吊るしの状態で15000キロ走っても、チェーン給油とオイル交換だけで、夏でも冬でも雨でも雪でも長距離でもちょい乗りでも、文句を言わずに付いてきてくれる、本当によくできた嫁的バイク。

弄りがいがありそうなオーソドックスな構成ではあるが、不人気故カスタムパーツはほぼ無いので、自力で創意工夫してカスタム出来る人ならいい素材だと思う。

こーひーやさん、ST250愛がひしひしと伝わってくる語りをありがとうございました!

ST250:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
ST250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ST250の新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「クラシックタイプ」の新車・中古バイクを見る
「単気筒ネイキッドモデル」を見る

スズキ ST250の価格情報

スズキ ST250

スズキ ST250

新車  0

価格種別

中古車  16

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

30.31 万円

価格帯 19.8~39.99 万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

26.38 万円

価格帯 19.8~35.09 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
   

MOTO HACK(モトハック)とは、バイクをより便利に、より楽しむための裏技的なモノやコト。8/31までは『ツーリングHACK!』!ツーリングで使っているお気に入りアイテムを語って最大1,500ptゲットしよう!
ページ上部へ戻る