【俺が勝手に勧めたい!】2万回転の咆哮にシビレル!!何年経ってもイケてる高回転マシン【カワサキ ZXR250 [1型] 】

ライトなカスタムが程よい一台

カワサキ四発250ccといえば、ZX-25Rが盛り上がっていますが個人的にはこっちも捨てがたい。
お茶目な丸目二灯ヘッドライトに角張ったテールカウル。
そして初見では何だかよくわからないけど、グッとくるダクト風なアレ。
見た目のインパクトは現代のバイクには無いものがありますね。

ちなみにこのダクトはラムエアではなくK-CAS(カワサキ・クール・エア・システム)という名称がついています。
フロントカウルからタンクまで繋がっており、シリンダーヘッド上部に空気をダイレクトで送り込むんです。
そうすることで、エンジン温度が上がることを抑えて熱ダレを防ぐというスグレモノ。

エンジン性能については超高回転バイクというだけあって、19,000回転からレッドゾーンのビックリ仕様。
このエンジンは250ccネイキッドのバリオスにも受け継がれており、筆者は人生初のバイクでバリオス乗ったことにより「バイクは回して乗る」ということに取り憑かれました。

さて、そんな筆者がチョイスしたのはアルテミスモーターサイクル様で掲載されているZXR250[1型]。
年式自体は古いですが走行も2万km程度なのでまだまだ元気に走ってくれるはず。
フロントウインカーの変更やフェンダーレスになっているくらいしかパッと見のカスタムポイントが見つかりません。
ノーマルルックで乗りたい方も嬉しいのではないでしょうか。もちろん自分仕様に仕上げていきたい人にとっても、まだまだイジる箇所があるのでワクワクが止まりませんね。
外装は左サイドカウルに傷が見えますが、それ以外は非常にキレイに見えるのもポイント高し!

そんなZXR250が車両本体価格48万なのはお買い得では無いでしょうか。
現代のバイクには無い特性やスタイルを楽しめるこの一台は私のイチオシ!

ちなみに、ZXR250に乗っているウェビックユーザーの足つき情報を見ると、166-170cmのライダーの100%が「ベタ足」と回答しています。
足つきの良さもグッドポイントですね。

市場に流通する数も少なくなってきている車種ですので、気になっている方はお問い合わせをお早めに!

ZXR250:スペックや新車・中古バイクはこちらから
ZXR250のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ZXR250の新車・中古バイク一覧を見る
ZXRシリーズを見る
リュウ

【身長】 180cm 【バイクの所有歴】 バリオス2→ZX-9R(1998)→スーパーカブ110(2014)→Z900(2019) 好きなバイクは90年代に多い。 【主なバイクの楽しみ方】 ツーリング行ったりサーキットに行ったり。通勤も楽しんじゃう♪ 見るのも好き。もう全部好きなんだ。 取材のおかげで乗ったバイクが100台超えたことがちょっと自慢。 【免許、ライセンス】 普通自動車、大型自動二輪、英検準2級、漢検3級、グミ愛好家 【特技】 枕に頭をつけてから寝るまでめっちゃ早い

Comments are closed.

Recent Posts