new

オーナーが語る!「390DUKE」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

390duke_32.jpg

KTM 390DUKE レビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、「390DUKE」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけ390DUKEってこういうバイク!!

オーストリアのバイクメーカー「KTM」が生産するDUKEシリーズの390ccモデルです。DUKEシリーズは上は1290ccから下は125ccまで幅広い排気量で展開されており、390DUKEは普通自動二輪免許で運転できるDUKEシリーズの最上位モデルとなります。2014年に初めて登場した際には、125ccと共通のボディに373ccエンジンを搭載したことで話題となりました。2017年にはモデルチェンジで上位モデルと共通デザインのLEDヘッドライトやTFT液晶メーターを搭載することで、独特なスタイルにさらに磨きがかかりました。

オーナーの声を見ていくと、やはりこの独特なスタイルに惹かれた人がほとんどの様です。国内メーカーには無い外車特有のデザインが、中型クラスで味わえるのはこの390DUKEしかありません。
それでいて前述の通り軽量な車体とパワフルなエンジンの組み合わせは、日本の道路にはよく合っているようで場所を選ばず活躍してくれるようです。取り回しも軽いので、乗っている時だけでなく駐車場の出し入れも気負う必要が無いのは良いですね。比較した車両は国内メーカーよりも同じDUKEシリーズの200や250が多く、車検が気になるものの、それを補う走りと装備で選ばれている様です。

不満な点は軽量で単気筒故に高速走行にやや難アリなことと、積載性の悪さの大きく2点が挙げられていました。ただ、どちらも長所の裏返しと捉えているようで、街乗りの使い勝手の良さや、デザインを優先した結果と割り切っている方が多かったです。モデルチェンジでトラブルは減ってきているようですが、そこは外車。購入時は正規代理店での購入をオススメされています。

ざっくりまとめ

・1台で何でもしたいという人にオススメ
・国内メーカーには無い独特なスタイルに惹かれたら買い
・車検があるので250と迷うこともあるが、それを補う走りと装備
・デザイン優先なので積載性は皆無
・現行モデルは熟成されてきたけどもしものために正規代理店で買うのが吉

390duke_30.jpg

それでは実際に390DUKEに乗るオーナーの声をご紹介します!

購入動機・用途・比較した車種

【購入動機】
・DUKE200からの乗り換えです。200でも楽しかったし、通常の用途であれば問題なかったのですが・・・最高速とかでちょっと上にする必要がでてきた。
・歳とともに体力もなくなってきたので軽く取り廻せるバイクが欲しかったため390DUKEを選択。
・なるべくスリムで軽いバイクが欲しくて購入。
・国産車にはないこのスタイルにも惹かれた。
・これしか無いって位理想的バイク

【用途】
・オールマイティに使うため
・ツーリング、街乗りやチョイ乗り
・ジムカーナっぽい事も楽しんでます

【比較した車種】
・200DUKE
・250DUKE
・200でも楽しさは変わらなかったので、あと少しのパワーが欲しかった。でも、250と390の装備を比べると390一択になりました。車検だけが不満ですね。
・国産車にこれに比較するような車種は無いと思います。それ位個性が強いバイクです。

満足している点・長所

【用途に対して】
・軽さ、取り回しのしやすさ、これは想像&試乗した以上。
・通勤、ツーリング、サーキットと何でもこなせる万能バイクです。

【走りに対して】
・楽しい。軽い。電子制御スロットルはどうかな?と思ってましたが、予想以上にレスポンス良いです。
・やっぱり軽さは正義です。取り回しが非常に楽で、加速も良いです。
・軽さ命、切り回しがラクチン、クラッチレバーもめちゃ軽い

【見た目に対して】
・何が良いって、ビジュアルが超イケメンなんです。
・国産車には無いデザインと割り切り(良くも悪くも)。
・旧DUKEオーナーとしては新型のデザインに最初はなじめなかったのですが、今となってはアリですね。
・スタイルの良さ、カラー液晶ーメータの見やすさ
・昼も夜も思ってたより全然見易かったTFTカラーメーター。
・TFT液晶もLEDヘッドライトも良いが、個人的に一番気に入ってたのは各スイッチアイコンが自光すること。

不満な点・短所

【用途に対して】
・乗り方によるところもあると思いますが走行距離300kmいかずに残量警告がでます。
・スタイルはいいが積載は全くNG。
・積載性は悪いがこのバイクに求める事ではないので、不満無し!
・積載量は無きに等しいです。宿泊ツーリングをするにはバッグの取付が必須です。

【走りに対して】
・良くも悪くもエンジンフィールが単気筒。震動はマルチと比べると大きいですが、単気筒としては小さいです。
・小回りが非常に利く分、直進安定性が悪いです。高速道路の横風などは要注意です。ステアリングダンパーが欲しくなります。
・軽さ故の高速走行、風影響による安定が若干不安
・ギアチェンジが多忙すぎる感じ。

【見た目に対して】
なし

390duke_33.jpg

これから買う人へのアドバイス(維持についてや故障経験)

【維持について】
・国内では中々アフターパーツが手に入りませんが、海外に目を向けると数え切れないほどのカスタムパーツが安価に売られています。英語さえ乗り越えれば自分の好きなようにカスタム出来ます。
・車検がどうしても嫌なら250ですが、装備との差額考えたらユーザー車検できる人なら390の方がお買い得感上かと。
・ローダウンキットも発売されていますので、足つきが気になる小柄な方にも安心してお勧め出来ます。
・正規代理店以外での購入はリスクが大きいのでおススメできません。
・このモデルはインド生産。節々に微妙な低品質さがにじみます。
・燃料はハイオクです。

【故障経験】
・前モデル(-16)と比べると、エンジンフィールが良くなっています。前モデルの持病のエンストもありません。
・モデルチェンジでマイナートラブルは減ってきたので買い時かも?

こんな人にオススメ

・軽いので、初めてのバイクとしてもお勧め
・通勤、ツーリング、サーキットと何でもしたい
・オールマイティに使うならDUKEでは390が最も良い選択

390duke_31.jpg

390DUKE:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
390DUKEのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
390DUKEの新車・中古バイク一覧を見る
390DUKEのMyバイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「DUKEシリーズ」の新車・中古バイクを見る
「ネイキッドの中型バイク(〜400cc)」を見る

KTM 390DUKEの価格情報

KTM 390DUKE

KTM 390DUKE

新車 26

価格種別

中古車 29

本体

価格帯 52.8~75.9万円

63.44万円

諸費用

価格帯 ―万円

7.02万円

本体価格

諸費用

本体

47.06万円

価格帯 31.35~57.8万円

諸費用

11.62万円

価格帯 6.15~7.91万円


乗り出し価格

価格帯 0.03~87.26万円

70.46万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

58.68万円

価格帯 37.5~65.71万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

   

20210201_wms_336_280.png
20201030_gotoshop_camp_336_280.png
ページ上部へ戻る