new

オーナーが語る!「SV650」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

スズキ SV650 レビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、「SV650」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけSV650ってこういうバイク!!

2016年に復活したSV650。今でこそ650ccというミドルクラスもメジャーなものになりましたが、その第一人者とも言えるのがこのバイクです。
モデルチェンジで復活したSV650は、誤解を恐れずに言うとスズキ伝統のVツインエンジンと丸目単眼のヘッドライト以外に大きな特徴はありません。ですが、これこそが多くのユーザーに支持されている最大の理由といえます。
ストリートからツーリングまで扱いやすいパワーと軽い車体は、大型バイクのエントリーモデルとしても最適。それでいて装備を最低限に絞ることで、販売価格も約75万円に抑えるコストパフォーマンスの高さを持ち合わせています。
ちなみに海外ではワンメイクレースが行われるほどで、走りのポテンシャルも申し分ありません。

そんなSV650のオーナーの声を見てみると、どこからでも加速する伝統のVツインエンジンのトルク感と、取り回しの楽さ、車両価格やレギュラーガソリンで燃費も良いとコスパの高さを評価する声が多いです。中には大型ネイキッドモデルにしては低い設定のシート高(780mm)で、足つきも良いという声もありました。クイックシフターやトラクションコントロールと言った電子制御はありませんが、発進時に回転数を自動的に上げてくれる「ローRPMアシスト」は皆さん恩恵を受けているようです。

不満な点としては、シートが硬くて長時間のライディングはお尻が痛くなることと、シート下スペースには収納スペースが全くないところ。後は割り切っている方も多いですが、カスタムパーツが少ないことや、スイングアームなど所々に安っぽさを感じるそうです。

SV650のざっくりまとめ

良いところ

・伝統のVツインエンジンでどこからでも加速する
・レギュラーガソリンで燃費も良い
・取り回しが楽
・大型ネイキッドモデルにしては足つきが良い
・ローRPMアシストが嬉しい
・とにかくスズキ

悪いところ

・シートが硬めで長距離はお尻が痛くなる
・シート下も収納スペースが皆無
・カスタムパーツが少なめ
・所々に安っぽさがある
・燃費は良いがタンク容量は少ない

SV650の足つき

身長166-170cmのライダーの約50%が SV650の足つきが「かかとが浮く」と回答しています。

SV650オーナーの声

購入動機・用途・比較車種 丁度いい大きさ
Vツイン
長所・満足な点 このスズキ製のVツインエンジン誰しもが名機と感じる一品であろう
そしてこのスズキ製のバイクは思ったように走るハンドリングを兼ね備えている
バイクを降りればこの美しいエンジンに惚れ惚れする
圧倒的なパワーこそないものの、アクセルをひねれば思ったように車体は進む
TCS、クルーズコントロール、電動サス、そんなものはこのバイクには必要ない
熟成されたエンジンにスチールのパイプフレーム、安価だが十分な足回り
バイクとしての基本が非常に高い次元でまとまっている
THEバイクである
スズキに感謝!
短所・不満な点 このスズキ製の短所をあげるとすれば、遊び心のない妥協されたデザイン、夜になると何も照らさないライト、心もとないブレーキ
アクセサリーの少なさ
遠すぎるハンドルに対して窮屈なステップ
しかしこれらの不満は金をかけて良いパーツに変えれば良いだけだ
メーカーからこの素晴らしいバイクのユーザーは思い思いにバイクを育てるという他にない喜びを感じるだろう
スズキに感謝!
これから買う人へのアドバイス スズキらしい走りをするバイク
過去にスズキの走りに良いイメージを持っているならばその通りに走ってくれるだろう
初めてスズキを乗る人にとっては間違いなく素晴らしいバイクであることは間違いない
ぜひスズキのファンになっていただきたい!
購入動機・用途・比較車種 VTR250からの買い替えです。
妻と共用のバイクの為 シート高が低いことが条件でした。
妻と試乗会に出向き 試乗した結果、満足したので購入しました。
納車の翌日に事前に買い集めていたパーツを一気に装着しました、ノーマル状態は納車日だけでした。
長所・満足な点 大型バイクでは少ない 800mm以下のシート高(785mm)、シートは薄いがトイレが近い為、休憩を頻繁にするので問題なし。
新車のコストパフォーマンスが良い、日本国内浜松製造でシフトインジケータ、燃料計、燃費計やローRPMアシストなどなど機能盛りだくさんで諸費用、法定費用込み込み64万円は安い
短所・不満な点 フレームやエンジンの塗装が雑。近くで見るとブツブツだらけ。
小物を入れるところが何にもない、シート下にかろうじて書類が入るだけ。
90°Vツインだからお尻の下のエンジンが夏場かなり熱い。
これから買う人へのアドバイス 中古と新車で迷いましたが中古は割高で車検切れ間近のものが多く車検取り直しや消耗品の交換を考えると新車の方が割安に感じます。
購入動機・用途・比較車種 マイナーチェンジしたらカラーリングが好みになったから
長所・満足な点 燃費の良さ
高速は知らない限り30kmくらい走ります
この前のツーリングでは35kmって表示してありました
軽いので取り回しが凄い楽
この値段でこの性能は素晴らしいバイクだと思います
短所・不満な点 シートが硬いので長時間は尻が痛くなります
もうちょっと車体が大きくても良かったかと思うくらいコンパクト
これから買う人へのアドバイス 乗せられてる感より乗ってる感が強い印象です。直線をドコドコゆっくり走るのも楽しいし、コーナーをひらひら走るのも楽しい。
大型らしからぬ燃費で積載に目を瞑れば旅バイクとしてとても良い相棒になってくれます。
SV650:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
SV650のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
SV650の新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「SVシリーズ」の新車・中古バイクを見る

スズキ SV650の価格情報

スズキ SV650

スズキ SV650

新車  105

価格種別

中古車  18

本体

価格帯 57.7~87.8 万円

64.68 万円

諸費用

価格帯 7~9.1 万円

8.3 万円

本体価格

諸費用

本体

57.41 万円

価格帯 42.9~75.24 万円

諸費用

8.8 万円

価格帯 8.29~9.15 万円


乗り出し価格

価格帯 64.7~96.9 万円

72.99 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

66.21 万円

価格帯 52.05~83.53 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
   

MOTO HACK(モトハック)とは、バイクをより便利に、より楽しむための裏技的なモノやコト。11/30までカスタムバイクコンテスト開催中!アナタのアイデア(HACK)とやる気で、染め上げた自慢のカスタムバイクを語ってください!コンテストでは審査員が選んだ、グランプリ1名、入賞6名に、最大10,000ポイントをプレゼントします!
ページ上部へ戻る