new

オーナーが語る!「SR400」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

ヤマハ SR400 レビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、「SR400」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけSR400ってこういうバイク!!

1978年に初代モデルが発売されて以来40年以上に渡る歴史を誇り、ずっと変わらないスタイリングとシングルエンジンで販売され続けているのがSR400。長い歴史の中ではドラムブレーキからディスクブレーキへの変更や、燃料供給方式をキャブレターからインジェクションに変更するなど細部の変更を繰り返していますが、キックスタートのみというエンジン始動方法と丸目ライトやアナログメーター、多くのメッキパーツを纏った「古き良きバイク」の基本的な姿は頑なに守ってきました。
SR400には熱狂的なファンが数多くいて、同じく専門ショップやカスタムパーツも多数存在することから、「自分だけのSR」を作り上げて所有するオーナーが多いのも特徴の1つです。

そんなSR400オーナーの声を見てみると、スタイリング・メカニズムともに唯一無二の存在であることを気に入っている声が多くあります。他のバイクと比較することなく「SRに乗りたかったから免許を取得した」という声があることや、オーナー歴が長いライダーが多いことも流行り廃りを超えた存在であることを物語っているでしょう。
よく語られることの多いキックスタートについては、キャブレターモデルとインジェクションモデルで評価が別れているようです。前者では「慣れが必要、難しい」という声が多くありますが、後者では「あっさり始動した」との評価もあります。どちらにせよ、キックスタートを本車の「味」と捉えているオーナーが多いのもSR400ならではのことでしょう。
また速いとはいえないものの、峠や街乗りでのハンドリングやシングルエンジンの心地良い振動を高評価する声も多く見られます。電子制御装置なども介入することなく、自らの操作に素直に応えてくれる楽しさがあるそうです。
さらにシンプルなメカニズムならではの維持費の安さや、軽量な車体だからこその取り回しの安心感など「気楽に乗れる」という声も多くありました。

不満な点としては、長所と裏腹の関係にあることが多いようです。
シングルエンジンならではの振動が長距離・高速走行では疲れること、キックスタートの煩わしさ、また現代的なバイクと比べるとスピードが遅いことなどの声がありました。

そんなオーナーたちの声をまとめると、「SR400の長所は短所にもなり得る」という声が目立ちました。

SR400のざっくりまとめ

良いところ

・クラシックな車体デザインがとにかくカッコイイ
・シングルエンジンのトコトコ感が味わい深い
・素直なハンドリングで峠が楽しい
・軽量な車体で取り回しが楽
・足つきも良好
・シンプルなメカニズムなのでメンテナンスが楽
・カスタムパーツが豊富でイジる楽しさに溢れる

悪いところ

・高速走行時の振動がすごい
・エンジンパワーが足りない
・キックスタートが難しいときもある
・ETCを取り付けるスペースが無い
・チューブタイヤはパンクが心配
・6速ギアが欲しくなる

SR400の足つき

身長166-170cmのライダーの約90%が SR400の足つきが「ベタあし、良好」と回答しています。

SR400オーナーの声

購入動機・用途・比較車種 90年代に’91 SR キャブ車の所有。'13 35th Anv SR と今回の'16 SRで3台目のSRです。
低走行距離の中古美車で購入した'13年の35th Anv SRがとある原因で調子が悪くなり修理見積もりが高額に・・・。カラーは35thの方が断然良かったが、購入ショップのご厚意で'16~'17年モデルの新車グリーン店頭在庫を少しの差額で再購入。
長所・満足な点 何と言ってもこのバイクらしいスタイル。のんびり走っても味があり楽しい。
復活した'18年モデルからの新型はECUの変更によるセッティング見直し最適化されているのはかなり魅力的だが、新たに付いたキャニスターはせっかくの美しいエンジンの見栄えを悪くしオイルクーラー付けるのも邪魔です。(セッティング内容によるが、見直しされてるならオイルクーラーは不要かも? 今までのFI車は相性の悪い?ECUの無理矢理な燃調でキャブ車よりも熱を持ちやすいので)
短所・不満な点 '16グリーンの色自体は渋くて良いが、タンクの400の文字がどうしても気に入らずサンバースト外装セットを購入。キャブ車より面倒なタンク脱着。小物入れがない。
キャブ車よりは振動少なく高速は楽になったが、大型車等とのツーリングはSRに負担をかけざるを得ずやはり辛いし周りにも迷惑かけるか・・・。
新車で個体によりフロントサスのエアーの異音があり、余分なエアーが抜けるまでかなり走らないと音が消えてくれない。保証で新品Assy交換しても変わらず・・・。組み込み時のエア抜き不十分と思われるが・・・。
基本設計が古いせいか近年車でも個体によるのか、今の時代のオイルでは新車であってもオイル滲みが出やすいのでオイル選びに苦労し悩む。
35thもそうだったが、普段の街中やのんびり走る分にはあまり問題ないが、ツーリング時にちょっとスポーツ走行でエンジンに多少負荷かけたりして、後でふと見ると滲みが出ている…。全合成油じゃなくて部分合成油でも物によっては滲んでしまうのは厄介。かと言って鉱物油は入れたくない。タペット音や熱ダレも気にしなくてはならないのと自分の使用状況ではオイルはかなり限られてしまう。
高速ツーリングで大型車等と速いペースで走らない、普段回さない人は純正の「Sports」でタペット音も気にならずシフトタッチも良好で充分と思います。
これから買う人へのアドバイス SR FIの低走行車、極上車の中古を狙っている場合、新車とのそれほどの大きな差額はないと思いますので'18年からの新型新車の色、キャニスター追加が気にならなければ「新型新車」をお勧めします。新型はECU(電子制御)の変更でセッティングの見直しがされていますので以前モデルまで個体によりあった不調になる症状が改善されていると予想されます。多くの車種でもそうですが、SRもFI初期の'09~'11辺りのモデルは特に不調になる個体が拝見され悩まされている方が多々いるように思います。中古の場合はタンクの中の錆チェックも忘れずに。
FI車のキック始動はキャブ車より遥かに掛けやすくなっています。コツを掴んで慣れれば大丈夫です。正しい(掛けやすい)掛け方を教わりましょう。教え方が悪い方もいるので。しばらく走ってエンジン止めて再始動時にエンジンが掛からない「ホットスタート」症状が出た場合の対処法は主に2つ、検索してください。
短所の目立つコメントばかりしてしまいましたがSRにハマるとやめられないですね…なにせSR3台目ですから…味があって愛着沸く。
手軽な高速のハンドル振動対策にハンドルパイプ内に防振バーを内臓と振動吸収パット付きのグローブがおすすめ。高価ですがパフォーマンスダンパーは高速走行時の安定性が増すので良いです。
購入動機・用途・比較車種 何と言ってもビッグシングルの乗り味。
まだ若いころは、峠でもちょっとがんばって攻めたりしたけど、最近は、できるだけのんびりと、適度な距離を安全に走ることが多い。思い立って数十kmほどのお散歩ライディングでも楽しい。
ちなみに、コーナーでも、前に車がいたって気にならない。アクセルワークを工夫すれば、十分楽しいコーナリングは可能。
長所・満足な点 ファッションも含めて自分なりのスタイルを堅持できること。馬力や性能やスタイルは時代遅れと言われるかもしれないけれど、逆に流行り廃りに左右されることなどまったくない。乗れなくなるまでこのバイクで良い。
こんなふうに割り切って乗ることのできるバイクは他には無いでしょ?
短所・不満な点 高速走行は苦手。60km/hから70km/hぐらいの巡航が1番快適。だから、グループツーリングで大型バイクと混走するのは難しい。
あと、クラッチが重いこと。年式が新しいのは改善されたようだけれど、年式が古いのは、1日乗っていると左手首が痛み出す。
これから買う人へのアドバイス 今現在(18年9月)、まだ後継機種は発表されていないけれど、多分今までのこのバイクの味はかなり色濃く継承されているはず。だとすれば、やはり色んな意味で「割り切って」乗ることができなければ、楽しさは続かないと思う。
中古を探す場合は、信頼できる整備士さんを見つけるか、自分でちゃんと面倒を見る覚悟を決めるかが条件だと思う。とくにカスタム化されたモノは扱いが難しい。あるいは、ノーマルに見えても、手を入れられていた(いる)可能性は高いだろうから。
購入動機・用途・比較車種 初めてのバイク選びでSR。とにかくかっこよかった。特にこのタンクの色が気にいりました。
長所・満足な点 私は下手ですが写真映えが良いです。軽いし楽。身の丈にあった性能。アクセルちゃんと回したら十分速い。カスタムは変えた分だけ体感できます。メンテナンスもエンジン以外は楽。
短所・不満な点 高速走行時の振動。ハンドル変えてもきついですが、サービスエリアを楽しみましょう。
これから買う人へのアドバイス キックはインジケータ見ながら、かかりづらければ少しアクセル回してやれば誰でも大丈夫です。エンスト嫌って、シフト・アクセル操作がうまくなるかも。カスタムしたいならキャブはやりやすいしパーツも豊富。FIは適合で少し気を使います。
SR400:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
SR400のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
SR400の新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「SRシリーズ」の新車・中古バイクを見る
「クラシックタイプ」の新車・中古バイクを見る

ヤマハ SR400の価格情報

ヤマハ SR400

ヤマハ SR400

新車  2

価格種別

中古車  88

本体

価格帯 55.8~56.1 万円

55.95 万円

諸費用

価格帯 6.31~6.61 万円

6.46 万円

本体価格

諸費用

本体

47.6 万円

価格帯 13.2~94.99 万円

諸費用

3.71 万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 62.11~62.71 万円

62.41 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

51.31 万円

価格帯 24.2~78.98 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
   

MOTO HACK(モトハック)とは、バイクをより便利に、より楽しむための裏技的なモノやコト。11/30までカスタムバイクコンテスト開催中!アナタのアイデア(HACK)とやる気で、染め上げた自慢のカスタムバイクを語ってください!コンテストでは審査員が選んだ、グランプリ1名、入賞6名に、最大10,000ポイントをプレゼントします!
ページ上部へ戻る