【俺が勝手に勧めたい!】WR250Rが新車で買える?!2020年モデルが上陸だ!【ヤマハ WR250R】

海外では現行モデル

トレールモデルにあって、"本格的にオフロードを楽しめるバイク"として名高いWR250R。
私も以前新車で購入し、林道やクロスカントリー(WEXやJNCC)を存分に楽しんでいました。
初めて公道を走った時は「オフロードのR1とは言え、250ccのオフロードバイクって、こんなものだよな」という印象でした。強烈な加速!とか、そういうインパクトは感じなかったんです。
でも、いざオフロードで走ってみると"フルサイズのオフロードバイク"ってこういうことなんだ!!という新しい発見と魅力が満載!
サスペンションをリバルビングしてからは、さらに走りやすくなって、完全に虜にさせられました。

虜にさせられたのは当然僕だけではありません。国内モデルが販売修了になった現在でも、WR250Rが欲しいという人は大勢いますね。そんな人気のバイクですから、中古車もなかなか良い値段になっているのもまた事実。こんなに高いなら、もうちょっとお金を出して新車が欲しかった・・・と思ってしまいます。

と・こ・ろ・が!
実はWR250Rは、海外ではまだ現行モデルってご存知でしたか?
バイク館SOXさんでは、2020年モデルの新車(オーストラリア仕様)を輸入して販売されていて、車両価格も国内モデルの新車に近しい設定になっています。
しかも2020年10月末までは、「ウェビック バイク選び」で納車お祝いポイントが2倍。16,980円分のウェビックポイントがもらえます!

憧れのWR250Rの購入を検討されている方は、せっかくなら新車も候補に入れてみてはいかがでしょうか?!

WR250R:スペックや新車・中古バイクはこちらから
WR250Rのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
WR250Rの新車・中古バイク一覧を見る
WRシリーズの一覧を見る
トノ

・身長:185cm ・バイクの所有歴(所有が古いもの順) :NS-1、ZRX400II、CBR900RR、CRM250、ZX-9R、RH250、RMX250S、GPZ900R、WR250R、TE250、Z900RS ・主なバイクの楽しみ方:エンデューロレース参戦、神社仏閣ツーリング ・ライセンス:独身2級 ・特技:オフロードタイヤ交換、御朱印集め

Comments are closed.

Recent Posts