new

オーナーが語る!「Ninja H2 SX/SE/SE+」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

カワサキ ニンジャ H2 SXシリーズレビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、「Ninja H2 SX/SE/SE+」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけNinja H2 SX/SE/SE+ってこういうバイク!!

カワサキのニンジャ H2 SXは、スーパーチャージャー搭載した「H2」をツアラーモデルにしたものです。H2と同じく200馬力を発揮するするエンジンとスーパーチャージャーを搭載しつつ、低速トルクの向上やポジションの変更など、よりロングツーリングが快適となるような変更が行われています。また、電子制御にはKCMF(カワサキコーナリングマネジメントファンクション)を搭載するだけでなく、クルーズコントロールも標準装備となりました。
上位グレードとなる「SE」には、TFTメーターやコーナリングライト、ハイスクリーンにクイックシフターが標準装備となります。2019年には電子制御サスペンションとブレーキに最新のブレンボキャリパーを採用した「SE+」が登場。ツアラーモデルでは無敵ともいえるパッケージで、登場以来人気の1台です。

ニンジャ H2 SXに乗るユーザーのほとんどが、H2シリーズにしか搭載されていないスーパーチャージャーと多彩な電子制御に惹かれて選ばれていました。特にロングツーリングを楽しまれている方が多く、クルーズコントロールやアップダウン対応のクイックシフターと言った操作による疲労を軽減してくれる電子制御が便利なようです。後はH2と同様にスーパーチャージャーによる加速とインペラが回る独特な音が、他のバイクには無い所有感を高めてくれています。

ネガティブな声としては、260kgとメガスポーツ級の重量と排熱の熱さが多くありました。他にもH2よりも低速トルクが上がっているものの、街乗りなどではまだまだ物足りなく感じる方もいるようです。消耗品の交換も、タイヤやオイルだけでなくスーパーチャージャーの定期メンテナンスが必要となるので、他の車種よりも維持には気を遣うようです。

Ninja H2 SX/SE/SE+のざっくりまとめ

良いところ

・なんといってもスーパーチャージャー
・H2同様に電子制御が盛りだくさん
・クルーズコントロール搭載で高速ロングツーリングに最適
・SEはTFT液晶メーターがカッコよくて見やすい
・SE+なら電子制御サスペンションつき
・200馬力だけどH2より扱いやすく感じる

悪いところ

・260kgの車重は人によってはキツイ
・排熱がとにかく熱い
・低速トルクが不足している様に感じる
・消耗品の消費が激しいのと、タービンのメンテナンスなど維持費がかかる
・純正パニアケースの装着を前提とした積載性

Ninja H2 SX/SE/SE+の足つき

身長166-170cmのライダーの約80%が Ninja H2 SXの足つきが「かかとが浮く」と回答しています。

Ninja H2 SX/SE/SE+オーナーの声

購入動機・用途・比較車種 SSの速く走らされる感に気疲れしてきていた為、気張らず乗れるスポーツツアラーを検討、そこで都合良く登場してたH2のツアラーモデルで最新技術てんこ盛りのSE+に乗り換え。
結局パワーアップしてしまったがPWRではダウンしてるから良しとする。
ツーリング~サーキットまで幅広く活躍してもらう予定。
長所・満足な点 スーパーチャージャーのフィーリングは唯一無二であり他のバイクでは経験出来ない。
エンジン音は流石カワサキ、非常に漢らしい音(なんか色んな音が聞こえる…)
インテークからの音も良く聞こえる。
H2より去勢されてるとは言え十分スーチャーを楽しめるし、5、6000くらいまで回してアクセル抜くと発生するバックタービンっぽい音が良い。

元の圧縮比が高いらしくスーチャーの盛り上がりが思ってたより滑らか。
2次旋回から立ち上がりで想像より穏やか。
…と思っていたけど、KTRCをOFFにしたら本性を現した。

ブレンボブレーキキャリパーとラジポンの感触が素晴らしい。
重量級のH2SXも問題なく操作量に応じて素直にキッチリと効く。
KIBSは優秀、ボッシュ製IMUのおかげかH2初期型で聞く低次元でのフロントABS作動や誤作動は今のところなし。

電子制御サスペンションがなんかすごい。
スポーツモードで走ってみて最初はアンダーかと思ったけど、納車から弄ってなかった空気圧を適当に弄ってみたらニュートラルになった。F2.9は高過ぎなような気がする。
リアルタイムでダンピング調整してくれてるそうで走ってる時の感触は良かった。
けどスポーツモードで普段乗りしてるとちょっと違和感もある。

大柄な見た目の割に軽快に走るし倒しこみや切り返しも想像より重いと感じなかった。流石にコーナーでは重さを感じるけど。SSやH2程気張らず乗れるし、攻めても楽しいし、良いと思う。

短所・不満な点 クイックシフターはメリハリをつけ中~高回転で使うとショックも少なく安定するけど、街乗りでは手動の方が良い。
でもONにしておくとクラッチ使ったときに違和感を感じる。
特にブリッピングしても一瞬スロットルが反応自体しないことがある気がする。

電子スロットルの操作感に違和感を感じる。レスポンスが悪い。
ワイヤの感覚で操作すると想定した開度と実際の開度に差異が生じて気持ち悪い。
シフトダウンでブリッピングすると回転がついて来ない感じで違和感が激しい。
コーナーではスロットル開け始めで一瞬もたつく感覚。
特に全閉から少し開けたくらいが制御されてるのか、微妙にテンポが合わない。

低回転でパーシャルや若干エンブレ効かせるとスーチャーの影響か電子制御の影響かカクカクする。

ミッションはバックラッシが大きい?アクセルONOFFでカックンが強い。
1速2速間の減速比は大きく感じるしワイドレシオだと思う。
交差点で減速カーブしてアクセル開け始めでカクっとなる。
走ってる時も少しこの傾向がある気がする。

露骨に高回転域が去勢されてる。9000rpmからスロットル開度が絞られるらしい。

これから買う人へのアドバイス あくまで下手くそ素人の感想なのでレンタルバイクで試乗してから決めたらいいと思います。
電スロはスポーツとツアラーのバランスの結果だと思うし、感じ方には個人差があると思う。自分の感じた不満点はECUチューニングだけで結構改善しそうな気がする。

納車直後はとんでもないギクシャクエンジンでKEBCも必須だけど、慣らしが終われば結構滑らかなエンジンになる。ぶん回して慣らした方がこのバイクには合ってると思う。

バイク自体はメガスポにパニアがくっついた感じ。
結構前傾が強く楽なポジションだとは思えない。
低回転では大人しいけど街乗りでカクカクするのは気になる。
ツアラー性能はそんなに高くないと思う。
スーパーチャージャーの加速と音を楽しめる人じゃないとミスマッチになるかも。

購入動機・用途・比較車種 ZX-10Rではツーリングがかなりきついと感じた時にタイミングよく発表された為。
長所・満足な点 1.ハンドル位置が高く、またクルーズコントロールが搭載されているので手首が痛くならなくなった。
2.KQSで加速でのラグがなくスムーズになった。
3.グラブバーがついているので取り回しで楽。
4.ディスプレイの情報量が多く表示されていろいろと安心。(特にガソリン残量)
5.深みのあるカラーなので周囲の明さで雰囲気が変わる気がする。
短所・不満な点 1.シートなのかそれとも身長が低い為、着座位置が前になってしまうからかお尻がすぐ痛くな~る。
2.Kawasaki車は停止中は2速に入りずらい仕組みとか聞いたことあるけど一度も一発でニュートラルに入った試しがない。(これはエンジン止めてからの話なのかな?)
3.サイドスタンドが掛けやすくなる補助的な棒が10Rよりも短く、目視しないとすぐセンタースタンドに足があたる。
4.正面から見て左側のダミーダクト、それなりに奥まっているから虫やホコリが詰まりやすい。
5.短所・不満ってほどではないけど折角ならタンク量は20L台にしてほしかったなぁって、いい値段だから。
6.パニアを付けてなく、マフラーも片側一本なので真横からみると後ろ側がちょっと寂しい笑。
これから買う人へのアドバイス 体格に恵まれていない私でも(165cm)ZX-10R(前モデル)と変わらない足つきだったのでビックリ。
また、長短所は私個人の率直な感想なので”そう思ってる人もいるんだ”程度の参考にして貰えれば幸いです。
購入動機・用途・比較車種 SSはポジション的にキツクなってきてるのでポジション的に楽でパフォーマンスがSS並み、かつ、最新の電子制御、となるとこの機種だけでした。
ZH2も視野に入れたのですが、電脳サスが無いのと高速移動のツーリングに不安が有るのとで却下。
ドカのストファイも考えたのですがメンテ等、信頼性が不安だったので却下。
峠と高速での長距離ツー、使い勝手のいいバイクです。
長所・満足な点 最新の電子制御と扱いやすいパワー特性。
3000以下はパワートルク共にプアーですが4000~6000はアクセルの付きも良くパワー感も穏やかです。7000以上は暴力的なパワーが湧き出て来るのでこの領域を公道で使うのはリスキーです。
ハンドリングもSSに比べると穏やかです。
電脳サスは急激なブレーキ(コーナーの突っ込み)でコンプレッションが即座に立上り旋回中もしかりしています。直線でしなやかなサス特性ですが即座にSS並みに搾り上げてくれるので楽に走れます。
短所・不満な点 3000以下のトルクが不足しているので発進に注意が必要です。
街中での巡行ではよく使う領域なのでなんとか改善をはかりたいです。
電脳サスは初期設定ではイニシャルが柔らかいのでその感覚でコーナーに入るとコンプレッションが立ち上がり思った以上に回り込むのでイニシャルを上げておくかその感覚に慣れる必要があります。
色のバリエーションを増やして欲しいですね。
これから買う人へのアドバイス H2シリーズと言う事でモンスター的に思っている人が多いと思いますが、200ps級のバイクはどれもモンスターです。
6000以下では非常に扱いやすいエンジンと穏やかなハンドリングとで長距離ツーリング等ストレス無く使用できると思います。
Ninja H2 SX/SE/SE+:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Ninja H2 SX/SE/SE+のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja H2 SX/SE/SE+の新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「H2シリーズ」の新車・中古バイクを見る
「ツアラーモデル」の一覧を見る

カワサキ Ninja H2 SXの価格情報

カワサキ Ninja H2 SX

カワサキ Ninja H2 SX

新車 22

価格種別

中古車 8

本体

価格帯 241.1~263.45万円

254.98万円

諸費用

価格帯 5.2~6.03万円

4.64万円

本体価格

諸費用

本体

197.15万円

価格帯 175~220万円

諸費用

万円

価格帯 4~4.83万円


乗り出し価格

価格帯 246.3~269.48万円

259.63万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

195.91万円

価格帯 179.83~224万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
   

ページ上部へ戻る