new

オーナーが語る!「CT125 ハンターカブ」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

ホンダ CT125ハンターカブ レビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、「CT125ハンターカブ」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけCT125ハンターカブってこういうバイク!!

今年6月の発売前から予約が殺到して大きな話題となったのが、CT125ハンターカブ。
今でも注文から半年を超えるような納車待ちが続いていて、2020年のバイク販売台数の好調さを象徴するモデルになっています。

CT125ハンターカブは、トレッキングバイクとして長く販売されたCT110を現代的なスタイリングとメカニズムで再現したと言えるもの。
不整地に負けない長い前後サスペンションや、アップマフラー、大きなリヤキャリアなどがもたらすアクティブなイメージが、近頃人気のキャンプなどのアウトドアレジャーとも相性バツグンです。

オーナーの声を見てみると、やはりアクティブなイメージに惹かれて購入した方が多いようで、主な用途として「キャンプツーリング」や「林道走行」が多く見られました。
また大型バイクからの乗り換えや、セカンドバイクとして購入したオーナーも数多くいて、メカニズムと装備・質感が大型バイクユーザーの目から見ても「125cc・原付二種」という枠を超えた存在であることを物語っています。

不満な点については、オーナーの方たちからはほとんど語られていません。
これはウェビックのバイク満足度ランキングでも、CT125ハンターカブが原付二種部門で堂々の1位であることがそれを証明していると言えそうです。
ただし「カブとしては」シート高が思いのほか高いという声もありました。足着きが不安な方は、購入前に跨ったり試乗してみたりすると安心ですね。

CT125ハンターカブ のざっくりまとめ

良いところ

・アクティブなスタイリング
・豪華な装備と高い質感
・大きなリヤキャリアで積載性バツグン
・60km/lを超える高燃費
・トルクフルな125ccエンジン
・ダート仕様な前後サスペンション
・前後ディスクブレーキとABSの安心感
・カブとしては長い航続距離(タンク容量が大きい)
・ギヤチェンジが楽しい
・車体が軽量で取り回しが楽

悪いところ

・シートが高く足つきが悪い
・シフトインジケーターが欲しい
・(カブとしては)車体が重い・大きい
・(カブとしては)車両価格が高い

足つき

身長166-170cmのライダーの約60%が CT125 ハンターカブの足つきが「かかとが浮く」と回答しています。

CT125 ハンターカブオーナーの声

購入動機・用途・比較車種 大型バイクが重く感じるようになったので買い替えで、初代ハンターカブを過去に買い損ねた経験から今回は迷わず買った感じです。クロスカブも少し考えましたが、家族もハンターカブが良いと勧めてくれました。
長所・満足な点 カブとは思えない乗り味、ツーリングでも十分楽しめます5時間以上連続で楽しく走行出来たので、当初考えていたシートのアンコ抜きしない方がいいと思いました。
エンジンの振動が初め少し大きい感じですが200キロ走行ぐらいから馴染んできた感じで単気筒のトコトコとした音とハンドルに伝わる振動が心地良く感じてきました。エンジン特性は出力がフラットで何処からでも排気量に見合った感じですがしっかり加速します。低速で走って楽しいから周りの景色がよく見えるので普段の道も新鮮な感じがします。
短所・不満な点 シートが高いわりにリヤサスがシャッキリして沈み込まず低身長の私には気を使います。即ローダウンサス(モンキー用)入れました。
当たりがで出ないからか、フロントブレーキレバーがふにゃふにゃでハンドルに当たるまで握り込んでも止まらない、ABS効くほどの制動が得られないです。不良品なのかもです。おそらくフロントサスの柔らかさに見合ったじわりと効くような配慮なのかと思いますが少しやり過ぎです。カブらしいと言えば良いけど、リヤブレーキ主体のバイクなのでと割り切ったのかもしれませんね。因みにモンキー125 もABS付きは少しふにゃふにゃしてましたが、ハンドルに当たるまで握り込めませんでした
これから買う人へのアドバイス いろいろ言いましたが、初めから完璧なものはつまらないと思うので、自分に合ったカスタムも楽しめる個体かと思います。おそらく海外で制作されてるので長持ちしないでしょうが、故障は少ないと思います。
購入動機・用途・比較車種 ホンダCB1100RSからの、乗り換えです。ビックバイクばかり乗り継いできましたが、ちっこいバイクでトコトコ林道を走りたくなりました。
長所・満足な点 CB1100RSと比べると、排気量は約1/10だけど結構走ります。
車重が軽い。舵角が広い(Uターンが快適)、燃費が良い、
トリップメーターがある、等。
短所・不満な点 シフトインジケーター、時計が無い。
シートも少し硬いかな(着座時の包まれ感が無い)
ハンドル幅も広いかな?(車格、タイヤサイズから見ると)
これから買う人へのアドバイス 足つき性は良くありません。(車重が軽いので、苦にはならないけど)
リアボックスを取り付けされる方は、選択肢が沢山ありますから
個性が出せます。
購入動機・用途・比較車種 頚椎腰椎損傷の身ながらノーヘル可のトライク IMZ ウラルサイドカーには騎乗出来ているので、二種原付のハンターカブならば二輪にまだ騎乗出来る!と思い立って。
勿論以前よりハンターカブならば欲しかった、というのも大いにある。
用途としては軽いオフトレックやツーリングを想定
長所・満足な点 二種原付の枠内なら充分な動力性能に優れた制動能力、高い積載性に優れた燃費、扱いやすい機体。非の打ち所の無い、まさにカブ系ハイエンド機
短所・不満な点 カブ系のシーソーペダルロータリーシフトは、世界標準の逆。愛機ウラルサイドカーは、踵側を踏み込むとシフトアップ、つま先側を踏み込むとシフトダウン。カブ系はコレが逆の為、気を抜くと癖でしょっちゅうシフトダウンしてギクシャクする。カブ系もしくは舶来シーソーペダル機にしか乗らないのなら関係無いのだが……シーソーペダルに慣れるとつま先持ち上げシフトチェンジなどする気が無くなる。
敢えてあら探しをすると、リヤサスペンションはやや貧弱。プリロード機能すらない。高性能リヤショックASSYが出たら是非換えてみたい。かなり良くなるハズ
FIカブ系のアキレス腱、フューエルポンプトラブルが改善されていると良いのだが。
サイドスタンドは角度とバランスが良くない。道路左側に駐車しようとすると、かまぼこ状に端が下がっているのも相まって下手すると転倒するレベル。※社外品可変長サイドスタンド+DIY加工で対策済み
これから買う人へのアドバイス ファミリーバイク特約は、バイクを親契約にして二種原付を子契約に出来ます
二機目に二種原付も悪くないですよ
カブ系機体の自動遠心クラッチ機構は、AT限定自動二輪免許でも騎乗可でクラッチレバーも無いが、停車/エンジン回転数が下がると遠心クラッチが切れる/エンジン回転数が上がると遠心クラッチが繋がるだけ
クラッチ板もあるしシフトペダルクラッチレバーの動作も兼ねており、踏み込むとギアを換えた上でクラッチが切れ、足を戻すと半クラ~クラッチ繋がると移行するのも変わらないので、フツーのバイクと同様にシフトチェンジの際はギア低めではパーシャルにしてゆっくり目に繋いだりする動作は変わらない
CT125 ハンターカブ:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
CT125 ハンターカブのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
CT125 ハンターカブの新車・中古バイク一覧を見る

ホンダ CT125 ハンターカブの価格情報

ホンダ CT125 ハンターカブ

ホンダ CT125 ハンターカブ

新車  41

価格種別

中古車  0

本体

価格帯 40.48~44 万円

43.18 万円

諸費用

価格帯 1.81~4.12 万円

2.54 万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 42.29~48.12 万円

45.72 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
   

ページ上部へ戻る