new

【俺が勝手に勧めたい!】直4リッタースポーツバイクの最先端を突き進む!【BMW S1000RR】

5ae3fdfff63135700f4ee67413bbba60.jpg

直4SSは国内メーカーだけじゃない!

2009年に初代S1000RRが登場以来、初のフルモデルチェンジとなった現行S1000RR。従来モデルからありとあらゆる部分が変わりましたが、まず目につくのがそのフォルム。これまでのヘッドライトは多少デザインが変わっても左右非対称を貫いていましたが、今回のモデルチェンジでは初の左右対称デザインに。個人的には左右非対称デザインはS1000RRのアイデンティティとすら思っていたので、このデザイン変更は驚きです!

febc89bb3ab4b47c1bacc9abd6fb76ba.jpg

もちろん中身もデザインに負けず大幅な変更が行われており、新設計の可変バルブ付きエンジンは207馬力までパワーアップ。ピークパワーだけでなく、可変バルブにより低中速域でのパワーも格段に上がっています。同じく新設計フレームと併せて各部軽量化が行われ、標準仕様で従来モデルから11kgの軽量化に成功。装備重量でも200kgを下回り、リッターSSの中でもトップクラスの軽さを誇ります。
他にも手元の操作で各種設定が可能な6.5インチのTFTメーターや新型6軸IMUを搭載した電子制御など、走りをサポートする機能も充実です。

597b0f54e07a2d08bb7a19853f55fbd6.jpg

徹底した走りへの追及は灯火類にも表れていて、一見するとテールライトが無いようにも見えますが、何とテールライトとウィンカーは一体型に!しかもサーキット走行を考慮して、ナンバープレートホルダーを外すだけでリア回りの灯火類が全て撤去されるというこだわりっぷり。走りに対して細かなところにまで妥協しない姿勢が見て取れますね!

bec117a571bf1ebed1746bbe18aa01e9.jpg

さて、今回ご紹介のS1000RRですが、より走りを追求したフル装備のMパッケージ+DDC(電子制御サスペンション)モデルになります。Mパッケージの専用装備としてカーボンホイールと専用シート、そしてこれまた新設計の電子制御サスペンションが装着されます。新装備、豪華装備が盛りだくさんのS1000RRですが、まだまだ日本では球数が少ない状態です。
この車両を販売しているMotorrad Mitsuoka 鈴鹿さんでは、現在店頭在庫があるようなので、今すぐにでも欲しい方はお早めにお問い合わせください!

a3f76acf03b0900ebf4791f607325154.jpg

S1000RR:スペックや新車・中古バイクはこちらから
S1000RRのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
S1000RRの新車・中古バイク一覧を見る
BMW Sシリーズの一覧を見る

BMW S1000RRの価格情報

BMW S1000RR

BMW S1000RR

新車 6

価格種別

中古車 21

本体

価格帯 258.2~283.4万円

267.26万円

諸費用

価格帯 9.01~11.7万円

10.2万円

本体価格

諸費用

本体

189.46万円

価格帯 136.25~220.5万円

諸費用

1.63万円

価格帯 2.82~25.11万円


乗り出し価格

価格帯 267.21~295.1万円

277.47万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

191.1万円

価格帯 161.36~223.32万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

アキヒト

アキヒト

投稿者プロフィール

・身長:173cm
・バイクの所有歴(所有が古いもの順):Today→NSR250(88)→VTR250(09)→CBR900RR(92)→ZOOMER→トリッカー(04)
今乗っているバイクはストリートトリプルRS(18)とWR250X(07)
・主なバイクの楽しみ方:サーキット、レース
・免許・ライセンス:普通自動車免許、大型自動二輪免許、中学・高校教員免許、漢検3級、MFJ国内ライセンス
・特技:耐久レースで走り続けること

この著者の最新の記事

   

20210201_wms_336_280.png
20201030_gotoshop_camp_336_280.png
ページ上部へ戻る