new

【俺が勝手に勧めたい!】冬もツーリングを楽しめるバイク【GSX1300R ハヤブサ】

266075659e4c652f28b0ad5fb3607f6a.jpg

空気抵抗が少ない≒完璧なウインドプロテクション⇒寒い風が当たらない

1999年にデビューしたスズキのGSX1300Rハヤブサは、「アルティメット スポーツ(公道における、究極のスポーツバイク)」というコンセプトを具現化する、走りやすさ、扱いやすさ、そして二輪市販車最大のパワー(デビュー当時)を持つバイクとして、未だに世界中にファンが多いバイクです。

d7ff8918aafe3b37637098b0e6a9c750.jpg

12月に入り各地で積雪のニュースが届いていますが、関東地方から九州の太平洋側のエリアでは、路面凍結に注意して、寒さを我慢すればまだまだツーリングも楽しめます。冬のツーリングを楽しむための最大のポイントは、なんと言っても防風対策。ハンドルカバーやスクリーンを冬場だけバイクに取り付ける、という人も多いでしょう。

スズキGSX1300Rハヤブサは、風洞実験を繰り返し、ウインドプロテクションと空気抵抗を高い次元でバランスさせたスタイリングを持つと評判のバイク(デビュー当時は市販車の最高速300キロオーバーの性能争いが、各社で繰り広げられていました)。つまり、ライダーには冬の寒い風が当たりにくいバイク、ってことなんです。

d394f5005f82d345827feaec3c1f1e54.jpg

また、夏場はともかくとして、1300㏄のエンジンが発する熱は、下道を走っている分には冬場だと暖房のように暖かく感じます。足元までしっかり計算されたウインドプロテクションもあって、下半身も冷えにくく、長時間の高速走行も苦になりません。季節柄、冬場は峠を越えるルートは厳しいですが、高速道路を使って海沿いに出かけるツーリングルートにはうってつけのバイクなんです。

25e99fde1535f78293f0e47a85bd9e1a.jpg

まだまだ人気の高いスズキGSX1300Rハヤブサ。販売台数も多いので、中古車も選びやすいです。冬場もツーリングを楽しめる、万能スポーツバイクです。

GSX1300R ハヤブサ:スペックや新車・中古バイクはこちらから
GSX1300R ハヤブサのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
GSX1300R ハヤブサの新車・中古バイク一覧を見る
GSXシリーズの一覧を見る

スズキ HAYABUSAの価格情報

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

新車 179

価格種別

中古車 76

本体

価格帯 211.1~222.2万円

217.44万円

諸費用

価格帯 4.5~25.61万円

5.45万円

本体価格

諸費用

本体

104.09万円

価格帯 45.37~189.11万円

諸費用

9.88万円

価格帯 7.58~7.7万円


乗り出し価格

価格帯 215.6~247.81万円

222.9万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

113.97万円

価格帯 53.07~196.69万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

Skype_Picture_2019_09_25T10_40_36_116Z-e1569408122641-72x72.jpeg

投稿者プロフィール

・身長:170㎝
・バイクの所有歴(所有が古いもの順)
:スズキ GSX400Sカタナ、スズキ GSX1100Sカタナ、ヤマハ シグナスX SR、ヤマハ TDM900、KTM 690DUKE、スズキGSX-S1000F、ヤマハ NMAX、スズキ V-Strom650、フサベルTE125、Vストローム1050XT、カワサキKLX230R
・主なバイクの楽しみ方:ツーリング、サーキット走行、オフロード走行
・免許・ライセンス:大型自動二輪免許、普通自動車免許、MFJ国内ライセンス(更新停止)
・特技:料理

この著者の最新の記事

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る