new

【俺が勝手に勧めたい!】懐の広いバイク【ヤマハ SR400】

初心者から玄人まで楽しめちゃう

400ccの単気筒シングルエンジンを搭載し、初心者の最初の一台から、ゴリゴリのカスタムマシンのベースまで、長きにわたって多くのライダーから愛されてきたSR400。21年モデルでファイナルというお話も出ています。寂しいですね。
これまでも規制が厳しくなる度にSR400が生産終了、という事態は何度かありましたが、改修を重ねて何とか生き延びてきました。しかし、来年はABS装着の義務化やEuro5の施行があり、いかんせん設計の古いSRをこれ以上改修し続けていくことは厳しくなってしまったのかもしれません。

そんなSR400の中で私が今回推すのは「HOT&COOL」さんのSR。これぞSRのカフェレーサー、と言えるフルカスタム済み車両!ロケットカウル、セパハン、スカチューンといった基本は全て押さえてあり、一際目立つアルミタンクはあえてバフ掛けのみの仕上げとして、スパルタンな雰囲気を醸し出しています。さらに、フレームを始めとした各所にはグロスブラックのパウダーコートを施し、年式を感じさせない綺麗な仕上がり。ゴリゴリのカスタムマシンと呼べる一台です!

今後、SR400はさらに手に入りにくいバイクとなってしまうかもしれません。今のうちに手に入れてみてはいかがでしょうか。

SR400:スペックや新車・中古バイクはこちらから
SR400のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
SR400の新車・中古バイク一覧を見る
クラシックタイプの一覧を見る

ヤマハ SR400の価格情報

ヤマハ SR400

ヤマハ SR400

新車 17

価格種別

中古車 54

本体

価格帯 57.3~60.5万円

60.15万円

諸費用

価格帯 6~8.65万円

7.06万円

本体価格

諸費用

本体

49.44万円

価格帯 17.9~79.8万円

諸費用

0.38万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 63.3~69.15万円

67.21万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

49.82万円

価格帯 17.9~66万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

木村

木村

投稿者プロフィール

・身長:174cm
・バイクの所有歴(所有が古いもの順):Z900RS→FXLRS
・主なバイクの楽しみ方:足、改造、ツーリング
・免許・ライセンスなど:新婚1級
・特技:シール遊び、料理

この著者の最新の記事

   

ページ上部へ戻る