new

オーナーが語る!「Ninja 1000SX」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

ninja1000sx00.jpg

カワサキ Ninja 1000SX レビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、「Ninja 1000SX」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけNinja 1000SXってこういうバイク!!

2011年に初代が登場してから10年を数え、現行型(2020年〜)で4代目と成長を続けているのがNinja 1000SX。スーパースポーツのツアラー版という性格を初代から貫き、昨今のアドベンチャーブームの中でも埋もれない異彩を放つモデルです。

現行型の性能・装備面の主な特徴は、141ps/111Nmのハイパワー4気筒エンジンとアルミツインチューブフレームを核とした高い運動性能に加え、IMU(慣性計測装置)の演算を加えたトラクションコントロールとABS制御機構、パワーモード選択、クラッチ操作なしの変速ができるクイックシフター、そしてクルーズコントロールが挙げられ、スポーツ性能に加えて最先端の安全・快適機能が加えられています。高速、下道、そしてワインディングとあらゆる道を一回で走ることが求められるツアラーらしい豪華装備です。特にクイックシフターやクルーズコントロールは、疲れを軽減させてくれると高評価です。

しかし、ユーザーがこのアドベンチャーブームの中であえてNinja 1000SXを選択する理由はデザイン面にあるようです。Ninjaシリーズ共通のモンスターを彷彿とさせる切長の2眼ヘッドライトから、後方に直線的に放射するようなデザインを採り、さらに全体的に低く構えた姿勢が、猛獣を彷彿とさせる肉体美とスピード感をイメージさせてくれます。この他に類を見ないデザインこそユーザーから圧倒的な支持を得ているポイント。先進的かつ挑戦的なデザインを追求し続けるカワサキの姿勢を表していると思います。

Ninja 1000SXのざっくりまとめ

良いところ

・ライバルのツアラーに比べてコストパフォーマンスとデザインが良い
・迫力のエキゾーストサウンド
・クイックシフターとオートクルーズのおかげでツーリングがラク
・下道と高速両方で楽しいオールラウンド性
・車重の割に押し引きがラク

悪いところ

・足付きがあまり良くない
・カスタムパーツが少ない
・ハンドルが高いのにメーターの位置が低く見づらい
・ギアがショート

足つき

身長166-170cmのライダーの約80%が Ninja 1000SXの足つきが「かかとが浮く」と回答しています。

ninja1000sx_ashi.jpg

Ninja 1000SXオーナーの声

購入動機・用途・比較車種 30年ぶりのリターン且つ初リッターバイクとして選択。
初Kawasakiでもあり、スタイル、装備、スペックどれをとっても文句無し。
CB1300と比較していたが最近のカワサキの元気良さに軍配があがりました。
やっとナラシが終わったところなのでこれから色々計画を立ててツーリングに行きたいです。
きっと頼もしい相棒になってくれる事でしょう。
長所・満足な点 優等生過ぎてベテランさんには退屈かもしれませんが、私のような二回目の初心者には至れり尽くせりの充分過ぎる乗り物です。特に高速道路での安定感は抜群。また、扱いやすいエンジンと全体にコンパクトに収まった車体で街中でもスイスイ。
短所・不満な点 パニアケースは付けましたがチョイ乗りには大袈裟過ぎて外したいので小物収納がカウルかシート下にもう少しあれば嬉しいかな?あとプラザ店販売なので価格交渉の余地は無し。
これから買う人へのアドバイス 過激なモデルと比べると大人しく見えるかもしれませんが、Kawasakiのリッターバイクとしての実力は充分。
一昔前のSSと同様のスペックは伊達じゃありませんよ。
購入動機・用途・比較車種 Ninja250Rを乗っていてNinjaが好きになりましたが、ツーリングで仲間のリッターバイクと同等に走るためには250では物足りなく感じたので400にしてみましたが、やっぱり物足りなく大型二輪を取得したのでNinja1000を購入しました。主にツーリング目的で使用
長所・満足な点 見た目、ツーリングで疲れづらいポジションNinja400SEよりハンドルは手前に感じます、3段階で風を操れるフロントバイザーは夏、風を受けて走りたいときは一番下に寒くなる秋口には一番上にするなど手動調整ができて便利です。秋口は暖かく良いが夏は地獄。純正LEDヘッドライトはキレキレでカッコいい。
短所・不満な点 Ninja250R約180キロでそこからNinaj400に変えたので210キロは狭いマンションの駐輪場から引っ張りだすのは一苦労でしたが、Ninja1000はさらに重い235kgこれはやばいと思いきやNinja400SEとさほど重さが変わったように感じません、重心の問題なのでしょうか。
この夏のツーリングでわかりましたがNinja400SEはエンジンの熱をモロに脚に食らいますニーグリップが熱くてキツかったがNinja1000はくるぶしあたりに排熱があたりNinja400SEほどは熱くなく感じます。
シフトが軽すぎでまったく当りが無くギアチェンジしてる、シフトインジケーターはあるがいちいち見てないし足の感触でギアの入り具合を感じる人には慣れるまで苦労するかもしれません。
足つきはつま先がつく程度...168cm猫背の自分にはちょっと怖いです。
握力無く手の小さい自分にはアシストスリッパークラッチでも重く感じます。街乗りだと左手が痛くなります、クラッチ使いすぎなのかも。
まだ納車したばかりで正確にはわかりませんが、Lowパワーモードでトラクションコントロール3にすると発進時にエンストしやすくなります、下手なのかリアブレーキが利きすぎなのか。
これから買う人へのアドバイス 小型人間でもローダウンすれば普通に乗れます。クラッチは軽いですが握力のない人は街乗りで1時間がいいところ。235kgの車体で押し引きは筋肉が必要ですがコツを覚えればそんなでもないかな。
購入動機・用途・比較車種 軽量コンパクトでカウル付き、そして下道も高速も楽々こなす万能型の乗り物が欲しいと思うことが多くなった。
止めは20モデルからは新型になり、クイックシフター、クルーズコントロール、グリップヒーター、ETC2.0が標準装備。
人の良い営業担当の最後の押しで購入。
長所・満足な点 このクラスでは比較的軽い方であり取り回しが楽。
少しコツというか作動条件があるがクイックシフターは便利。
クルーズコントロールも使ってみれば超便利。高速道で慣らし運転中とか。
19Lタンクなので航続距離が長い点。
短所・不満な点 ツアラー色が濃くなったのに、未だに加速重視のローギヤード設定。
水が中に入ってきそうなシート裏形状とリヤフェンダー形状。
自分のマシン固有の問題かもしれないが、ある回転数でハンドルが共振ぶれを起こしている。
人によりますがパワーモードはFULLだけで良くない?LOWを使う人いる?と思うほどZ1000やZX系に比べるとジェントルなスロットル制御。
これから買う人へのアドバイス SSとツアラーを足して2で割ったようなマシンですが、双方の長所が良い感じでバランスされている感じです。速く楽しく走ることもできるし、ストレス無くまったりとクルーズすることもできる万能選手型。
一昔前のSS並みの馬力もありますしオンロードではこれ一台あれば良いんじゃね?
といっても過言ではありません。(笑)

販売価格は上がりましたが先進装備費用を考慮すれば少しお得になっています。何より乗り手を選ばない懐の深さが魅力的なマシンだと思います。

Ninja 1000SX:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Ninja 1000SXのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja 1000SXの新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「Ninjaシリーズ」の新車・中古バイクを見る
「ツアラーモデル」を見る

カワサキ Ninja 1000SXの価格情報

カワサキ Ninja 1000SX

カワサキ Ninja 1000SX

新車 13

価格種別

中古車 5

本体

価格帯 148.5万円

148.5万円

諸費用

価格帯 ―万円

6.28万円

本体価格

諸費用

本体

157.15万円

価格帯 150~163万円

諸費用

9.5万円

価格帯 6.93~10.3万円


乗り出し価格

価格帯 148.5~157.27万円

154.78万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

166.66万円

価格帯 156.93~173.3万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る