バイクを手に入れてからも楽しさいっぱい!!「アフターパーツが豊富」なバイクってどんなの?【バイクライフからバイクを探す】

afterparts_0.jpg

モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。
20210803_bike_search_banner_2x_649_174.png

アフターパーツが豊富なバイクをまとめました

ウェビックユーザーの情報を基に、シチュエーションごとにオススメのバイクが探せる、ウェビック バイク選びの「バイクライフからバイクを探す」。
今回は、「アフターパーツが豊富」なバイクを、実際に乗っているユーザーの声と共にご紹介します!

アフターパーツが豊富なバイクとは?

バイクを手に入れてしばらく乗っているとアフターパーツの取り付けに興味が出てくると思います。バイクでのカスタマイズは文化となっていて、ツーリング先の駐輪場に止まっているバイクをみても、ほとんどのバイクが、どこかが変わっていると思います。

カスタマイズしたくなる要因を考えると、以下の点が挙げられると思います。

・機能性の改善
・性能の改善
・スタイリングの改善

機能性の改善ですが、バイクは走ることに特化している乗り物なので、例えば積載性は、一部のバイクを除けば低い傾向です。故にケース類を独自に取り付けるといったカスタマイズが盛り上がります。

次に性能ですが、バイクを手に入れてしばらくすると「もっと曲がってほしい」や「もっとブレーキが聞いてほしい」等走行性能面などで改善欲求が出てきます。代表的なのは“音”。アフターメーカー各社から多彩なマフラーが出されていますね。ただ、確実に注意したいのが法規対応。バイクの排気音量は「道路車両運送法」の「保安基準」に規定があります。その規定へ合致しているマフラーはJMCA(日本二輪車用品連合会)が認証しています。この認証品を使いましょう。バイク=暴走というひと昔前のイメージに戻りかねません。

最後にスタイリングの改善ですが、これまで書いてきたことは全てここに帰結します。バイク全てが外装、つまりファッションです。そしてアフターパーツはワンポイントアクセサリーなのですね。だからバイクのカスタマイズは楽しく文化になるのです。

前置きが長くなりましたが、やはりカスタマイズベースとして人気のバイクは存在します。良い意味で外観があまり作り込まれていないもの、長く生産されているもの、特殊な設計がなされていないものなどがアフターパーツが多いバイクの特徴でしょうか。これを踏まえて以下を選出しましたので、ぜひ参考にしてください。

アフターパーツが豊富なバイクに乗るオーナーの声

実際に乗っているバイクが「アフターパーツが豊富」と言うオーナーの声を一部ご紹介!
排気量ごとにピックアップしているので、ぜひバイク探しの参考にしてみてください!

・モンキー125/ホンダ:50ccのモンキーのカスタマイズシーンの熱狂ぶりは言わずもがな、125もそれは健在。外装部品からエンジン内部に至るまで百花繚乱。
カスタムパーツリンク

・MT-25/ヤマハ:250ccなのでユーザー自身もいじりやすく、ネイキッドなので細かいところも手が入りやすい。250ccは効果も実感しやすく、ストリートファイターなのでファッション的にも良い。
カスタムパーツリンク

・SV650/スズキ:対応パーツも多いが、良い意味で素のネイキッドなので自分の個性を反映しやすい。極め付けはKATANA化したコンプリートカスタム車両がショップで販売されている点。
カスタムパーツリンク

・Z900RS/カワサキ:ワールドプレミアと同時に、老舗チューナーによるカスタマイズドZ900RSも公開され、アフターパーツ業界と二人三脚であることを印象付けた。オーナーズクラブの盛り上がりもチンチンに熱い。
カスタムパーツリンク

アフターパーツが豊富なの125cc以下のバイク

購入動機・用途・比較車種 お買い物快速、リハビリとして小さいバイクに乗りたかったため購入。
長所・満足な点 なんといってもかわいいデザイン。
意外と走りの面もよく、街中のちょっとしたコーナーでも楽しくなるレベル。
2日で750kmほど山から市街地からバイパスも走りましたが、パワー感も申し分なく疲れ知らずでした。
純正のマフラー音も結構いいですが、自分は社外に交換。
カスタムパーツも50ccのモンキー同様たくさんあります。
短所・不満な点 サスが前後ともふわふわ。
後ろは交換したことによりあまり気にならないが、フロントはすごくふわふわ感が強い。
ある意味ロングでも疲れない快適さ?
積載性はないけど、キャリアがたくさん出ているのでそれで解決すればいいと思う。
これから買う人へのアドバイス 見た目もかわいく、カスタムパーツもたくさんあるため、自分仕様のモンキーを作り上げることができると思います。
走りの面もちょっと峠を走っても楽しいと思いますし、ふかふかシートのおかげでロンツーもできちゃいますので、トコトコ下道ツーリングが好きな皆さんにはとてもおすすめです。
積載を解決すれば泊りがけのツーリングもこなせちゃう万能バイクです。

>>このMyバイクの詳細はこちら

アフターパーツが豊富な中型バイク(〜250cc)

購入動機・用途・比較車種 一目惚れでほぼ即決 後ろ姿最高です。(デザインのヤマハ!)
通勤及びツーリングどっちも楽でそれなりに走れるバイク (ハンドリングのヤマハ!)
長所・満足な点 とにかく純正部品が安い (byインドネシア)
2気筒の250ccにしてはかなり速く7~8,000rpmからの加速がイイ!
(高回転の音にハマる)
短所・不満な点 積載性はゼロ
燃費がいまいち
細かな振動が気になる
ブレーキが微妙。特にリア (赤パッドにしても微妙。ブレンボに替えたい!)
これから買う人へのアドバイス 安くてカッコ良くて楽しめるネイキッドバイクです。
普段は通勤用に使っていますが、たまの休みに少し足を伸ばしたツーリングにもオールマイティに楽しめます。

>>このMyバイクの詳細はこちら

アフターパーツが豊富な大型バイク(〜750cc)

購入動機・用途・比較車種 FI車で高年式。
モノサスでホイールベースが短い格好良い車両を探していて。
SV650の車体と短刀カウルキットを同時購入しました。
長所・満足な点 よく曲がるし、V-TWINの蹴り上げるような加速感が好きです。
短刀カウルと赤フレーム、赤ホイールの組み合わせが最高に良いです。
あと燃費が良い。
短所・不満な点 短刀スタイル的にアンダーカウル取り付け、ハンドル変更してバランス取り。
明るさの不足は、補助灯の取付けで改善しています。
シート下の収納スペースがとても狭いです( ̄▽ ̄;)
これから買う人へのアドバイス 短刀キットは海外製と言う事もあり、ヘッドライトステーやカウルの精度に少し問題があります。
メンテナンス等の際、カウルを外したりする事になるので、少しだけ整備知識が必要になると思います。

>>このMyバイクの詳細はこちら

アフターパーツが豊富な大型バイク(〜1,000cc)

購入動機・用途・比較車種 Z900から続くこのルックスで最新の装備で部品の心配無く安心して乗れるので!
初ABS!! オッさんの衰えた能力を補って貰います。
このフォルムを現在に出してくれたカワサキに感謝。
長所・満足な点 最新の設計と制御で、安全で速くてそれでも懐かしいフォルム!
乗車姿勢はアップライドでハンドル幅広な分操作感は軽め。
車体も思った方向にスッと向いてくれて、すごく乗りやすい。
(あまり姿勢を決めなくも自分から曲がってくれる)
クラッチはアシストが付いているせいか軽いけど、シフトの感触は良くて操作感が高い。
カワサキのシフトとは思えないくらい(笑
低回転は思ったより粘ってくれてトルクもあって乗りやすいです。
エンジン音もノーマルマフラーでもグッとくる音で気持ち良いです。
いろんなサードパーティーのメーカーが注目していてカスタムパーツが豊富。
短所・不満な点 シリンダヘッドやポンプ類からのノイズが少し大きめ。
自分の短足だと停車時に足を出すとステップにズボンの裾がひっかかりやすい。
シート下のスペースが絶望的で、車検証とかの赤男爵のパスポートが入らない。
ただしリアシートが平たいので積載はさせやすいです。
これから買う人へのアドバイス 燃費はゆったりツーリングで22km/L位。
街乗りで少しラフにアクセル開けると15km/Lです。
ツーリング&盆栽に精を出します。
コイツの存在は賛否あると思いますが新型車なのでとても乗りやすいです。
乗り難いのを乗りこなすのが良い!って人は買わない方が良いです。
基本ユックリ走ってるので、何処かで見掛けてもイジメないでくださいね!

>>このMyバイクの詳細はこちら

【バイクライフからバイクを探す】
アフターパーツが豊富なバイクを探す
維持しやすいバイクを探す
すべてのバイクライフからバイクを探す

ホンダ モンキー125の価格情報

ホンダ モンキー125

ホンダ モンキー125

新車 95

価格種別

中古車 30

本体

価格帯 45.98~48.62万円

48.31万円

諸費用

価格帯 0.84~2.06万円

1.19万円

本体価格

諸費用

本体

45.3万円

価格帯 32.8~119.8万円

諸費用

7.26万円

価格帯 3.35~8.45万円


乗り出し価格

価格帯 46.82~50.68万円

49.51万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

52.56万円

価格帯 41.25~123.15万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ヤマハ MT-25の価格情報

ヤマハ MT-25

ヤマハ MT-25

新車 94

価格種別

中古車 55

本体

価格帯 54.8~63.25万円

61.37万円

諸費用

価格帯 6~7.19万円

4.71万円

本体価格

諸費用

本体

46.06万円

価格帯 32.78~59.8万円

諸費用

4.79万円

価格帯 2.22~5.1万円


乗り出し価格

価格帯 60.8~70.44万円

66.08万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

50.86万円

価格帯 35~64.9万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ SV650の価格情報

スズキ SV650

スズキ SV650

新車 157

価格種別

中古車 26

本体

価格帯 63.8~100.32万円

74.27万円

諸費用

価格帯 7.59~11.09万円

5.69万円

本体価格

諸費用

本体

60.04万円

価格帯 46.8~73.54万円

諸費用

8.36万円

価格帯 5.81~11.09万円


乗り出し価格

価格帯 71.39~111.41万円

79.96万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

68.4万円

価格帯 57.89~79.35万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

カワサキ Z900RSの価格情報

カワサキ Z900RS

カワサキ Z900RS

新車 0

価格種別

中古車 67

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

166.65万円

価格帯 131.8~199.8万円

諸費用

6.62万円

価格帯 9.2~18.29万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

173.28万円

価格帯 150.09~209万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る