new

オーナーが語る!「400X」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

400x_000.jpg

モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。
20210803_bike_search_banner_2x_649_174.png

ホンダ 400X レビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、「400X」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけ400Xってこういうバイク!!

2013年発売。1度の商品改良を経て、2019年から2代目現行型となっています。
400Xは、SSのCBR400R、ネイキッドのCB400F(現在は廃止)とエンジン・車体を共用するモデルです。故に、ADVとしてみると高いスポーツ性を持っています。低中速域のトルクと高回転域のパワーを上手にミックスさせたエンジンなので、どんな場面でも不満なくアクセルに反応してくれとても扱いやすいのが走行面での特徴です。

ちなみにこのシリーズは上位に500cc(海外向け)もあります。排気量も車種もバリエーションがあるので、良い印象を受けていない人もいると思いますが、それは大きな間違いです。開発は元々400ccで行っているので、お下がりではありません。また、新規開発なのでそのコストも安くはありません。それをグローバルかつ多車種に展開することで、車体価格を抑えることができます。この車体とエンジンの共用は、四輪ではベンツもBMWもポルシェも当たり前に行っているので、なんら悪いことではありません。

2019年からの400Xは、初代に引き続き400Rとエンジン・骨格が共通ですが、兄弟とは思えないほどスタイリングが刷新されています。大きな変更はフロントタイヤの19インチ化です。大径となったことで、直進安定性が増し、悪路での走破性も高まります。さらに乗車姿勢も立つ方向に自動的に調整されるので快適性も上がります。スポーツ性能は高い上に、きちんとADVの機能性を備えたのです。

そんな400Xの評価ですが、高速道路を含む長距離走がラクと好評です。また、エンジン自体が400ccなので燃費性能でも高評価。スポーツ車と共用車体なので、平均速度も高く保てるようです。また、新型ではフラットダートを楽しむユーザーも多いようで、メーカーの狙いが上手にユーザーに伝わっているのではないでしょうか。

一方短所としては、ライトの光量が少ない、アンダーカバーといった防護部品を増やしてほしい。整備性が悪い、車体価格が高めといった点が挙げられています。しかし、根幹の部分に対する短所は見受けられません。総じて完成度は高いと言えるのではないでしょうか。

400Xは、車体がコンパクトで、性能は上位機種にも負けないものがあります。最新型では質感もかなり高くなったので、大型二輪からのダウンサイジングとして選んでも引けはないでしょう。機動性に優れる二輪に無くてはならない持て余さない性能は最高です。

400Xのざっくりまとめ

良いところ

・30km/hを概ね切らない燃費とそれによる航続距離の長さ
・乗車姿勢が立っているので、長距離走行がラク
・ガチは無理だが、林道やフラットダートなら走れる悪路性能
・スタイルがよく所有感も得られる

悪いところ

・車体価格が高い
・エンジンガードといった保護部品のメーカーオプションがほしい
・シートの脱着が困難

足つき

400X_ashi.jpg
身長166-170cmのライダーの約80%が 400Xの足つきが「かかとが浮く」と回答しています。

400Xオーナーの声

購入動機・用途・比較車種 日帰りツーリングメインで、ストレスなく、疲れづらい車体を探して、250ccV-スト、G310GSの3台にて、レンタル等乗り比べて400Xになりました。
V-ストは乗りやすいのですが、250ccゆえにストレスがありました。
G310GSは自分にはクセが強かったのと、営業の態度の悪さに嫌になりました。
長所・満足な点 疲れづらいです。300キロ乗りっぱなしで行けます。
燃費はリッター30は当たり前に走ります。
回せば意外と走ります。
短所・不満な点 攻めた走りには向きません。
フラットダートなら、ビビリながらなら走れます。(腕の問題も有り)
不満は特にありません。
これから買う人へのアドバイス 日帰りツーリング最適ではないでしょうか?
自分はパニアを付けたく無いので、サイドバックですが、パニアを付ければ連泊やキャンツーにも十分使えると、思います。
オイルホースのボルト?の締込みが甘くてオイルが滲んできましたが、早期に発見で、増す締めで解決しました。
購入動機・用途・比較車種 息子がバイクの普通二輪免許を取ったのをきっかけに1年ぶりにバイクを復活しました。今までのスポーツツアラーのライディングポジションよりもっと楽に乗れるバイクと思い、この手のバイクを中古で探していました。
で、この色とスタイルに一目ぼれです。
ソロか息子とツーリングが主で、これで旅行やキャンプに行ってます。
長所・満足な点 今までのっていたZZRに比べたらライディングポジション、止まっている時の車体の取り回しがすごく楽です。
あまり乗っている人を見かけない(人気がない?)のもある意味長所だと思います。
燃費がすごくいいのであまり飛ばさなければ30キロ/1L以上普通に走り、往復500キロ以上無給油で走れます。
オフロードバイクまでの性能は無くても、ちょっとした未舗装の林道や山道を十分走ることも出来るので、走るのが楽しくなります。
短所・不満な点 特に不満はないです。強いてあげればシフトポジションインジケーターが無いことと、LEDヘッドライトの特性か、照射範囲を外れると暗くてよく見えません。明暗がはっきりしているため、トンネルや夜道ではライトが照らす範囲の手前や外側がとても暗く感じます。
なので補助ライトをお勧めします。
これから買う人へのアドバイス ドライブレコーダーや電装系パーツの取り付けや配線をする場合、意外にいじりやすいです。また、専用部品だけでなく、海外モデルのCB500Xや兄弟車のCBR400Rのパーツも流用できるので、ちょっとした差別化も楽しめます。
購入動機・用途・比較車種 仕事用の移動手段+趣味(ツーリング)
長所・満足な点 (1)ハイペースでもゆっくりでも長距離乗って疲れない
(2)燃費がいい!一般道・峠・林道走行でコンスタントに30km/L超える
(3)燃料タンク17L の安心貢献度は大きい!しかもレギュラー(爆笑)
(4)200kg車重を感じさせない運転時。手押し時の取回し、林道はキツい
(5)46馬力3.8kgf・mのエンジンは低回転から粘り強い。回すとダッシュ力もあるよぉ
(6)バンク角が深く取れるので、峠ではけっこう早いかも(笑)
(7)高速道路でも楽ちん120km/h巡航ができ追越しも楽
(8)2014年モデルでも古さを感じさせないルックス
短所・不満な点 整備全般がいちいちカバー・カウルを外さないとできないのがウザい。
特に冷却水管理が面倒くさい。給水時に工具を使ってリザーバーから入れる時もサイドカバーを外すためにヘキサゴンレンチが必須。
吹いた後のラジエーターキャップからの全面給水などは、7か所もねじ類を取らないとたどり着けない。野外時はたぶん困難。
ヘキサゴンレンチと、特にだるま+ドライバーが必須。これが林道ツーリングの唯一の心配事。
これから買う人へのアドバイス (1)距離を走っていなくても、極まれにジムカーナユースの車両がいるから、現車を必ず確認してください
(2)林道・長距離ツーリングをメインに考えている方は、水・油脂補給位の簡易整備方法について、お店の人に必ず聞いてください。思わぬメンドクササが潜んでいます
(3)エンジンガード付(若しくは後付け)をお勧めします。いいアクセントになるし
(4)センタースタンドについては2017モデル以前は純正欠品。中古すら出回っていないので、必要な方は「センタースタンド付き」必須かなぁ
(5)電気系の後付け(ETC/USB/フォグランプなどなど)はお店の人にやってもらうべきです。カウル等の問題で面倒くさいから(笑)
400X:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
400Xのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
400Xの新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「400ccクラスツアラー」の新車・中古バイクを見る
「ホンダのツアラー」の一覧を見る

ホンダ 400Xの価格情報

ホンダ 400X

ホンダ 400X

新車 11

価格種別

中古車 8

本体

価格帯 82.61万円

82.61万円

諸費用

価格帯 5.07~6.65万円

5.88万円

本体価格

諸費用

本体

56.84万円

価格帯 39.6~87.9万円

諸費用

10.61万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 87.68~89.26万円

88.49万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

67.45万円

価格帯 49.33~87.71万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る