オーナーが語る!「Z900RS」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

211111_motorepo-z900rs_01.jpg

モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。
20210803_bike_search_banner_2x_649_174.png

カワサキ Z900RS レビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、「Z900RS」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけZ900RSってこういうバイク!!

「コレだよコレ! コレを待っていたんだよ! コレなんだよ!!」。Z900RSを初めてみた時の感想です。

Z900RSは青春のバイクです。現在、かつての名車をオマージュしたバイクが流行で、ネオレトロというジャンルが出来上がりましたが、正直、Z900RSの完成度はその中でも群を抜いています。

一体どこが群を抜いているかというと、性能値ではありません。人間の感性を刺激する点です。Z1やゼファーが現役バリバリだった時代を知っている方の眼には、きっとZ900RSは見えていません。あの頃、バイクでとにかく無我夢中で走っていたあの時代が、映像で見えているはずです。きっと音と匂いも感じていることでしょう。

Z900RSは、2017年の東京モーターショーで世界初公開されました。東京モーターショーは自動車が主役で、バイクはどちらかといえばおまけです。しかし、その中で一番人気だったのは、ポルシェでもベンツでもなくZ900RSでした。某有名自動車メディアがZ900RS初公開という速報を打つと、一瞬でサイト内人気記事ランキングのトップに浮上。その後どんなにすごいクルマの記事が出ようとも、数日間1位のままでした。

また、実車を観にカワサキのブースに訪れる人も大変に多かった。モーターショー関係者からの視線も熱く、おそらく全ての自動車メーカーの関係者が見に来ていたのではないでしょうか。鈴鹿、磐田、浜松のメーカー関係者もカワサキのブースに訪れては、嬉しそうにZ900RSを眺めていたのがとても印象的でした。その表情を見て、良いバイクとは性能値ではないと実感しました。Z900RSが現在も仏恥義理の人気を獲得している理由は、現在は責任のある立場となってしまった男性が、無我夢中でかっ飛んでいた野郎時代の記憶を呼び起こしているからです。それはもはや言葉で表現できない領域、日本人の遺伝子に語りかけています。

それではwebikeユーザーの声を見てみましょう。

やはりスタイリングに惚れたとの声が圧倒的ですね。あまりにも人気があるのでカスタマイズパーツも豊富。その点も高評価で、Z1やゼファーのスタイルを再現しているユーザーも多いようです。そして乗りやすさも定評があります。また扱いやすさも評価されており、基本的にはパンチのあるエンジンなのですが、低速域での速度維持がラクとの声があります。

一方短所としてみられるのはノーマルマフラーの音が大きすぎるという点。確かに迫力のある4気筒サウンドなのですが、住宅地での暖気運転はしずらいかもしれません。そしてステップの位置どり。足を着く際に邪魔になる位置にあるようです。ここは改善すべきですね。

いろいろな意見はあれど、webikeユーザーのバイクを眺めていると、全員Z900RSライフを堪能していることをひしひしを感じます。全員が個性的にカスタマイズし、Z900RSを育てています。ギラギラしていたあの時代に全員が戻っています。その姿がZ900RSから滲み出ているんですね。

自身を若々しく保つのに一番必要なことはなんでしょう。心の若さだと思います。喜怒哀楽、年と共にその素直な感情を忘れてはいないでしょうか。Z900RSはそれを思い出させてくれます。これからバイクに乗ろうとする人、ハンコを押すのに二の足を踏んでいる人、すぐに良い音を立ててハンコをついちゃいましょう。そして青春時代をやり直してください。それがZ900RSです。

Z900RSのざっくりまとめ

良いところ

・Z1とゼファーに通じるスタイル
・スタイル、パワー、取り回しどれをとっても良い
・アフターパーツが豊富なのでカスタマイズの幅が広い
・ゼファー1100よりもハンドリングが良い

悪いところ

・シートが硬い
・足を下ろした際、ステップが邪魔になる
・ハンドルの位置と幅の好みが分かれる

足つき

z900rs_ashi.jpg
身長166-170cmのライダーの約60%が Z900RSの足つきが「かかとが浮く」と回答しています。

Z900RSオーナーの声

購入動機・用途・比較車種 現時点でのカッコ良い新車で
買うとしたらこれしか無かった。
通勤で毎日使用
比較車両はゼファー1100 のみ
長所・満足な点 通勤快速、走りはゼファー1100の方が安定していた気がするがハンドリングは、俄然コイツ
見た目は、Z900RSでは珍しい単色仕様
圧倒的にZ1Z2仕様にしているひとが殆どだが
俺はZ900RSはどー考えてもゼファー1100 の後継機だと思ってる
短所・不満な点 消耗度を考えると通勤には高価すぎ(笑)
でも保険代とかはたまにしか乗らないってのに10万円掛けるよりは毎日乗って消化する分オトクかな
幅が広いからすり抜けは気を使う
見た目で言うと正立ツインショックが良かった
まぁ最終的にはなる予定だけど
これから買う人へのアドバイス 4速でギア抜けしやすいみたい
クラッチ遠くして切れやすくし
しっかり入れると入るとショップの方が言ってた
アフターパーツが高い!
金に余裕ある世代が買うせいか価格設定が軒並み
高い!
購入動機・用途・比較車種 ゼファーに憧れていて、いつかカワサキの大型に乗りたいと思っており、思い切って乗り換えました。
前車MT-09マットグレー(2014)に乗っていて、見た目や取り回しはとても気に入っていたのですが、
エンジンフィーリングが機敏で自分では扱いきれなかったこともあり、もう少しマイルドな乗り心地のマシンに乗りたいという願望から購入を決めました。
長所・満足な点 低中速がすごく扱いやすくて乗りやすい&楽しいです!
前車のMT-09のときはアクセルレスポンスが鋭すぎてすぐに回転数が上がってしまうので、
60km/hあたりを維持するのにアクセルワークにかなり気を使っていました。ギアがクロス気味であったこともあると思いますが。
しかしZ900RSだと5速の3000rpmで60km/h丁度くらいになり、この速度を維持するのがすごく楽です。
良い意味でアクセルレスポンスがゆっくりなんですよ。公道の制限速度を維持しながら走るのが本当に心地良いです。
アナログ2眼メーターは見た目も視認性も良いです。
カラーリングやティアドロップタンクのグラマラスなスタイルも気に入っています。
マフラーサウンドもノーマルとは思えない図太い音がします。
アイドリング時も去ることながら、3000rpm超えたあたりからの乾いたサウンドは最高です。
他にも気に入っている点は山ほどありますが、キリがないのでこの辺で。
短所・不満な点 ネイキッド系のオートバイに積載性を求めること自体がナンセンスだと思っているタイプなのですが、
ドラレコを追加しようにもスペース的に厳しい拡張性の無さはいかがなものか。
あと、重心の集中度の問題かもしれませんが、MT-09に比べて+20kg程度の増量とは思えないほど取り回しが重くなりました。
郊外を流している時は燃費がいいのですが、約リッターの4気筒なので渋滞にハマると一気に悪化します。
目安として16km-22km/L程度でしょうか。
これから買う人へのアドバイス よく「価格が高い」とか「Z900とエンジン同じで外装変えただけ」とか言う人がいますが、全然違います。
エンジンはZ900がベースでボアストロークは同じですが、シリンダヘッド、クランク、カムプロフィール、バルブ挟み角度、ミッション、圧縮比など全部専用に設計し直されています。
フレームもZ900をベースにしていますが、ヘッドパイプまでの長さやシートレールの角度なんかも変えて、剛性や強度もイチから計算し直されています。
マフラーやエキパイも形状だけでなく排気音にもこだわってサウンドチューニングされています。
ここまで造り込まれて乗り出し140万なら妥当な価格だと思います。(資金繰りは大変でしたが)
価格だけがネックだけど、本当に欲しいと思った人は絶対に後悔しません!
レプリカSSや最近流行りのストリートファイターに疲れた人には特にオススメです。
購入動機・用途・比較車種 この前にお気に入りのCB400に乗っていたのですが、妻とのタンデムツーリングする機会が多くやはり400クラスではパワー不足が気になり買い替えを検討してる時に、今ではほとんど見ないCBと同じ二眼のアナログメーターを備えているこのバイクに決めました。もちろんスタイルも気に入ったからです。
長所・満足な点 発売されてある程度日にちが経過しているので、カスタムパーツも数多く出ており自分のバイクスタイルであるツーリングに欠かせない積載量の問題もトップケースが取り付けられるキャリアも商品化されていてこの問題も解決できました。
とにかく運転しやすいバイクです。低速トルクも十分あり乗りやすいバイクで、見た目も若い時に憧れていたバイクって感じがして好きです。
短所・不満な点 これは短所となるかどうか分かりませんが、今まで乗ってきたバイクに比べてシートが少し硬くて、お尻が痛くなり始める距離が少し短いように感じましたが、どうにも我慢できないって程では無いと思います。
これから買う人へのアドバイス 私のようなリターンライダーには、スタイル的にもフルカウルのようなバイクと違い、ネイキッドの中でもどこか安心できる感じがして好感が持てます。かといって走りの方は現代の装備を配置しているので十分満足できるバイクだと思います。
これから大型バイクに乗ろうかなぁと思っている方には、特にお勧めのバイクの1台だと思います。
Z900RS:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Z900RSのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Z900RSの新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「ネイキッドの大型バイク(〜1000cc)/カワサキ」の新車・中古バイクを見る
「751cc〜1000ccのネイキッド/カワサキ」の一覧を見る

カワサキ Z900RSの価格情報

カワサキ Z900RS

カワサキ Z900RS

新車 0

価格種別

中古車 70

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

167.22万円

価格帯 131.8~210万円

諸費用

6.06万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

173.28万円

価格帯 150.09~209万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る