オーナーが語る!「SR400」ってぶっちゃけどうなのよ!?【オーナーレビューまとめ】

211118_motorepo_sr400_01.jpg

モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。
20210803_bike_search_banner_2x_649_174.png

ヤマハ SR400 レビュー

ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、「SR400」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけSR400ってこういうバイク!!

「変わらない」。それがSRではないでしょうか。SRの登場は1978年。アメリカの市場を意識してダートトラッカーを想起させるスタイリングがなされ、オフローダーのXT500のエンジンを日本の免許区分に最適化して積み登場しました。以来幾度も商品改良が入りましたが、大径の前後タイヤ、涙滴型で小ぶりなタンク、フラットなシート、そしてキック式の空冷単気筒エンジンというベースは何も変わりませんでした。というより、変えませんでした。キャブレターからFIになってもです。

そんなSRが広く認知されたのが90年代後半に巻き起こったストリートバイクブームです。木村拓哉氏主演のご存じテレビドラマ「ビューティフルライフ」でTWが爆売れすると、それがSRにも波及します。若者がこぞってカスタマイズを施し、まさか78年から作られている古いモデルなどとは感じさせないほど、ストリートバイクのカテゴリに馴染んでいきました。SRがここまで生き延びてこられたのは、このブームがあってこそかもしれません。若者のお陰で、古いSRは若返ったのですね。

Webikeユーザーの声を見てみましょう。やはりというか、スタイリングに悪い声は上がっていません。むしろ古より続けてきたこのスタイリングに価値が生まれたためSRが存続できています。それからゆっくり走れるという点も評価されています。また、気負わず使えるとの声も。車体が小型軽量なので、日常から休日のツーリングにも、乗りたい時に乗れると好評ですね。それからカスタマイズでしょうか。買った後に自分で育てていく面白さがあります。

一方不満点としてみられるのは、錆びやすいという点。手入れが楽しい人は良いかもしれませんが、気を使うポイントですね。車体が悪い意味で古く見えてしまします。それからバックミラーが振動で見えなくなる点。これは安全に直結するので対策が必要です。それも含めてカスタマイズと切っても切り離せないバイクですね。

長らく作られてきたSRも、時代の波には逆らえず生産終了となってしまいました。そのおかげで中古市場での価値も上がっています。SRは、ライダー自身が自由になれるバイクかもしれません。SRの上では、性能値もスピードもライテクも何も意味を成しません。ただ好きに乗れば良いのです。こんな考えができるバイク、現在は何台あるでしょうか。

SR400のざっくりまとめ

良いところ

・見ていて飽きないスタイリング
・軽くてヒラヒラ乗れる
・良い意味で乗り手次第の走行性能

悪いところ

・振動と切っても切り離せない
・バックミラーが震えて見えない
・高速ツーリングに向かない

足つき

SR400_ashi.jpg
身長166-170cmのライダーの約80%が SR400の足つきが「ベタあし、良好」と回答しています。

SR400オーナーの声

購入動機・用途・比較車種 ファイナルだったので乗っておこうと思って
長所・満足な点 これぞバイクといった外見。
車体は軽くて構造もシンプル。バイクの基礎を学ぶのにも良いと思う。
5型のパーツは他の型に比べれば少ないですが、それでも十分にカスタムは楽しめる
短所・不満な点 今どきのバイクに比べるとかなり遅く、高速ツーリングは苦手といより無理。
取って付けたようなキャニスターは気になる人は慣れないかも(外してはいけません)
理解してないとFIのキック始動とエンスト回避のコツが分からないかも
これから買う人へのアドバイス FIのSRはキック始動もエンストも独特なところがあるので、SRに詳しい店員がいるバイク屋を探すか、SRに乗ってる人と仲良くなると色々聞けてためになると思います。
購入動機・用途・比較車種 昔2型に乗っていて、ファイナルということで、「もう一度」
長所・満足な点 バイクらしいバイク。43年間デザインがほとんど変わっていない良さ。CBなど名前を受け継ぐバイクは珍しくないが、デザインをそのまま引き継ぐモデルは唯一無二。
短所・不満な点 ほぼない。カスタム良し。ノーマル良し。FIモデルは、キャブモデルに比較してカスタムパーツが少ないこと。
これから買う人へのアドバイス 2021年で国内用生産が終わるので、新車を希望する方はお早めに。生産終了を受けて中古車も価格が高騰しているようです。
購入動機・用途・比較車種 妻が猫アレルギーの為、猫を飼う代わりにSRを飼う事に。
要するに癒やしを求めて。
癒やし以外にも、国内正規モデルである安心感や足付きなど、KLX150に足りない部分を求めて、W650、スーパーカブ、レブルなどが候補になったが、MYファーストバイク、ビラーゴ400を彷彿とさせる濃くて暗めのメタリックカラーのティアドロップタンクにYAMAHAのロゴが刺さった。また、ファイナルという事が決め手となり決定。
跨った感じの感触をネコ科に例えると、W650がライオンならSR400は猫。
長所・満足な点 痒い所に手が届くカスタムパーツの豊富さ。
美しい。
走りは牧歌的。でもKLX150とは比較にならない程余裕ある走り。あっという間に70km/h位出てる。下道では充分なパワーで3000回転位をキープして走ると気持ち良い。
シート低くて脚付き抜群。燃費も良い。
短所・不満な点 FIである点。この見た目ならキャブの方がしっくりくるよね。個人的にはまぁどうでもいいんですが。
人と被るという事。長所の裏返しだけど、今までセロー以外は不人気車ばかりで人と被る事がほぼなかった。しかもファイナルはかなり多めに出荷される様なので。
少し柔らかいシートは長時間走ると結構辛い。走行中の足は少し窮屈。
サスはもうちょいなんとかならなかったかなと思う。
SR400:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
SR400のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
SR400の新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「クラシックタイプ✕中型バイク(〜400cc) 」の新車・中古バイクを見る

ヤマハ SR400の価格情報

ヤマハ SR400

ヤマハ SR400

新車 1

価格種別

中古車 226

本体

価格帯 84.8万円

84.8万円

諸費用

価格帯 4.4万円

4.4万円

本体価格

諸費用

本体

84.98万円

価格帯 32.78~557.75万円

諸費用

1.48万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 89.2万円

89.2万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

86.47万円

価格帯 32.78~186.3万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る